案件獲得できなかったら全額返金!未経験からプロのエンジニアスキルを身につけ、フリーエンジニアとして稼げるまで徹底サポート。オンラインでも教室でも学習可

いまさら聞けない小学生プログラミング教育事情Vol.3

Pocket

2020年に小学校での必修化が決まり、最近、何かと話題になっているプログラミング教育について、「なぜ今プログラミング教育なのか」という疑問を解消していくシリーズの第3弾です。第2弾の文部科学省の目指す方向性に続いて、今回はプログラミング教育の目的と、プログラミング教育を通じて身につく力についてお伝えします。

3.プログラミング教育の目的と、プログラミング教育を通じて身につく力

 では、その文部科学省が小学生に身につけさせたいとしているプログラミング的思考とはどんなものでしょうか。文部科学省の資料においてプログラミング的思考とは、「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」と定義しています。これらの力を細分化してみると、課題を認識したり、課題を設定し、主体的に筋道を立てて論理的に考え、実行する力が求められていることがわかります。単にITスキルやITリテラシーを身につけることにとどまらず、子供たちが将来世界の舞台に大きく羽ばたいていくために必要なスキルであるといえましょう。

投稿者:プロナビ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロナビの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イベントのご案内

☆=LOVE&≠MEメンバーも出演☆
めざせ!プログラミングスターLIVE
BS日テレ / Hulu で好評の番組 『めざせ!プログラミングスター』が スタジオを飛び出し、ついに課外授業(LIVE)を開催 ‼

 ▷ イベント詳細はこちら♪
ページ上部へ戻る