1.同じ数を何度も入力するの面倒くさいよぉー

前回は、例外処理という考え方で1辺が10の四角形を描くことが出来ました。そのプログラムが下図です。
マインクラフト プログラミング
さて、もう一度プログラムをみてみると、1辺が10のとき変更するところは赤丸の2箇所の数を変更します。それぞれ9、8ですが、1辺が10なので9=10-1、8=10-2と考えられるのでプログラムを修正してみましょう。
マインクラフト プログラミング
こうすることで、1辺が10の四角形は値が10のところを変更すればよいことがわかり、何度も同じ値を入力するのは面倒なことなので、さらに間違いを防げます。
では、一般化して1辺が3,4,5,6,7,8,9・・・の場合はどうでしょう?いちいち2か所の値を変更するのが面倒です。
そこで変数Nをつくり、変数Nに値10を入れてみましょう。
マインクラフト プログラミング
こうすることによって、Nの値をかえるだけで様々な1辺の四角形を書くことができます。
マインクラフト プログラミング
マインクラフト プログラミング
次回はこの変数をさらに極めていきましょう!次回は引数の説明です。
前の講座次の講座
Microsoft Innovative Educator Expert 安藤昇
YouTubeサイト 教育版マインクラフト