最近では、プログラミング教育の開始に伴って、小学生でも簡単にプログラミングを学べる「プログラミング教室」が増えてきています。
今までは、大学生や社会人向けの働く上で必要な技術として学ばれていたプログラミングですが、より身近に楽しんで学べるようになりました。
それを実現したのが、ビジュアルプログラミング言語です。

ビジュアルプログラミング言語とは?

カタカナで並んでいて、なんか取っ付きにくそうな言葉ではありますが、簡単に言うと、子どもたちが親しみやすいようにビジュアル化されたプログラミング言語のことです。
基本的には、もともとあるデータの中から自分の想像に近いものを見つけて、組み合わせることでプログラミングを体験できるというようなものです。
挿入したイラストに、ブロックのように表された命令式を組み立てて思うように動かすというもの。
小学生でも、気軽にゲーム感覚でプログラミングできるように基礎を単純化して親しみやすくしたものがビジュアルプログラミング言語です。
では、いくつかあるビジュアルプログラミング言語からオススメしたいものをピックアップして紹介していきたいと思います。

「Scratch -スクラッチ-」

海外でも多くの人が利用している、最もメジャーなビジュアルプログラミング言語なのが、この「スクラッチ」です。
小学生向けのプログラミング教室でも多く利用されているほどで、教育テレビのプログラミング番組でも「スクラッチ」を利用した学び方が放送されているなど、世界的に有名です。
発祥はアメリカの大学「マサチューセッツ工科大学」でメディアラボのあるグループによって制作されたものです。
無料でアカウントを作成することができ、ウェブを通して、簡単に作成することができます。
他の人が作ったゲームで遊んでみたり、自分の作ったプログラミングを公開して、共有することもできるのが魅力です。
そうすることで、プログラミング的思考だけでなく、人が生み出したプログラムに刺激を受けて、もっと難しいプログラミングに挑んだり、新しい発想が生まれることも。
たくさんの人に利用されているだけあり、簡単に始められますよ!

「VISCUIT -ビスケット-」

こちらも簡単に利用できるビジュアルプログラミング言語のひとつです。
この「ビスケット」は北海道出身の日本の開発者によって生み出されました。
「メガネ」というルール(規則)を利用して書き換えの簡単にできるプログラミング言語を作りだすことができるようになりました。
簡単でありながら、自然に高度な技術を用いたプログラミングが体験できるように考えられているので、いろいろな表現を自由に表すことができます。
素朴なイラストで親しみやすく、どんどん挑戦できるのが特徴のビジュアルプログラミング言語です。
スマホやタブレットではアプリをインストールして始められますが、パソコンならその場ですぐに遊べるので、誰でも気軽に挑戦できますね。

「プログラミン」

この「プログラミン」ですが、実は文部科学省が生み出したビジュアルプログラミング言語なので、とっても教育向きなんです。
子どもたちが自由に楽しんで、どんなルールでプログラミングするかを考える力を育てるお手伝いをするために創られたものです。
そのため、単純で理解しやすく、物語性をつくることで子どもたちが入り込みやすい仕様になっています。
プログラミンという不思議な生物を組み合わせるプログラミングは子どもが夢中になって遊ぶこと間違いなしです!
ちなみに基礎としては、最初に紹介した「スクラッチ」を参考にしているそうですよ。
自分で描いたイラストで遊ぶこともできるので、やればやるほど楽しくなってきそうですね。

自由に楽しく学べる

ビジュアルプログラミング言語は子ども目線で、もっと好奇心が掻き立てられるように作られています。
無我夢中で挑戦することで、自分が作りたいものに近づけたときの喜びを深く感じることができ、それが次の創作意欲にまたつながります。
続けることで、もっと難しいプログラミングを組むこともできるようになると思うので、どんどん成長できますね。
今回、紹介したビジュアルプログラミング言語ですが、日本人にも親しみやすいものをピックアップして紹介させていただきました。
どれも無料で簡単に試すことができるので、ぜひ挑戦してみてください!
もちろん、子どもだけでなく、大人の方にもオススメです。
実際にプログラミングの楽しさを知る機会として、子どもたちと一緒にチャレンジしてみるのがいいですよ!