Swift

【Swift入門】

【Swift入門】switch文を使って条件分岐する方法

switch文は、if文などと同様に、条件分岐を行うための指示です。switch文は、変数や式の値をいくつか列挙して、それらの値にヒットしたときの処理を指定するというものです。if-else-if文でも同じようなことができなくもないですが、一つの変数や式の値だけを判定するためにはswitch文を使用するべきです。if-else-if文ですと冗長でバグを作り込むかもしれませんし、処理が遅い可能性もあります。

詳細を見る
【Swift入門】

【Swift入門】for-in文の使い方

for-in文の書き方

for-in文はfor文の一種で、コレクションなどに含まれる要素を1つずつ取り出して処理するのに便利です。for文と違って、インデックスカウンタ(例えばi++)を書く必要がありません。特にロジックに支障がなければ、for-in文を使用するように心がけましょう。バグの作り込みを減らせます。
基本的なfor-in文の書き方を次に示します。

詳細を見る
【徹底比較】初心者におすすめのプログラミング言語10選と特徴

【徹底比較】初心者におすすめのプログラミング言語10選

プログラミングを始めるにあたって、最初にぶつかる壁が「どのプログラミング言語を学習すればいいのか」というお悩みではないでしょうか。プログラミング言語を選ぼうにもそれぞれの言語の特徴や用途が異なっていて、どうやって選べばいいのかわからないという方は多いと思います。
そこで今回は初心者にオススメのプログラミング言語を10個ピックアップしました。それぞれの言語の特徴や用途、難易度などの観点から比較して解説します。これからプログラミングを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

詳細を見る
プログラミングスクール35社まとめました。

プログラミングスクール34社まとめました。

プロナビではこれまで34校のプログラミングスクールの情報を掲載してきました。(2017/2/12現在)
スクールごとに特徴やおすすめポイントをびっちりと記載させて頂いているつもりなのですが、相対的に比べてみないとわからない点も多いですよね。
そこで、今回これまで紹介してきた34ものプログラミングスクールを本記事にて徹底的に紹介します!
少々長めの記事になっていますが、どうかご覧いただけると幸いです。
興味があるスクールがあれば、プロナビのスクールページの中身をご参照ください。

詳細を見る
プログラミング学習にかかるお金と時間は?

プログラミング学習にかかるお金と時間は?

プログラミング学習にかかるお金と時間は、「なにを学ぶか」「どうやって学ぶか」という2つの要素によって決まります。この記事ではその2つの視点を基に、プログラミングを習得するまでに必要なコストと期間はどれくらいかをそれぞれ解説していきます。尚、ここでは初心者が新規で学ぶ場合を想定しています。

詳細を見る
PROGRAM CORDING

どの言語から学ぶ?プログラミング言語の種類とその比較

このページでは、プログラミング言語を中心として、プログラミング・デザイン周りの技術にどんな種類があるかをまとめ、各技術にどのような特徴があり、習得する難易度がどれくらいか、そしてどれほど人気があるかなどを比較しつつ、ご紹介していきます。また、後半部分では各技術の詳細、学習法も解説します。

詳細を見る