プログラミングをして何かを実現したいときは、演算子(演算を表す記号)を使うことになります。

演算子は、どのプログラミング言語でも、たいてい同じような記述をします。

ですから、ぜひここでしっかりと演算子をマスターしておきますと、他の言語を学ぶとき、すんなりと理解できるはずです。

今回のC言語超入門では、算術演算子、関係演算子、論理演算子の3つを学んでいきましょう。

算術演算子で計算する

算術演算子は数値を計算するもので、特別に複雑なものではありません。

※算術演算子の種類
+ 足し算(加算)
ー 引き算(減算)
* かけ算(乗算)
/ 割り算(除算)
% あまり

以下の「※プログラム1」は、算術演算子を使ったサンプルプログラムです。

※プログラム1

include <stdio.h>
main() {
     int x[5], i;
     x[0] = 123 + 4;
     x[1] = 123 - 4;
     x[2] = 123 * 5;
     x[3] = 123 / 5;
     x[4] = 123 % 5;
     for (i=0; i<5; i++) printf("x[%d] = %d\n", i, x[i]);
}

 

※プログラム1の実行結果

x[0] = 127
x[1] = 119
x[2] = 615
x[3] = 24
x[4] = 3

 

整数を使った割り算(除算)では、小数点以下は切り捨てられます。

そのため「※プログラム1」の割り算の結果が「24.6」ではなく「24」になっています。

関係演算子で比較する

関係演算子は、2つのオペランド(演算における値や変数)の大小関係を判定するものです。

算術演算子は、大抵どのコンピューター言語でも同じ記述をしますが、関係演算子については言語によって少し表現方法が異なります。

C言語の関係演算子は次のとおりです。

※関係演算子の種類

a < b      aはbより小さい
a <= b   aはbより小さいか等しい
a == b   aとbは等しい
a >= b   aはbより大きいか等しい
a > b                aはbより大きい
a != b    aはbと等しくない

 

例えば、変数aの値が変数bの値より大きいときに、”こんにちは”という文字を出力したいのであれば、

    if (a > b) printf("こんにちは\n");

 

のように使用します。

論理演算子で、和・積・否定処理をする

論理演算子は、真偽値を否定したり、複数の条件を組み合わせたりするものです。

算術演算子や関係演算子と比較しますと、論理演算子は少し難しく感じるかもしれませんが、プログラミングをするうえでとても便利な演算子です。

すぐに理解できなくても、ゆっくり考えていただければ、必ず理解できるようになりますから、あきらめないでくださいね。

※論理演算子の種類

a && b      aかつb(論理積)
a || b        aまたはb(論理和)
!a                 aではない(否定)

 

例えば、変数aの値が1で、なおかつ、変数bの値が2であったとき、”こんにちは”という文字を出力したいのであれば、

    if (a ==1 && b==2) printf("こんにちは\n");

 

のように使用します。

C言語超入門の第17回まとめ

さて、算術演算子、関係演算子、論理演算子の3つについて、理解できましたでしょうか。

論理演算子は見慣れないため、少し難しく感じたかもしれませんが、何度も使っていくうちに、自然と身に付いてくるものです。

さて、C言語には、算術演算子、関係演算子、論理演算子の他にも、C言語独自の演算子がありますので、次回のC言語超入門でお伝えいたします。

ステップ・バイ・ステップ。焦らず一歩ずつ進んでいきましょう。