プログラミング初心者でも大丈夫!覚えておくべきこと①は参考になりましたでしょうか?
今回は①に続き、プログラミング初心者の皆さんにプログラミングをするにあたっての心得・学び方を5つご紹介いたします。
「必ずぶつかる壁」や「どのように学習してしたらいいのかわからない」などの悩みのお役に立てればと思います。

早速始めてみたものの…

「一生懸命がんばっているのにエラーが出る…」「プログラミング言語ってたくさんあるけど全部覚えるの!?」「覚える事がたくさんあるけど全然入ってこない」と頭を抱えている方もたくさんいるかと思います。
プログラミング学習を挫折せずに続けていけるような内容を詰め込んでみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

① 「エラー」が出る!!

(1)
初心者にとっての悩みは「エラー」が出る事だと思います。
エラーによって学習が止まってしまいますし、モチベーションが下がってしまいますよね。
やっていくとわかりますが、どんどんエラーがでてきますので‥。
毎回エラーばかりが出ると、プログラミング学習を投げ出して挫折してしまいそうになる気持ちもわかります。
そんなときは、【Q&Aサイト】でどんどん質問してみましょう!
本当に返信スピードがビックリするほど速くて迅速に対応してくれることもありますので、ぜひ質問してみましょう。
(2)
検索をしてエラーを調べる方法もあります。
最近では「ネットで解決できないことは無い!!」と言われています。
解決するためには「検索力」が大切になってきます。
探したいことの周辺ワードをしっかり固めて、答えにたどり着くようにすることが必要です。
まずは検索のコツを抑えましょう。
・検索は ~3・4語程度にする。
・検索したい単語を左から順に並べてスペースで区切る。
同じ言葉でも違う意味がたくさんありますので、調べたい言葉と周辺のキーワードをくっ付けて検索してみるとスムーズに検索できます。
それでも答えが出ないときは単語の順番を変えてみましょう。
単語だけでは正解が導けなくても、周辺ワードを的確に入れられれば正解に近づきます。

●使える雑学…

※Google検索で「“」を最初と最後につけてみてください!
完全に一致するWebサイトだけを検索することができます。
また除外したい言葉の前に「-」を付けると「-」のあとの言葉を削除したサイトを検索することができます。
色々な小技がありますのでどんどん活用しましょう。
※サジェストキーワード・関連キーワードを利用する
意味がよく分からない場合に有効なのがGoogleサジェストキーワードと関連キーワードです。
検索窓にワードを入力することで、人気・関連キーワードが予測されて提示されます。
その中で当てはまるものをさらに検索することで、答えに近付くこともできます。

② 効率的に勉強しよう!

プログラミング学習は暗記しなくていいんです!理解・把握が大切なのです!
たくさんの言語がありますので、参考書も見ずにやるというのは無茶なこと。
プログラミングの世界では短期間で情報が変わったりもしますので、暗記することは不可能に近いです。
ですので、暗記はせずに仕組みを理解することの方が大切です。

③ 学習の方法

はじめは動画で勉強してみてもいいかもしれません。
書籍で勉強していても、聞いたこともない難しい用語があっては全然はかどりませんが、動画ではスイスイ進めていけるという意見も多いです。
動きでわかる動画の学習だと難しい用語が出てきても、なんとなく進めていけそうですね。
自分に合った学習法があるはずですので、いくつか試してみてくださいね!

④ 書籍での学習

動画が良いとお話ししましたが、より理解を深めるときには書籍での学習も必要です。
書いてあるものを全部理解するというのではなく、必要な部分だけを読んで理解するというような程度で使っていくのがいいですね。

⑤ 何か作品をつくってみる

プログラミングを学習するのに重要なのが、『オリジナルアプリ』の開発です。
作品を作るとなると自分で調べてコードを書く癖がつきます。
そして作りたいものが作れたとき達成感もありますし、エンジニアとして仕事ができるスキルも身に付きます。
まずは、教材のサンプルを自分なりに手を加えていくところから始めるといいと思います。
出来たサンプルに機能を足してみるという感じで少しずつ進めていきましょう。

初めてはみんなできなくて当たり前!

いかがでしたか?
プログラミングをはじめるときはどう学習していいのか疑問に思うと思います。
こちらの記事がプログラミング学習をはじめるきっかけになればと思います。
みなさん頑張ってはじめてみましょう!!