はじめに

どんなパソコンを使っていますか?
きっとメーカー製PCを使っている方が多いでしょう。
最近ではパソコンを持っていないという方も増えてきました。
もし新しいパソコンを検討しているなら、自作パソコンも選択肢のひとつです。
この記事では、プログラマーの方のために自作パソコンのメリットや主要パーツについて説明していきます。

自作パソコンを組み立てるメリット

プログラマーとして勉強になる

ハードウェアの知識がなくてもプログラミングはできますが、パフォーマンスや効率性を考える上でハードの知識は必要です。
百聞は一見にしかず、知識を得るためには実際に触ってみることが大切です。
一度でもいいので自分でパソコンを組み立てると、ハードに対する知識が深まるでしょう。
もちろん、書籍などでの勉強も重要です。

コストパフォーマンスの良いPCが作れる

最近のパソコンはずいぶん安くなりましたが、自分でパーツを購入して組み立てたほうが、より安価にスペックの良いPCを作れます。
製品保証を心配される方もいるでしょうが、個別のパーツには保証があるので、万が一の場合でもそれほど心配はいりません。
逆に、トラブルを解決できれば貴重な経験になるでしょう。

自分の好きな構成にできる

メーカー製パソコンのパーツ構成はほぼ決まっていますし、BTOパソコンでもある程度パーツ構成は決められています。
自分でパーツを集めて組み立てる場合、そのような制限は一切なく自由な構成にできます。
もちろん規格上合わないパーツは取り付けられませんが、現代のPCパーツは規格がしっかり決められているため、注意すれば相性問題などはほとんど起きません。
高い自由度は自作パソコンの大きなメリットです。

自作パソコンに必要な主要パーツ

マザーボード

パソコンの心臓部とも言える基板で、すべてのパーツがマザーボードに接続されます。
マザーボードには複数の規格があり、それによりサイズが異なります。
初心者の方は、一般的なATX規格かMicro-ATX規格を選ぶとよいでしょう。

CPU

ご存じの通り、CPUはさまざまな計算を行う演算装置です。
基本的にプログラムはCPUで実行されます。
パソコンのパフォーマンスを大きく左右する重要なパーツなので慎重に選びましょう。
取り付け可能なCPUはマザーボードによって決まるため、どちらかを優先して先に決めておくと選びやすくなります。

メモリ

HDDやSSDから読み込まれたプログラムはメモリを経由してCPUに送られます。
メモリは比較的安価なため、余裕を持った容量を搭載しておくとよいでしょう。
プログラミングするなら最低でも8GBは欲しいところです。
さらに余裕を持たせて32GB積んでおくと、仮想環境を複数立ち上げることも可能になり活用の幅が広がります。

ストレージ

プログラムは最初HDDやSSDなどのストレージにファイルとして格納されています。
OSなどもすべてストレージに格納されるため、できるだけ高速なほうが望ましいといえます。
高速なSSDはまだ高価なため、メインをSSDにして補助的にHDDを使用する方法をオススメします。
OSをSSDにインストールすれば、パソコン全体のパフォーマンスが大きく向上します。

電源

文字通りパソコン全体に給電するためのパーツです。
電源の容量は複数あり、パーツ構成によって容量を計算して決める必要があります。
たいていは600Wもあれば十分ですが、消費電力の高いグラフィックボードを搭載する際には、より多くの電源容量が必要になります。
カタログスペックを確認してしっかり計算しましょう。

PCケース

ケースはマザーボードに合わせて決める必要がありますが、マザーボードより大きくてもかまいません。
一般的なのは縦置きのタワー型ケースです。
安いケースは組み立てづらいことも多いため、一万円前後の価格帯のケースをオススメします。

グラフィクボード

最近のCPUはグラフィック機能を内蔵していることが多く、グラフィックボードは必ずしも必要ではありません。
しかし、ゲームプログラミングや機械学習(人工知能)などを行う場合には内蔵GPUでは非力です。
用途に合わせて、必要であればグラフィックボードも用意しましょう。

光学ドライブ

OSやソフトのインストールの際には光学ドライブが必要です。
USBからインストールする方法もありますが、やはりDVDなどから直接インストールしたほうが楽でしょう。
内蔵ドライブを取り付けるか、外付けドライブを活用しましょう。

OS

組み立てパソコンには、当然のことながらOSはインストールされていません。
DSP版のWindowsを購入して自分でインストールする必要があります。
または、Ubuntuなどの無料のLinuxディストリビューションをインストールするのも手です。
自分が使う言語によって選ぶとよいでしょう。

パソコン本体以外

ディスプレイやマウス・キーボード、スピーカーなど、パソコン本体に接続するものを忘れずに用意しておきましょう。
パソコン本体だけではただの箱です。

まとめ

ほとんどのマザーボードには日本語の組立説明書が入っているので、パーツさえしっかり揃っていれば組立自体はそれほど難しくありません。
マニュアルをよく読んで慎重に組み立てていけば問題なく組み上がるでしょう。
あなたもオリジナルのパソコンを組み立ててみませんか?