プログラミングを習得したら、どんな職業に就けるんだろうと考えた方もいるのではないかと思います。
これまでは実に少数だったプログラミングの技術者ですが、近年その職種にスポットライトが当たることが増え注目されています。
今回はそんなプログラミングとお仕事の関係について、調べてみました!

プログラミング技術者って何だろう

もちろんプログラミングを必要とする職業に就きたくて、プログラミングの習得を目指す方がほとんどだと思いますが、近年ではプログラミングが小学校でも必修化されることもあり、調べ始めた方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな初心者にもわかりやすく仕事でどのように活用されているのかをまとめてみましたので、
よくわからない方でもさらっと読んでみてくださいね!
少しでも、みなさんにプログラミングを学ぶメリットを感じていただければと思います。

プログラミングと仕事

現代、インターネットの普及率はかなり高くなってきています。
パソコンだけでなく、スマホやタブレッドなどを通して、小さい子どもからお年寄りまでほとんどの方がインターネットを利用するようになりました。
デジタル化が進む現代で必要不可欠なのが、このプログラミングです。
ネットのホームページやスマホのアプリケーションやゲームはプログラミングで構成されています。
現代、誰にでもわかりやすく自由にどこでも利用できるものはほとんどがプログラミングで成り立っています。
新しいモノづくりの基盤を自分の手で生み出せるのがこのプログラミングです!
職業で言えば、SE(システムエンジニア)やゲームクリエイターなどになることができます!

プログラミング言語との関係

実は、何をプログラミングするかによって必要とされるプログラミング言語が違うってご存知でしたか?
初心者でも挑戦しやすいプログラミング言語もありますが、
完璧に習得しても、簡単なものではそれだけ単純なプログラムしか組むことができません!
つまり、難しい命令をいくつも組み込む必要があるものほど、難易度の高いプログラミング言語の習得が必要になるというわけです。
ここで、初心者でも理解しやすいように例をだしてみましょう!
まず、言語ですが簡単なものでは「PHP」と呼ばれるプログラミング言語があります。
これは初心者でも理解しやすいので、初めてみようかなという方によくおすすめされています。
しかし、この言語で作れるのは平面で表示されるもの程度。ホームページとかですね…。
簡単ですが、この言語でアプリやゲームのようにさまざまな動きに対応するプログラムを組むのは難しいです。
では、難しい言語ならどんなことが可能なのでしょうか。
それは、ロボット開発に適している「C言語」です。
習得難易度は、さまざまあるプログラミング言語の中で最上級ですが、
その分複雑にプログラムが組めて、いろんな状況にも対応できるロボットを作ることが可能になりますよ。

習得で得られるものとは?

さて、ここまでプログラミングとお仕事について紹介していきました。
でも、プログラミングができなくてもそのような仕事に関わることはできますよね?
では、習得するのとしないのでは何が違うのでしょうか…
それは、役割の違いです!
プログラミングができる人材は、開発の中枢で仕事が可能になるというわけです。
自分が作りたいものや改善案についての意見を開発段階で取り入れてもらえるので、結果が見えやすいのです!
地道に頑張っているよりも、大きなことにどんどん取り組むことができるのはプログラミング技術があってこそです!
さらに、中枢で働けるということは、高収入が得られるということ!
新人でも、プログラマーであるだけで平均年収400万という驚きの収入額です。
これは、本当にメリットがあるのではないでしょうか?

自分のスキルを仕事に活かせる

プログラミングを習得すれば、自分のスキルが目に見える形で仕事に活かすことができます。
新しい発想を形にできるのもすごいところですよね!
プログラミングは夢を現実にすることができる、唯一の技術なのかもしれませんね。
とても興味が湧いてきませんか?