通常Pythonを使う場合はPython本体をインストールした後にライブラリ(パッケージ)を個別でインストールし、環境を整えていきます。
しかし、今回紹介するPythonのディストリビューション「Anaconda」を利用すれば豊富なライブラリをPythonと一緒に楽々インストールができます。
今回はAnacondaのインストール方法と独自のパッケージマネージャ「conda」の簡単な使い方を説明します。

Anacondaとは?

Pythonにはたくさんの便利なライブラリが用意されており、高度な数値計算やデータ分析、機械学習などが簡単にできるようになっています。
しかしそれらのライブラリの多くはPythonに標準で付属しておらず、別途自分でインストールし、環境を整えなければいけません。
Pythonに慣れている人やすでに利用している人にとっては簡単ですが、初めての人にとって環境構築は意外と面倒くさいです。
そんな時におすすめなのが「Anaconda」です。
AnacondaはPython本体と、Pythonでよく利用されるライブラリをセットにしたPythonパッケージです。
AnacondaをインストールするだけでPython本体とライブラリがインストールされるため、環境構築がかなり楽になります。

Anacondaのインストール方法

それでは、Anacondaのインストール方法を説明します。
なお、AnacondaにはWindows、Mac、Linuxの3つのバージョンがありますが今回はWindows版の説明になっています。

インストーラーのダウンロード

まずはAnacondaのインストーラーを公式ページ(https://www.continuum.io/downloads)からダウンロードします。
Pythonのバージョンは3.6と2.7がありますが、こだわりがなければPython3.6を選びましょう。
また、64bit版と32bit版があるのでご自身のWindowsのバージョンにあったほうをダウンロードしましょう。

インストール

インストーラーをダウンロードしたらダブルクリックして起動します。
Anacondaのセットアップが立ち上がるので「Next」をクリックします。

ライセンス規約への同意画面になります。規約を読んで納得したら「I Agree」をクリックします。
 

インストールタイプの選択になります。ここはそのまま「Next」をクリックします。

Anacondaをインストールするフォルダを指定します。
こだわりがなければこのまま「Next」をクリックしましょう。
変更したい場合は「Browse」をクリックしてインストールしたいフォルダを指定しましょう。

Anacondaのインストールオプションです。
簡単に言うと上はインストールした際にPythonへのパスを通すかどうか、下はAnacondaをデフォルトのPythonとして登録するかどうかです。
どちらもチェックを入れたうえで「Install」をクリックしましょう。

Anacondaのインストールが始まります。
しばらく待って以下の画面になったら「Next」をクリックします。

これでAnacondaのインストールは完了です。
「Finish」をクリックしてインストーラーを終了させましょう。

インストールされたかどうかを確認する

Anacondaのインストールが終わったら、正常にインストールされたかどうかを確認しましょう。
コマンドプロンプトを起動し、「python」と入力してエンターキーを押します。
Pythonインタプリンタが起動し、以下のように表示されたら成功です。

condaの使い方

Pythonにはpipというパッケージマネージャがありますが、Anacondaには独自のパッケージマネージャである「conda」が付属しています。
condaには機能がたくさんありすべては紹介しきれないので、ここでは基本的な使い方だけを紹介します。

インストール済みのパッケージを表示

「conda list」と入力すると、現在インストールしているパッケージを表示します。
試しにAnacondaインストール直後だと以下のようになります。
デフォルトでかなりたくさんのパッケージがインストールされていることが分かります。

C:\Users>conda list
# packages in environment at E:\Anaconda3:
#
_license                  1.1                      py36_1
alabaster                 0.7.9                    py36_0
anaconda                  4.3.1               np111py36_0
anaconda-client           1.6.0                    py36_0
anaconda-navigator        1.5.0                    py36_0
anaconda-project          0.4.1                    py36_0
astroid                   1.4.9                    py36_0
astropy                   1.3                 np111py36_0
babel                     2.3.4                    py36_0
backports                 1.0                      py36_0
beautifulsoup4            4.5.3                    py36_0
bitarray                  0.8.1                    py36_1
blaze                     0.10.1                   py36_0
(長いので以下省略)

パッケージの検索

「conda search パッケージ名」と入力するとパッケージの検索ができます。
例として「pyqt」というパッケージで検索すると以下のようになります。

C:\Users>conda search pyqt
Fetching package metadata ………..
pyqt                         4.10.4                   py26_0  defaults
4.10.4                   py27_0  defaults
4.10.4                   py33_0  defaults
4.10.4                   py34_0  defaults
4.10.4                   py26_1  defaults
4.10.4                   py27_1  defaults
4.10.4                   py33_1  defaults
4.10.4                   py34_1  defaults
4.11.4                   py27_0  defaults
4.11.4                   py35_0  defaults
4.11.4                   py27_2  defaults
(長いので省略)

パッケージのインストール

「conda install パッケージ名」でパッケージのインストールができます。
さきほど検索したpyqtを実際にインストールしてみると以下の通りになります。

C:\Users>conda install pyqt
Fetching package metadata ………..
Solving package specifications: .
Package plan for installation in environment E:\Anaconda3:
 
The following packages will be UPDATED:
 
conda: 4.3.14-py36_1 –> 4.3.16-py36_0
 
Proceed ([y]/n)? y
 
conda-4.3.16-p 100% |###############################| Time: 0:00:00 746.25 kB/s

なおProceedの部分はインストールをするかどうかを聞いてきているので、インストールする場合は「y」キーを押しましょう。