はじめに

どんなOSでプログラミングしていますか?
最も普及しているOSはもちろんWindowsですが、エンジニア界隈ではMacを使っている方も数多くいます。
実際、プログラミングではどちらを使ったほうがいいのでしょうか?
この記事では、プログラマーの方のためにWindowsとMacのメリット・デメリットを比較していきます。ぜひご一読して、OS選びの参考にしてください。

Windowsでプログラミングするメリット

慣れた環境でプログラミングできる

多くの方はWindowsを使った経験があり、Windowsに慣れ親しんでいると思います。
やはり慣れた環境のほうが、プログラミングが捗るでしょう。
特に、開発環境上の問題を解決しなければいけないときには経験が豊富な方が解決しやすいです。
ネット上の情報も豊富にあります。

豊富なソフトウェアが活用できる

Windowsは長年に渡り90%近いシェアを獲得し続けているため、ソフトウェア資産が豊富です。
シェアウェアはもちろん、フリーソフトもネット上から多数ダウンロードできます。
プログラミングをサポートするツールが多いほど開発の生産性が上がるでしょう。

パソコンの選択肢が広い

販売されているパソコンのほとんどはWindowsなので選択肢がたくさんあります。
また、DSP版も提供されているため、自作パソコンという選択肢もあります。
その中間のBTOも良い選択肢でしょう。
一方、Macの場合はパーツ構成などの選択肢が限られます。

Windowsでプログラミングするデメリット

UNIX系のツールが使えない

開発ツールの中にはWindows用のツールが提供されておらず、UNIX系のツールしかない場合もあります。
直接Windows上では扱えないため、仮想環境を構築してLinux上で動作させる必要があります。

直接iOSアプリをビルドできない

Windowsでは、直接iOSアプリをビルドできません。
そのため、ビルドサービスを利用するか、ビルドのみMac上で行う必要があります。

Macでプログラミングするメリット

UNIX系のツールが使える

RubyやPython、PHPなどのライトウェイト言語にはUNIX系のコマンドラインツールが豊富にあります。
MacはUNIXがベースになっているためか、兄弟関係にあるLinuxと同様のツールが用意されていることが多いです。

iOS公式IDEのXcodeが使える

Macの一番のメリットは、iOS公式IDEの「Xcode」が使えることでしょう。
開発者に無償提供されており、iOSアプリのビルドやエミュレーターでの実行、実機へのインストールが行えます。

本体デザインがカッコイイ

Macを使う理由のひとつに本体デザインの美しさがあります。
綿密にデザインされた高級感のあるアルミボディに魅了された方も少なくないでしょう。
デザインはパフォーマンスとは関係ありませんが、やはり使っていて楽しくなりますよね。

Macでプログラミングするデメリット

Windowsユーザーには慣れが必要

MacはWindowsとは操作感やフォルダ構造など、全体的な仕様が異なるため、使い始めは戸惑うことも少なくありません。
慣れるまでにはしばらく時間がかかるでしょう。

Windowsに比べてツールの数が少ない

MacはWindowsと比べてツールの数が少なく、お目当てのソフトが見つからない場合もあります。
お気に入りのソフトがMacに対応していない場合、代替ソフトを探さなければいけないでしょう。

結局どっちがいい?

C#やVBなど、.NET系の言語を使う方はWindowsを選んだほうがいいでしょう。
主要な開発環境である「Visual Studio」は今のところWindows版しかないからです。
最近になってMac版も登場しましたが、Windows版とは別物でまだまだ発展途上といった印象です。
逆に、iOSアプリ開発をする方はMacを選ぶべきでしょう。
Windowsでも開発できないことはありませんが、やはり本家開発ツールのXcodeが使えたほうが便利です。
その他のJavaやライトウェイト言語などならWindows・Macどちらでも問題はないでしょう。
メリット・デメリットを考慮して、どちらか好みのOSを選ぶとよいです。

MacでWindowsを使うという選択肢も

Macには、標準でWindowsをインストールするための「Boot Camp」というソフトウェアが搭載されています。
これを使えば、MacにWindowsをインストールすることができ、両方のOSを使い分けられるようになります。
ただし、ブート時にどちらかを選択しなければいけないため、同時には起動できないことに注意が必要です。
Macと同時起動したい場合には、Mac上にVirtualBoxなどの「仮想環境ソフト」をインストールして、それを使ってWindowsをインストールします。
パフォーマンスは落ちますが、Macと同時に使えるようになり利便性が向上します。

まとめ

最近ではMacのシェアも徐々に伸びてきており、ユーザー数も増えてきています。
どちらのほうが優れているというわけではないので、ケースバイケースで適切なOSを選びましょう。
あなたはどのOSを使いますか?