プログラムを組み始めたら最も使用する頻度が高いのがメッセージボックスの表示ではないでしょうか。
VBAで表示できるメッセージボックスはコード1行で実行できる簡単なものから
「Yes/No」選択形式のものまで様々な種類があります。それでは具体的な例について確認していきましょう。

メッセージボックスの表示

<コード>

MsgBox "メッセージサンプル"

<実行例>

MsgBoxの後にダブルクォートで囲んだ文字列を指定すると、ポップアップで
メッセージボックスが表示されるようになりました。

MsgBoxで選択形式のメッセージボックスを表示

<コード>

    Dim AnswerNo As Integer 'メッセージボックスで選択した結果を格納'
    'vbYesNoで『はい』『いいえ』を選択できるメッセージボックスを指定'
    AnswerNo = MsgBox("選択形式のメッセージボックスです。", vbYesNo)
    If AnswerNo = vbYes Then    '『はい』を選択した場合'
        MsgBox "『はい』を選択しました。"
    Else    '『いいえ』を選択した場合'
        MsgBox "『いいえ』を選択しました。"
    End If

<実行例>

メッセージボックスに「はい」「いいえ」の選択ボタンが表示されるようになり、選択結果が変数AnswerNoに格納されています。
ちなみに「はい」を選択するとvbYes、「いいえ」を選択するとvbNoという定数の値が格納されます。
なお、この例のように選択結果を受け取る必要がある場合はMsgBox以降を()で囲む必要があります。
色々な種類のメッセージボックスを表示
メッセージボックスには「OK」「いいえ」「キャンセル」等色々なボタンを表示させることができます。
MsgBoxでボタンの種類を指定する定数についてご紹介します。

定数 詳細
vbOKOnly “OK”ボタンを表示
vbOKCancel “OK”ボタンと”キャンセル“ボタンを選択可能
※キャンセルを選択した場合は定数vbCancelが返される
vbAbortRetryIgnore “中止”“再試行”“無視”の3つのボタンを選択可能
※中止を選択した場合はvbAbort、再試行ではvbRetry、
無視の場合はvbIgnoreが返される
vbYesNoCancel “はい”“いいえ”“キャンセル”の3つのボタンを選択可能
vbYesNo “はい”“いいえ”ボタンを選択可能
vbRetryCancel “再試行”“キャンセル”ボタンを選択可能

<コード>

 AnswerNo = MsgBox("OK/キャンセルを選択できるメッセージボックスです。", vbOKCancel)

<実行例>

また、メッセージボックスのアイコンを変更してメッセージの内容を分かりやすくすることもできます。

定数 詳細
vbCritical 警告メッセージアイコン
vbQuestion 問い合わせメッセージアイコン
vbExclamation 注意メッセージアイコン
vbInformation 情報メッセージアイコン

<コード>

AnswerNo = MsgBox("アイコンで注意を喚起します。", vbCritical)

<実行例>

まとめ

MsgBoxは手軽にメッセージボックスを表示させることができるコードです。
また、様々な定数を使用することによりアイコンを変更したり
処理内容を分岐することができるようにボタンを追加したりすることもできます。
メッセージボックスを活用するとVBAで実行している処理の内容が
より伝わりやすくなると言えるでしょう。
【おすすめ記事】
習得必須!VBAを教われるスクールBEST5
VBAの本・参考書の評判
業務効率をアップする!コピペで動くVBA5選