VBAで改行を行う方法についてご説明します。通常、文章が長くなりすぎることを避けるために改行を行いますが、VBAで使用する際にはいくつかのポイントがあります。
それでは詳しいコードの書き方について確認していきましょう。

改行の種類

VBAでは改行を意味する値を改行したい場所へ挿入することで改行を行うことができます。プログラムを記述する際には定数を使用すると便利ですが、下記の様に様々な種類があります。

定数 実際の値 説明
vbCr Chr(13) キャリッジリターン
vbLf Chr(10) ラインフィード
vbCrLf Chr(13)+Chr(10) キャリッジリターン&ラインフィード
vbNewLine Chr(13)+Chr(10)またはChr(13) 使用している環境に適合した改行文字

いずれも改行に関連するコードですが、一般的には改行コードとしてvbCrLfを使用します。それでは実際にメッセージボックスを表示してみましょう。
<コード>

MsgBox "こんにちは。" & vbCrLf & "改行Sampleです。" '改行コードを&で挿入'

<実行例>
【VBA入門】改行を行う方法

セル内での改行

セルにキーボードから文章を打ち込む際に改行を行う場合はAltキーを押しながらEnterキー入力します。この場合の改行コードはvbLfに設定されています。これをテキストファイルに出力する場合はvbLfをvbCrLfに置き換える処理が必要になります。
一方、VBAからセルへ改行コードの入った文章を入力したい場合はvbLf・vbCrLf・vbNewLineのいずれかで改行することができますが、特段の理由がなければvbCrLfを使用すると良いでしょう。
<コード>

Range("A1") = "改行Sample1" & vbCr & "vbCrです。"
Range("A2") = "改行Sample2" & vbLf & "vbLfです。"
Range("A3") = "改行Sample3" & vbCrLf & "vbCrLfです。"
Range("A4") = "改行Sample4" & vbNewLine & "newLineです。"

<実行例>
【VBA入門】改行を行う方法

おわりに

テキストを作成するときには簡単に行うことができる改行ですが、プログラムの中では実は色々な表現方法で処理されていたのです。VBAの定数を利用すると手軽に改行を行うことができるようになるのでぜひ覚えておきましょう。