PHPでは、メッセージを出力したい場合に、echoやprintという命令が用意されています。
メッセージを出力する際、ちょっとしたことですが、知っていないことで、とても不自由に感じたことはありませんか。
今回は、echoやprintを使ったメッセージ出力方法について、最低限、知っておきたい内容についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

メッセージの文字列の表し方

メッセージの文字列は、’Hello’のように、シングルクォーテーションで囲んで表します。
”Hello”のように、ダブルクォーテーションで囲んでも、同じ文字列として扱われますが、
特別な文字(タブや改行などのエスケープシーケンス)を表したりしない限りは、シングルクォーテーションを使用することをお奨めします。

echoについて

1.メッセージを出力する

説明

echo文のあとに、シングルクォーテーション「 ‘ 」で囲んだ文字列(メッセージ)を指定します。末尾は、「;」(セミコロン)を付けてください。

書式

echo ' メッセージ ’ ;

2.変数の内容を出力する

説明

文字列(メッセージ)といっしょに、変数の値を組み込みたい場合があります。
その場合は、変数とメッセージは「 , 」(カンマ)で区切るようにします。
もしくは、変数を含んだメッセージ全体を「 ” 」(ダブルクォーテーション)で囲むと変数は変数として扱ってくれるようになります。

書式

echo ' メッセージ1 ’ , 変数 , 'メッセージ2' ;
echo " メッセージ1 変数 メッセージ2 " ;

3.複数行のメッセージを改行して表示する

説明

複数のメッセージを表示する場合、改行して出力したい場合があります。
そのような場合は、メッセージのあとに ‘
‘ 記号をつけます。メッセージとの間は、「 , 」(カンマ)で区切るようにしてください。

書式

echo ' メッセージ1 ’ , 変数 , 'メッセージ2' ,' <br>';

4.画像ファイルを出力する

説明

echoを使用して、pngやjpg形式の画像ファイルを表示させたい場合があります。
その場合は、imgタグを使用して表示することができます。

書式

echo ' <img src = " 画像ファイル名 " > ' ;

printについて

1.メッセージを出力する

説明
print文のあとに、シングルクォーテーション「 ‘ 」で囲んだ文字列(メッセージ)を指定します。末尾は、「;」(セミコロン)を付けてください。
書式

print ' メッセージ ’ ;

2.変数の内容を出力する

説明
文字列(メッセージ)といっしょに、変数の値を組み込みたい場合があります。その場合は、変数の前後には「 . 」(ピリオド)を付加し、他のメッセージと連結されるようにします。もしくは、変数を含んだメッセージ全体を「 ” 」(ダブルクォーテーション)で囲むと変数は変数として扱ってくれるようになります。
書式

print ' メッセージ1 ’ . 変数 . 'メッセージ2' ;
print " メッセージ1 変数 メッセージ2 " ;

3.複数行のメッセージを改行して表示する

説明
複数のメッセージを表示する場合、改行して出力したい場合があります。
そのような場合は、メッセージのあとにつづけて
記号をつけます。メッセージとの間は、「 , 」(カンマ)で区切る必要はありません。
書式

print ' メッセージ1<br> ' ;

使用例

それでは、実際に、メッセージを出力するプログラムを作成してみましょう。
echoを使用したサンプルプログラム1

<?php
$str1 = '酉';
echo 'メッセージを改行出力します。 ','<br>';
echo 'メッセージ1を出力しました。 ','<br>';
echo 'メッセージ2を出力しました。 ','<br>';
echo 'メッセージ3を出力しました。 ','<br>';
echo '<br>';
echo '変数(文字列)をメッセージ内に出力します。','<br>';
echo 'シングルクォーテーションを使用した場合','<br>';
echo '今年の干支は',$str1,' です。','<br>';
echo 'ダブルクォーテーションを使用した場合','<br>';
echo "今年の干支は $str1 です。<br>";
echo '画像を出力します。','<br>';
echo '<img src="bird.png">','<br>';
?>

実行結果1

メッセージを改行出力します。
メッセージ1を出力しました。
メッセージ2を出力しました。
メッセージ3を出力しました。
変数(文字列)をメッセージ内に出力します。
シングルクォーテーションを使用した場合
今年の干支は酉 です。
ダブルクォーテーションを使用した場合
今年の干支は 酉 です。
画像を出力します。
(実際には、この位置に画像ファイル「bird.png」の内容が出力されます。)

printを使用したサンプルプログラム2

<?php
$str1 = '酉';
print 'メッセージを改行出力します。<br>';
print 'メッセージ1を出力しました。 <br>';
print 'メッセージ2を出力しました。 <br>';
print 'メッセージ3を出力しました。 <br>';
print '<br>';
print '変数(文字列)をメッセージ内に出力します。<br>';
print 'シングルクォーテーションを使用した場合 <br>';
print '今年の干支は' .$str1. ' です。<br>';
print 'ダブルクォーテーションを使用した場合 <br>';
print "今年の干支は $str1 です。<br>";
?>

実行結果2

メッセージを改行出力します。
メッセージ1を出力しました。
メッセージ2を出力しました。
メッセージ3を出力しました。
変数(文字列)をメッセージ内に出力します。
シングルクォーテーションを使用した場合
今年の干支は酉 です。
ダブルクォーテーションを使用した場合
今年の干支は 酉 です。

おわりに

改行をしたり、変数の内容をメッセージ内に出力することは、通常よくあることですが、
思ったような結果を得るのに、以外に時間がかかってしまったなんてことがありますよね。
メッセージ出力については、まだまだいろいろなケースが考えられますので、実際に試しながら、動作を確認してみることをおすすめします。
おすすめ
PHPの本・参考書の評判
バックエンドエンジニアおすすめ!PHPの学習サイト9つ
【初心者歓迎】PHP学習で人気のプログラミングスクール