皆さん、プログラミング教育が必修化になるのはご存知ですか?
少子化や人口減少が進む日本の打開策としてITが注目されています。
IT技術の活用によって日本の未来を切り開くべく、若者にプログラミングを学ばせようとプログラミングの学習が必修化となりました。
プログラミングとは何なのか、それが子供にどう役立つのか見ていきましょう。

プログラミングって?

プログラミングとは、簡単に言うとプログラムを組み立てていくことです。
ですが、これだけではわかりづらいですね。
もっと簡単に言うと、コンピュータにしてほしい行動を順番どおり書くことを言います。
コンピュータは人間のように自分で考えて行動することはできません。
人間が行動の指示を出して初めてコンピュータは動くことができるのです。

どうして必修化?

2020年から小学生もプログラミング学習が必修となります。
大きな理由は、ITに携わる人材が不足しているからです。
IoTって聞いたことはありませんか?
「I」nternet「O」f「T」hingsです。
今までインターネットはパソコンやスマートフォン・タブレットを使って利用されていましたが、
これからは世の中のあらゆる『モノ』自体がお互いの情報をやりとりできるようになります。
人と人を繋げていたインターネットがモノとモノを繋げていくようになるのです。
このようにIT技術が発達している今日では、プログラマーなどが不足傾向にあります。
経済産業省の予測では、2020年37万人、2030年で79万人が不足すると予想しています。

プログラミングを学ぶメリット

<パソコンスキル・ITスキルが身に付く>

当たり前ですが、コンピュータの操作スキルやITスキルが身につきます。
時代はIT化ですから、ITスキルを持っていて損はありません。
また、パソコンの操作スキルはいまや出来て当たり前です。
遠い未来に感じるかもしれませんが、将来就職する際にパソコンができない人は採用されにくいでしょう。
どの会社に就職したとしても、パソコンは必ず使います。
小さいうちから慣れておくと苦労しないので、授業できちんと習えるのはとても良い機会ですね。

<年収1000万円越えも夢じゃない>

先ほども紹介したとおり、プログラマーは人手不足です。
それなのにこれからどんどん需要は高まります。
会社員と比べても年収は高く、若いうちから年収1000万円を狙いやすいのもプログラマーの特徴です。
プログラミングを習得しておけば将来お子さんの就職の際に、選択肢が広がることは間違いありません。
サイトやアプリが作れると、もはや手に職をつけたようなものです。
就職に困ることはないでしょう。
親御さんとしても安心できますね。

<論理的思考が身につく>

プログラミングは動いてほしい行動どおりに指示を書いていかなければなりません。
機械は論理的に並べた命令でないと理解できないのです。
指示の順番を間違うだけでも機械は動かないことがほとんどです。
そのためプログラミングを学ぶと自然と論理的思考が身につきます。
物事を筋道立てて考えるスキルは社会に出てからも大活躍します。
なかなか身につけることが難しい思考スキルもプログラミングを学ぶことで自然と習得できてしまうのです。

学んでおいて損はなし!

一見難しそうなプログラミングですが、実は学ぶメリットがたくさんあります。
必修化というこの機会にお子さんがプログラミングを楽しんで学んでくれると嬉しいです。
自分の思い描いているものを形にできるのもプログラミングの楽しさです。
文系の子はプログラミングが苦手なイメージを抱きがちですが、そんなことはありません。
思考法、ITスキル、どれもお子さんに大切なスキルですね。
学んでおいて損がない学問、それがプログラミングだと思います。