この記事は「あそべるプログラミング HackforPlay(ハックフォープレイ )」を通してプログラミングに興味をもつ方を増やすことを目的として執筆しています
初めての方でも読めるよう、なるべく分かりやすい言葉を使って書いていきますので、ぜひ最後まで読んで下さいね!

この記事を読んで欲しい人

  • すっごいかんたんなプログラミング入門があればやってみたい人
  • 友人・生徒・お子さん…etc に、プログラミングに興味を持ってもらいたい人
  • よく分からないけど、ゲームを遊びたいし、できれば作ってみたい人

ハックしないとクリアできないRPG

突然ですが、あなたはゲーム世界でダンジョンを探索しています

RPGの定番キャラ、スライムが目の前に現れました
あなたは駆け出しの冒険者で、敵に与えられるダメージはたったの 1 です
対して、スライムのHP(体力)は、なんと 999 もあるそうです
ゲームバランスがおかしいとしか思えませんが、、、どうしましょう?

コードが書かれた魔道書(まどうしょ)

おや?本が拾って欲しそうにこちらを見ています


実はこれ、魔道書と呼ばれる、ちょっと変わった本なのです。どう変わっているのかと言うと……
この本に書かれている「コード」と呼ばれるものが、 実はこのゲーム世界の法則そのものなのです!

コードを読んでみよう

では、さっそく中のコードを見てみましょう
スライムの hp イコール 999
スライムのつよさがバグってる、か。やっぱりね、、、うん、知ってた。
コードには、バグった理由もちゃんと書かれています。この行に注目してみて下さい

スライム.hp = 999;

これは、スライムの hp (体力)を決めているコードです
999という数字が、そのままスライムの hp になってしまうのです。さっきダメージを与えたので今はもう 994 くらいだと思いますが、これは 最初にスライムの hp を決めたときの数字を表しているので、さきほど与えたダメージは反映されていません
では、この本を使ってスライムにリベンジです!

コードでスライムを倒す

スライムを倒すには、スライムの hp をもっと現実的な数字に決め直す必要があります。別の言い方をすると、 hp を書きかえてから倒すということです
この本ーー魔道書の最大の特徴は、中身を書きかえられるということです。ふつうの文章を書くときと同じように、文字を消したり入れたりすることができます
999を1にする
スライムの hp を、 1 にしてみました(ドン!)
まるでチート(ゲームを改造する不正行為のこと)みたいですが、これは、れっきとした正しい攻略法なのです
なぜなら、このゲームの目的はコードを書きかえることによってプログラミングを学ぶことだからです!!
すでにプログラミングが得意な人がプレイしたら、きっと神になれますね〜

実際にやってみよう

それでは、あなたもゲームをプレイしてコードを書きかえてみましょう! Let’s Hack!!
HackforPlay をプレイする

チュートリアルまでの流れ


HackforPlay のトップページはこのようになっています(2018/06/21現在)
ゲームスタートのボタンを押すと、先ほどのチュートリアル(スライムがいるダンジョンのゲーム)が始まります

HackforPlay について

どういうものなの?

子供たちにプログラミングを好きになってもらうために日本国内で開発されたブラウザゲームです
2014年夏に最初のバージョンが公開し、その後もハックフォープレイ株式会社という会社を設立して現在も開発を続けています
小・中学生向けに作っていますが、高校生以上の方も「最初のプログラミング体験として」楽しく遊んでいただけると思います
また、HackforPlayにはステージを作って投稿する仕組みもあり、今までに投稿作品はこちらからプレイできます

どのくらい学べる?

HackforPlay では、実際の世の中でも多くのプログラマーが使っているプログラミング言語である「JavaScript(ジャバスクリプト)」を扱っています
上で紹介しているようなステージ(チュートリアル)は現在5ステージあり、およそ30分でクリアできます
これだけではプログラミングの基礎を身につけることはできませんが、 HackforPlay にはオリジナルステージを作れる仕組みがあり、そこでゲームを作ることが JavaScript を学ぶキッカケになります
プログラミング言語を覚えさせるための教材ではなく、「覚えたくなるキッカケを生みだす」ための教材を目標としています

ステージを作る

その前に

この先へ進む前に、まずはチュートリアル(ドラゴンを倒すまで)を一通りクリアすることをオススメします。

最初のステージを作るまで

まずはトップページにあるステージを作るというボタンを押します

次に、オリジナルステージが作れる!RPGキットの近くにあるステージをつくるというボタンをおす

画面の説明

  • 左側がゲームの実行画面、右側がゲームを作るコードの画面です
  • ゲームの右上にあるメニューで、再読み込みや一時停止などができます
  • コードの画面には、コードを簡単に書きかえるための便利なボタンがあります
    • これによって見た目を変えたりモンスターを出したりできます
  • コードを書きかえたら、右上のプレイというボタンを押します
  • ログインすることで、作ったゲームをクラウドに保存することができます

ゲームが完成したら

  • ログインすることで、保存したゲームを公開することができます

まとめ

  • 初めてのプログラミングは、楽しく学びましょう!
  • プログラミングでゲームを作ってみたい方は、ぜひ HackforPlay で遊んでみて下さい

 
ライター: 寺本大輝