Excelで空のワークシートを作りたいというような場合はどうすればいいのでしょうか。以下、新しいシートを追加する方法について解説します。

新規にシートを追加

ワークシート全体の操作についてはWorksheetsコレクションより行うことができます。そして、新規にシートを追加したい場合はAddメソッドを使用します。
<コード>

Worksheets.Add

<実行例>
【VBA入門】シートを追加する方法

シートを追加する場所を指定

Addメソッドの引数であるBeforeを使用すると指定したシートの左隣にシートが追加されます。また、Afterの場合は右隣に追加することができます。
<コード>

Worksheets.Add Before:=Sheets("Sheet2")
Worksheets.Add After:=Sheets("Sheet2")

<実行例>
【VBA入門】シートを追加する方法
なお、BeforeとAfterを同時に指定した場合はエラーが発生します。片方指定するだけでシートの挿入場所は特定できるので、両方指定してしまわないように注意しましょう。
<コード>

Worksheets.Add Before:=Sheets("Sheet2"), After:=Sheets("Sheet3")  'BeforeとAfterを同時に指定'

<エラー例>
【VBA入門】シートを追加する方法

シートを追加する枚数を指定

Addメソッドの引数Countで追加するシートの枚数を指定することができます。
<コード>

Worksheets.Add Count:=3

<実行例>
【VBA入門】シートを追加する方法

追加するシートに名前を付ける

追加したシートには自動的に名前が付けられていますが、自分が指定した名前で新しいシートを作りたい場合はどうしたらいいのでしょうか。実は、Addメソッドを使用したときに「返り値」として新規に作成したシート自体を示すWorksheetオブジェクトを返しているのです。このWorksheetオブジェクトを取得するとNameプロパティで名前を設定することができます。
<コード>

Dim Target As Worksheet  'Worksheetオブジェクト(Target)を作成'
Set Target = Worksheets.Add 'Addメソッドで作成した新規シートの情報をTargetで取得'
Target.Name = "MySheet" 'Nameプロパティで名前を付ける'

<実行例>
【VBA入門】シートを追加する方法

まとめ

新規のシート追加はAddメソッドで行うことができ、追加したシートの操作はWorksheetオブジェクトで行うことができます。空のシートを用意することにより作業領域が広がるので、業務の内容を整理しやすくなりますね。