エンジニアという職種、最近では耳にすることも増えてきていますよね。
でも、エンジニアってどういうお仕事かご存知でしたか?
何となくのイメージでは「パソコンと常に向きって仕事している」と思っている方が多いのではないでしょうか。
では、実際はどうなのでしょうか。
メリットとデメリットに注目しながら、まとめてみました!
 

エンジニアって何をしているの?

エンジニアの主なお仕事とは何でしょうか?基本的な仕事内容から見ていきましょう!
まずは、エンジニアと呼ばれる人たちがやっていることはなんだと思いますか?
インターネットを通したWebのアプリケーションやプログラムを開発したり、運営することをお仕事にしている人をエンジニアと呼びます。
私たちが普段、何気なく利用しているSNSなんかもこのエンジニアが生み出し、サポートしているから常に快適な状態で利用できているんですよ!エンジニアって本当にすごいお仕事ですよね。
プログラマーというお仕事もありますが、エンジニアが担うお仕事はプログラマーの上。
さらに高度なプログラミング技術が必要とされるステップアップしたお仕事を担当することが一般的なので、イメージ程度に覚えておくといいかもしれません!
 

エンジニアの仕事内容

では、詳しくエンジニアの仕事内容についてまとめていきましょう。
仕事の具体的な内容については、職種によって少しずつ違いはあるようですね。
今回は、みなさんにわかりやすいようにSE(システムエンジニア)を例に挙げて紹介いたします。
SEさんの仕事の流れは、まずはクライアントに必要なシステムの整理です。
要求に沿った、プログラミングを提供するお仕事なので、一から開発する場合でも、何を望んでいるのか、どんなことに注目していきたいのかをおおまかに分析していきます。
それから、全体の中で必要な情報だけを整理してシステムの構成を考えます。
この段階では、プログラミングというよりはただの簡単な設計図くらいです。
そこから、細かなオプションなどの設定も設計図に加えていき、ようやくプログラミングを始めます。
テストを繰り返し、快適に稼働できるようになったら完成です!
大切なのが、最初のクライアントとの要望をしっかり聞くことです。
打ち合わせを欠かさず行い、要求に合ったプログラムを完成させなければいけません!
 

職場とその環境

エンジニアの職場や仕事環境については、どんなイメージをお持ちでしょうか?
パソコンがいっぱいあるところで、こもりっきりでパソコンと向き合っているというイメージの方も少なくはないでしょう。
しかし、エンジニアの職場はIT企業などが一般的ではありますが、在宅勤務が可能な仕事もあるんですよ!
またエンジニアの方のお話によると、お昼にコンビニに出掛けたり、気分転換することも多いんだとか。
やはり、集中力を持続することはそんなに簡単なことではないようですね。
野菜の摂取量に気を使って、食事をするなど一般的な会社員とあまり変わらない生活のようです。
ちなみに、退社時間は人それぞれではありますが21時頃になることが多いそうで、仕事が終わらないというよりは集中力が残っているのにもったいないなんて理由も多いみたいですよ。
 

エンジニアになるための道のり

エンジニアは専門的な知識と技術を必要とするお仕事です。
しかし、大学や専門学校の卒業が必須ではないため、独学でもエンジニアになることは可能なんですよ!とはいえ、エンジニアには資格が必要になるので、一番おすすめの方法はプログラミング教室で勉強して、経験を積むことですね。
どちらにせよ、簡単な道のりではありません。
プログラミングを完璧に習得するのにはかなりの時間とお金が必要になるでしょう。
教室もけっこうお高めのところが多いんですよね…。
知識を蓄えても、それをシステム開発に活かすには経験も必要不可欠ですし、高度の技術が必要なエンジニアはとくに険しい道のりであることは間違いないでしょう。
けれど、それだけの道のりに耐えるメリットは必ずありますよ!
 

エンジニアの魅力とは

最後に皆さんが一番気になっていたでしょうエンジニアの魅力をご紹介していきましょう。
現代社会は、デジタルの進化が留まることを知りません。そのため、就職先が途絶えることがないんです。
むしろ、技術者が足りないという状況なので、職に困ることはないですよ。年収も高めです。
とても魅力的なお仕事ということを感じてきたのではないかと思います。
彼氏に選ぶなら、どんな職業がいいか女子大生にアンケートをとった結果、エンジニアが堂々の第1位でした!!
やはり、安定していて実力もあるエンジニアだからこその魅力を感じる女性が多いんでしょうね。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?エンジニアの仕事について、イメージがはっきりとつきましたか?
エンジニアになるのは、それほど簡単なことではありませんが、それだけの努力をする価値は十分にあるようですよ。
意外と自分にピッタリはまるお仕事になるかもしれませんよ。
あまり難しく考えずに挑戦することがおすすめですよ!