1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

Codecademy(コードアカデミー)の口コミ・評判

CODEACADEMY
Pocket

Codecademy(コードアカデミー)は無料でWebページ構築の基本~応用までの実践的なスキルを学ぶことができるサイトです。各コースでは基本的な事項から丁寧に解説がされており、課題も取り組みやすい設計となっているため、初心者でも楽しくプログラミングに取り組むことができます。また、Web Developer Skillsコースでは、ビジネスに通用するレベルを目指した講座もあるため、経験者でも学習効果が高く、あらゆる学習層の方にオススメです。なお、全文英語表記となっているものの、平易な文章が多いため、英語が得意ではない人も楽しく取り組むことができるでしょう。

カテゴリ Webサイト
レベル 初心者~上級者
無料体験 あり
価格 0円
期間 1日~1ヵ月
講師 なし
教材 オリジナル
言語 CSS / HTML / Javascript / jQuery / PHP / Python / Ruby
Codecademyの公式サイトを見る

Codecademy(コードアカデミー)の特徴まとめ

  • 学習コンテンツの充実
  • Web Developer Skillsコースでは実際のサイトづくりを目指す
  • 課題の加減がちょうど良い
  • リアルタイムエディタの導入
  • TwitterまたはFacebookで手軽に始められる

学習コンテンツの充実

Codecademy ではWeb Developer Skills(プログラミングの基本を学びながらWebページを作るコース)は9つ、Language Skills(プログラミング言語ごとの学習)は6つものコースが設置されています。また、各コースではレベルや想定学習時間が掲載されているため、自分の忙しさや意欲によって学習するコースを選べます。Webサービスを作りたいと考えている方は、登録しておいて損はない学習サイトです。

CODEACADEMY講座

2015年9月現在で11個ものコースがあり、学習コンテンツの量はプログラミング学習サイトの中でも最大レベルです。レベルも基本~応用まで幅広く、初心者から経験者まで楽しみながらプログラミングが学べるはずです。

Web Developer Skillsコースでは実際のサイトづくりを目指す

Codecademyの中でも最も基本である「Make a Website」コースでは、最近有名なAirBnBのサイトづくりを行う、というコンセプトで学習を進めます。Webサイトがどのように構築されているかを学びながら体感できるため、学習を進める中で自然と実践的なスキルを身につけることができるでしょう。

CODEACADEMY解説

HTMLやCSSなどの基本的な事項から学び、最終的にはWeBページが制作できるレベルまでスキルを高めることができます。

課題の加減がちょうど良い

コースは数個~10数個の章に分かれており、それぞれで簡単な説明が終わると課題に取り組みます。初心者の方は「問題の答え方がわからない」経験をお持ちかもしれませんが、Codecademy では1問ずつ丁寧に課題の進め方が書いてあるので、着実に学習を進めることができます。

CODEACADEMY解説

 画面左下に、操作方法からわかりやすく課題が提示されています。

リアルタイムエディタの導入

Codecademyではインターネットにつなぐだけでコーディングを行うことができ、コードを打ち込むとコードの内容が画面右側にすぐ反映されます。コーディングに慣れている方にとっては、かなりの使いやすさを感じるでしょう。

TwitterまたはFacebookで手軽に始められる

TwitterまたはFacebookのアカウントがあれば、30秒もかからずにCodecademyへ登録可能です。プログラミングを勉強しようと思い立ったら、忘れないうちに登録することをオススメします。

Codecademyの公式サイトを見る

Codecademy(コードアカデミー)の口コミ・評判

英語でプログラミングを学ぶということ

20代、女性

良い
文系の私がプログラミングを勉強してみようと思った理由は2つあります。
1つ目は、「プログラミングが出来ます」という言葉の響きが、単純にかっこいいと思ったことです。
2つ目は、言葉が通じない国でも仕事が探せるのではないかと考えたことです。結婚を機に海外へ引っ越したのですが、英語圏でもないため現在言葉を勉強中です。言語の習得には時間がかかるものの早く仕事もしたいと考えていたので、IT大国を目指す私の住む国でプログラミングスキルさえあれば、言葉は通じなくてもどこかに働ける場所があるのではないかと思いました。
私がCodecademyを選んだ理由は、まずは様々なプログラミング言語が学べるということと、英語で勉強できるということでした。海外に住んでいるため、プログラミングに関する知識も英語で習得したほうが有利だと感じたからです。
そして、CodecademyではHTMLの勉強から始めました。学生の頃にホームページを作っていたことがあったので、その経験が多少は活かされるのではないかと考えたからです。
Codecademyでは、プログラミング言語を1から丁寧に学ぶことができるので、楽しみながら知識を身につけられたように思います。いかにも勉強!という雰囲気のサイトでもないので、気軽に受講することができました。
私は特にお金は払っていませんが、それでも学べることは多かったように感じたので、検討している方は、まず試しに登録してみるだけでも良いと思います。

英語画面でも不自由なく学べます

Webデザイナー

とても良い
通学制の職業訓練校で、PHPを中心としたWEBプログラミング講座を受講した経験はあるのですが、必ずしもプログラミングを十全にマスターできたわけではありませんでした。また、そちらの正規のカリキュラムには含まれていなかったJavascriptについて、講師の判断でさわりだけでも習っておくよう指示があり、数時間ですが習いました。
しかし、PHPの取得だけでもおぼつかない状況で、さらにJavascriptを短い時間で会得することはほぼ不可能で、話を聞いただけで終わっていたのが実際でした
ところが、実際のWEB製作の現場では、Javascriptの必要性はPHPに勝るとも劣りません。すでに通学することは時間的に出来ないため、Codecademyで学習することを考え、アクセスすると、最初のページこそ日本語ですが、講習開始後は英語になることに戸惑いました。
ただ、英語は決して得意ではありませんが、プログラミング言語には英語も日本語もありませんので、コードを読むことに不自由はなく、8つの章をだいたい1章1時間で進むことが出来、8章終わるころにはだいたいJavascriptの要諦をつかむことが出来ました。
どれかひとつでもこなした言語がある方には、新たな言語習得の方法として、お勧め出来ると思います。

Codecademy(コードアカデミー)の運営会社情報

運営会社 Codeacademy
本社所在地 49 W 27th Street, 4th Floor
New York City, NY 10001
設立 2011年
代表 Zach Sims

学習サイトの紹介動画

Codecademyの公式サイトを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る