はじめに

JavaScriptライブラリを活用できていますか?
JavaScriptだけに限りませんが、プログラミング言語には多数のライブラリがあります。
標準ライブラリを使いこなせるようになったら、ネット上で公開されているオープンソースのライブラリにも注目してみましょう。
特にJavaScriptではライブラリの利用が必須ともいえるほど重要なので、有名なライブラリだけでもおさえておきましょう。
この記事では、JavaScriptのライブラリを知りたいウェブプログラマーの方のために、覚えておきたいJavaScriptライブラリを紹介します。

jQuery

jQueryは、非常に広く普及している定番ライブラリで、現在ネット上で最も使われているJavaScriptライブラリといってもいいでしょう。
jQueryが普及した要因のひとつに、「クロスブラウザ問題」があります。
ご存じの通り、ブラウザにはChromeやFirefox、IE、Edgeなど多数の種類があり、ブラウザごとにJavaScriptエンジンが異なっています。このため、サポートしているJavaScript APIにも違いがあり、ブラウザごとに対応しなければいけません。
jQueryでは、クロスブラウザ問題を解決するために、ブラウザごとのJavaScript APIの違いを吸収し、統一したAPIでプログラミングできるようにしています。
つまり、jQueryのAPIを通して操作すれば、クロスブラウザ問題を気にしなくてもよくなるのです。
もちろん、jQueryですべてのクロスブラウザ問題が解決するわけではありませんので、HTMLやCSSなどにも注意を払う必要はありますが、JavaScriptの部分については格段に楽になります。
現在のところ最新バージョンは3.x系となっていますが、メジャーバージョンごとにサポートしているブラウザが異なっているため、場合によっては旧バージョンを使う必要がありますので注意しましょう。
jQuery:https://jquery.com/

AngularJS

AngularJSは、グーグルを中心に開発されている、ウェブアプリケーションフレームワークです。
フレームワークなので、ライブラリよりもさらに統合的な環境を提供してくれます。
MVC(Model-View-Controller)およびMVVM(Model-View-ViewModel)アーキテクチャを採用しており、テストしやすい明確に役割分担されたコードが書きやすくなっています。
データバインドによるHTMLとの連携が特徴のひとつで、規定の書式でHTMLにデータバインド式を記述することで、JavaScript側の変更が即座にHTMLにも反映される仕組みになっています。
書式などの細かな指定も可能で、非常に柔軟なデータ表示ができます。
フルスタックのフレームワークなので、習得には時間を要します。
とはいえ、グーグルが主導しているだけあって、非常に勢いのあるフレームワークなので、苦労してでも習得する価値はあるでしょう。
現在のところ、1.x系と4.x系(旧2.x系)が提供されていますが、1.x系と4.x系は互換性がなく、アーキテクチャにかなり違いがありますので注意しましょう。
これから使い始めるなら、4.x系で始めるとよいです。
なお、3.x系はバージョン管理の都合でスキップされました。
AngularJS:https://angularjs.org/

React

Reactは、フェイスブックが開発しているDOMを構成するための専用ライブラリです。
フェイスブックはもちろん、インスタグラムなどの大手サービスでも使われています。
DOMは、簡単にいえばHTMLのことです。
ウェブアプリケーションでは、DOMを頻繁に操作して画面表示を変更するため、パフォーマンスが求められます。Reactは、DOMを非常に効率的に操作できるため人気を集めています。
Reactのパフォーマンスがよい秘密は、「仮想DOM」にあります。
本物のDOMはブラウザが管理していて、変更がある度にページを再レンダリングします。
レンダリング処理には負荷がかかるため、何度も繰り返すとパフォーマンスが悪化してしまいます。
たとえば、ループで連続的に要素を追加する場合などです。
Reactでは仮想DOMに対して操作を行い、必要なときにだけ本物のDOMを更新します。
このようにすると再レンダリングが最小限におさえられ、パフォーマンスが向上するというわけです。
JSXという独自のタグを使ってDOMコンポーネントを記述する必要がありますが、覚えやすいので習得にそれほど時間はかからないでしょう。

まとめ

使ってみたいJavaScriptライブラリは見つかりましたか?
ライブラリは、それぞれ用途が異なっていますので、自分が開発するものに適したライブラリを使いましょう。
また、興味がある方は、ライブラリの内部実装がどうなっているか観察してみるのも面白いですよ。
あなたはどのライブラリが気になりますか?