はじめに

フレームワークに興味が湧いてきましたか?
Rubyでウェブ開発をするなら、フレームワークの知識は必須でしょう。
中でも、Ruby on Railsは定番フレームワークとしてよく採用されています。
Rubyを学ぶなら、Ruby on Railsも学習しておくべきです。
まずは、MVCアーキテクチャを理解するところから始めましょう。
この記事では、Ruby初心者の方向けに、Ruby on Railsのアーキテクチャを説明した後で、インストールして実行するところまでをお伝えしていきます。
定番フレームワークをぜひ習得しておきましょう。

Ruby on Railsのおさらい

Ruby on Railsは、ウェブアプリケーションフレームワークです。
ウェブアプリは、ウェブサーバー上で実行され、ユーザーはブラウザを使ってアクセスして利用します。
このため、HTMLを返す処理やURLの解析など定型的な処理が多く、これらをフレームワークで補うことで開発コストを削減できるのです。
一般的に、フレームワークはなんらかのアーキテクチャを持っています。
アーキテクチャとは、簡単にいえばプログラム全体の概念的な構造のことです。
Ruby on Railsは、「MVCアーキテクチャ」を採用しています。
それでは、MVCアーキテクチャとはどのようなものなのでしょうか?

MVCアーキテクチャってなんだ?

MVCアーキテクチャは、「モデル(Model)・ビュー(View)・コントローラー(Controller)」の3つから構成されています。
それぞれ役割が決められており、コントローラーを中心に処理が進められます。
まず、ユーザーがブラウザを使ってアプリにアクセスすると、URLに対応したコントローラーが呼び出されます。
次に、コントローラーがビュー(ウェブページ)の構築に必要なモデル(データ)を取得し、構築されたビューを結果としてブラウザに返します。
最終的に、ユーザーはウェブページを目にすることになるわけです。
MVCアーキテクチャの利点は、それぞれの役割が明確になっていることです。
データベースからデータを取得するのはビューの役割ですし、ページの構成はビューが担当します。
それをコントローラーが制御してまとめることで、全体としてうまく機能するわけです。
Ruby on Railsを使ってプログラミングを進める上で、MVCアーキテクチャの理解は必須なので、しっかり覚えておきましょう。

Ruby on Railsを使ってみよう

それでは、さっそくRuby on Railsを使ってみましょう。
まずは、Ruby on Railsのインストールからです。
以前の記事でも取り上げましたが、外部ライブラリ(フレームワークも含む)はRubyGemsからインストールできます。
次のコマンドを入力して、インストールしましょう。

gem install rails

うまくインストールできていれば、次のコマンドでRailsのバージョンが確認できます。

rails -v

次に、この”railsコマンド”を使って、プロジェクトのテンプレートを作成してみましょう。
事前に”cdコマンド”などで任意のディレクトリに移動しておき、次のコマンドでプロジェクトを作成します。

rails new hello

ここでは、プロジェクト名として”hello”を指定して作成しています。
たくさんのファイルが一括で作成されましたね。
プロジェクトを生成した段階でも、すでにウェブアプリケーションとして立派に機能するようになっています。
ウェブアプリを動かすにはウェブサーバーが必要ですが、ありがたいことにRailsには開発用のウェブサーバーが同梱されています。
このため、先ほど作成したプロジェクトのディレクトリに移動し、次のコマンドを入力するだけでサーバーが起動します。

cd hello
rails server

これでウェブサーバーが起動しましたので、コマンドで表示されるURL(http://localhost:3000/)にブラウザからアクセスすると、Railsのデフォルトページが表示されます。簡単でしたね。
次回以降の連載で、Ruby on Railsでの開発方法について詳しくみていくとしましょう。

まとめ

Ruby on Railsは、うまく実行できましたか?
プロジェクトの自動生成機能のおかげで、一行もコードを書かなくても実行できるので楽ちんですね。
次回の連載からコントローラーなどの作成に入っていくので、MVCアーキテクチャをよく理解しておいて下さい。
各要素の役割と関係をイメージしながらプログラミングしていきましょう。