キーイベントを使ってスライムを操作
今回はキーイベント使い方を紹介します。まずは、具体的にどんな使い方ができるのかを見ていきましょう
①Hキーを押すとHP(たいりょく)が増える
②Cキーを押して透明になり、もう一度押すと元に戻る
③W,A,S,Dキーを使ってスライムを操作
それでは、それぞれの作り方を紹介していきます。

①Hキーを押すとHP(たいりょく)が増える

Cキーを押した時について書きたい時は、このようなコードを使います

// キーを押したら
('▼ キー', Key.h).press(() => {
	// ここに処理を書く
});

3行目、// ここに処理を書くと書かれた所に、HPを増やすコードを書いていきます

// キーを押したら
('▼ キー', Key.h).press(() => {
	player.hp += 1 // HPをふやす
});

すると……
Hキーを押すとHP(たいりょく)が増える
Hキーを押すたびにHPが増えるようになりました!連打するほどHPアップ!!

②Cキーを押して透明になり、もう一度押すと元に戻る

まずは、不透明度のコードについて

Cキーを押して透明にするコードは以下のようになります

// キーを押したら
('▼ キー', Key.c).press(() => {
	player.opacity = 0; // プレイヤーを透明にする
});

3行目のplayer.opacity = 0;に注目!このコードはプレイヤーの見た目の不透明度についてのコードです
下の画像のように、この数字が0だと完全に透明。1の時は普通に見えるようになり、0.4などの数字にすることで、半透明になります。
opacityは0から1の間の数字で指定します
今回は0を指定したので……
Cキーを押すと透明になる
Cキーを押すと透明に!でも、このコードでは彼はずーーーっと透明のままです

では、if文を使って透明←→通常を切り替えられるようにしていきます

if文では、「もし、▲▲なら◯◯する」という条件分岐を指定できます

if (/* 条件 */) {
	// 条件が合っている時はこのコードが読まれる
} else {
	// 条件に合っていない時はこのコードが読まれる
}

これは、if文の書き方のイメージです。「プレイヤーは今見える状態か?」などの条件を指定し、
見える状態の時→プレイヤー透明にする
そうでない時(透明の時)→プレイヤーを見えるようにする
という条件分岐をします
では、具体的なコードにしてみましょう

// キーを押したら
('▼ キー', Key.c).press(() => {
	if (player.opacity > 0) {
		player.opacity = 0; // プレイヤーを透明にする
	} else {
		player.opacity = 1; // すがたをあらわす
	}
});

3行目のif (player.opacity > 0)に注目!ここで条件を指定しています
今回は「もしplayer.opacity0より大きい時(完全に透明ではない時)」という条件にしてみました
このコードによって……
Cキーを押すたびに透明と見える状態を切り替える
Cキーを押すたびに、透明←→通常を切り替えられるようになりました!!

③W,A,S,Dキーを使ってスライムを操作

プレイヤーは矢印↑←↓→キーで操作できますが、同時にW,A,S,Dキーを使って、スライムも操作できるようにしてみましょう
コードはこうなります

// ここからスライム
const item1 = new RPGObject(('▼ スキン', Skin.スライム));
item1.family = ('▼ ファミリー', Family.ドクリツ);
item1.hp = 3;
item1.atk = 1;
item1.locate(7, 5, 'map1');
// ここまでスライム
('▼ キー', Key.w).press(() => {
	item1.walk(1, { x: 0, y: -1 }) // 上に歩く
});
('▼ キー', Key.a).press(() => {
	item1.walk(1, { x: -1, y: 0 }) // 左に歩く
});
('▼ キー', Key.s).press(() => {
	item1.walk(1, { x: 0, y: 1 }) // 下に歩く
});
('▼ キー', Key.d).press(() => {
	item1.walk(1, { x: 1, y: 0 }) // 右に歩く
});
('▼ キー', Key.q).press(() => {
	item1.attack(); // こうげきする
});

item1.walk(1, { x: 0, y: -1 })という感じのコードで上下左右に歩くことができます
Qキーを押して攻撃できるようにもしてみました
スライムもプレイヤーも操作できるようになりました
スライムを操作してプレイヤーを倒す下克上!!
HackforPlayが二人で遊べるゲームになりました

ファミリーを変えて協力プレイ

先ほどのコードの中から、スライムの設定ついて書かれたコードを見てみましょう
スライムについてのコード
3行目のitem1.family = ('▼ ファミリー', Family.ドクリツ);に注目!
このボタンをクリックして、ファミリーをFamily.プレイヤーに変えることで「このスライムはプレイヤーの仲間」という設定にできます
スライムのファミリーをプレイヤーに
仲間同士では攻撃が当たりません。そのため、プレイヤーとスライム 二人協力プレイのゲームが作れるようになります