1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

Google Blocky(グーグルブロッキー)の口コミ・評判

Google Blocky
Pocket

Google Blocky(グーグルブロッキー)は、Google社が開発したビジュアルプログラミング言語です。ブロックで指令を出して「迷路」「パズル」など全7つのコースを解き進める形式となっており、初心者でも取り組みやすいつくりになっていることが特徴です。これらのコースを解き進めることで、プログラミング言語習得にもつながるプログラミングの考え方を学ぶことができます。また、Google Blocky(グーグルブロッキー)はプログラミング学習教材としての取り組みやすさと奥深さを併せ持っており、プログラミングを学びたい初心者の方やプログラミングの理解を深めたいと考えている中級以上の方にもオススメできるサイトです。

カテゴリ Webサイト
レベル 初心者
無料体験 あり
価格 0円
期間 5分~1週間
講師 なし
教材 オリジナル
言語 Javascript
blocklyの公式サイトを見る

Google Blocky(グーグルブロッキー)の特徴

  • 全7種類のゲームを通してプログラミングが学べる
  • 入門レベルからエンジニアレベルまでの幅広い難易度
  • ステージをクリアするごとにJavascriptのコードが表示される

全7種類のゲームを通してプログラミングが学べる

「迷路」「パズル」「タートル」など全7種類のゲームが用意されており、飽きずに学習を進めることができます。また、他のビジュアルプログラミング言語と同様にブロックを積み上げてコンピューターへ指令を出すので、視覚的に理解しやすいつくりとなっています。

Google Blocky種類

入門レベルからエンジニアレベルまでの幅広い難易度

Google Blockyでは様々な難易度の問題が用意されており、英単語合わせから本格迷路まで幅広いです。アルゴニズムの論理を求められるものもあり、全てのステージをクリアする頃にはプログラミングの考え方の基礎が身についていることでしょう。

Google Blocky迷路

 (迷路の最終ステージの様子です。この問題はエンジニア上級レベルと特に難易度が高く、「壁に手を当てて進む」考え方が求められます。)

ステージをクリアするごとにJavascriptのコードが表示される

1ステージをクリアするごとに、自分が作り上げた命令のコードが表示されます。繰り返し構造を見ることにより、自分自身にとっての学びとなるでしょう。また、コードはJavascriptだけでなく、Pythonにも変換可能です。

Google Blockyコード

(初めはコードを見てもわからない点ばかりですが、解き進める中で少しずつブロックの命令とコードの関係がわかってくるはずです。)

blocklyの公式サイトを見る

Google Blocky(グーグルブロッキー)の口コミ・評判

口コミを募集しております。こちらよりお願いいたします。

Google Blocky(グーグルブロッキー)の運営会社情報

運営会社 Google Inc.
本社所在地 1600 Amphitheatre Parkway
Mountain View
CA 94043
資本金 71,715 Million US$(2012年現在)
設立 1998 年9月4日
代表 ラリー・ペイジ
blocklyの公式サイトを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る