VBAで資料などを作成する際に不要なシートを削除しておけばブックの容量を大幅に削減することができますね。以下、シートの削除方法について詳しくご説明します。

シートの削除方法

まずは削除対象となるシートを指定し、続けてDeleteメソッドで削除を行います。
<コード>

ActiveSheet.Delete  '選択中のシートを削除'
Sheets("Sheet2").Delete 'シート名を指定して削除'
Workbooks("Book2").Sheets("Sheet3").Delete 'ブック名・シート名を指定して削除'

<実行例>
【VBA入門】シートを削除する方法
【VBA入門】シートを削除する方法
ところで、ブック内のシートを全て削除しようとしたらどうなるのでしょうか。実はブック内のシートが全て消えてしまうようにコードを書くとエラーになります。意図的にブック内のデータを空にしたい場合もシートが最低限1つは残るように注意しましょう。
<ブック内のシートを全て消そうとしたときのエラー例>
【VBA入門】シートを削除する方法

確認メッセージを非表示に

前述のコードでシートを削除しようとすると下記の様な確認メッセージが表示されます。VBAでデータを削除してしまうと元に戻せないので重要なポップアップなのですが、よりスピーディに作業を行いたい場合この確認メッセージを非表示にする方法があります。
【VBA入門】シートを削除する方法
<コード>

Application.DisplayAlerts = False
ActiveSheet.Delete  '選択中のシートを削除'
Application.DisplayAlerts = True

1行目でDisplayAlertsのステータスをFalseにしてExcelのメッセージを非表示にしています。しかし、このままではVBAのプログラム終了後も確認メッセージが表示されない設定が継続しており、他の重要なメッセージが表示されなくなるおそれがあります。というわけでコードの最後には必ずDisplayAlertsをTrueに戻しておきましょう。

まとめ

VBAでシートの削除を行う際にはDeleteメソッドを使用します。そして間違って必要なデータを消してしまわないようここでしっかりと理解を深めておきましょう。