5.Ruby on Rails環境構築ガイド

Webアプリ開発用マシンのセットアップやGitによるソースコード管理、Web&データベースサーバーの組み方など、Ruby on Railsの開発関係者が知っておきたい環境構築に関して幅広くまとめた解説書です。基本的にRailsそのものの開発に関する話は、ほとんど出てきません。初心者にも分かりやすく環境構築が説明されているので、これから構築管理をする人や既に運用しているけれど改めて見直したい人におすすめです。

Ruby on Rails環境構築ガイド

新品価格
¥3,024から
(2016/3/29 17:54時点)

読者からの口コミ

環境構築に特化

40代・男性・Webプランナー

良い
Ruby on Railsで最初につまずいたのは開発環境の構築と本番環境の構築。最近では仮想化など構築方法も多様化しており、単純な知識だけではすべての環境に適応できなくなっていると思う。「Ruby on Railsならこの方法がいいよ」と言える感じで書かれており、安心して環境構築ができる。OSも多岐にわたって解説されているので、自分好みの環境が作れると思う。

開発については触れられず

40代・男性・IT企業

普通
タイトルが環境構築ガイドとなっているが、Ruby on Railsとも書いてあるので、少しはプログラミングに関することも書いてあるだろうと思っていたが、ここにかかれているのは本当に環境構築に関することだけだった。OSごとの環境構築方法が述べられているのでほとんどの人が自分好みのものを選んで読むことになると思うが、複数の環境を立ち上げることは考えにくいので無駄も多い気がする。

6.Head First Rails-頭とからだで覚えるRailsの基本

イラストや写真を使って、分かりやすくRuby on Railsの仕組みを解説した書籍です。ショートストーリーやパズルなど、無理なく楽しみながら読み進めることができる工夫が凝らされているので、飽きっぽい人でも最後までやりきれるようになっています。これからRuby on Railsを学ぶ人や他のRails本ではあまり理解できなかった人、さらに深くWebアプリケーションプログラミングを理解したい人などにおすすめです。

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本

新品価格
¥4,104から
(2016/3/29 17:57時点)

読者からの口コミ

普通の本が読みづらい人向け

40代・男性・Webディレクター

普通
Head Firstシリーズの独特の書き方が脳を刺激してくれているようで気に入っている。このRails本も他の本と同様直感でとらえることを最重要ポイントとしてすすんでいく。抽象的な表現もかなりあるので、好き嫌いはかなりわかれる本だと思う。試し読みや立ち読みで中を見てから購入することをおすすめしたい。Ajaxに関する説明はかなりわかりやすいと思うので、多言語での開発を行っている人にも役に立ちそう。

敢えて選んでみるのもいい

40代・男性・Webプロデューサー

良い
Ruby on Railsがいわゆる逆輸入のような言語なので、少し日本人の考え方とは異なった考え方を元にできているような気がしている。だから理解するには海外で生まれた本、それも海外らしさが充分に見える本を選んだ方が概念の理解につながるのかもしれない。この本はイラストや図などをうまく使って感覚的に理解させようとしているので、一度挫折した人などにも向いていると思う。

7.10日で覚えるRuby on Rails入門教室

10日間のカリキュラムで構成されたRuby on Railsの入門書です。実際に手を動かして体験しながらRuby on Railsの学習をすることができます。サンプルプログラムを作成するための手順が具体的なコードや画面を元に丁寧に解説されているので、間違えた箇所を簡単に特定することができ、効率よく学習を進めることができます。Ruby on Railsの基礎から分からない初心者や他の書籍でつまずいてしまった人におすすめです。

10日でおぼえる Ruby on Rails入門教室

新品価格
¥3,024から
(2016/3/29 18:07時点)

読者からの口コミ

意外と奥が深い

40代・男性・フリーランス

普通
新しいことを始めたいが時間の余裕がない。Ruby on Railsについてもまさにその状況下だったので、短時間で読めそうなこの本を選んだ。10日で覚えられるかどうかはさておいて、10日で一通り目を通すことが出来るのは事実だ。読みやすさは他の本に比べてかなりいい感じなので、初心者・初学者にもかなりおすすめしやすい本だと思う。会社の新人研修でも使えるレベルだと感じた。

8.Ruby on Rails3 ポケットリファレンス

Ruby on Rails3に対応したリファレンスです。逆引き形式で目的の情報がすぐに探せて、サンプルコードを見ながら具体的な実装のイメージがつかめるという特徴があり、分からないところがあったときに役立ちます。また、リファレンスとして使えるのはもちろんのこと、各ページに参考や参照という項目があるので、内容に関する理解がより深まるようになっています。Ruby on Railsでできることを目的から知りたい人や手っ取り早く俯瞰したい人などにおすすめです。

Ruby on Rails 3 ポケットリファレンス

新品価格
¥3,002から
(2016/3/29 18:09時点)

読者からの口コミ

リファレンスとしては最高

40代・男性・Web系企業

普通
プログラミング言語を1つ習得するたびにリファレンス本が手元に増えていく。RubyだけでなくRailsをマスターするにあたりこの本も本棚に入ることになった。調べやすく見やすいリファレンス本なので、手元に置いておくのにちょうどいい。目次の分類がわかりやすいので機能ごとに簡単に探す逆引きにも使うことができる。通常の索引よりも目次で探す方が多くなると思う。

手放せない1冊

40代・男性・Webデザイナー

良い
どの開発言語を扱うにせよ、やはりリファレンス本を1冊は持っておきたい。Ruby on Railsに関してもそれは同じで、Rubyのリファレンスを持っていたらそれで充分というわけではなく、Ruby on Railsに特化したものを手元に置いておくのが得策だ。このリファレンスはかなり使いやすくできているので、初心者から中級者まで幅広く受け入れやすいものだと思う。