1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

Rubyプログラマー必修!Ruby on Railsとはどんなフレームワークなのか?

Pocket

はじめに

Ruby on Railsをご存じですか?

Ruby on Railsは、Rubyで最も人気がある定番フレームワークです。
Rubyを学ぶなら、Ruby on Railsの習得は避けては通れないでしょう。
なぜならRubyを採用している多くのプロジェクトで使われているからです。

なぜRuby on Railsはこれほど人気があるのでしょうか?

この記事では、Rubyプログラマーの方のために、Ruby on Railsについてお伝えしていきます。
ぜひご一読して、Rubyの価値をさらに高めましょう。

そもそもフレームワークってなに?

フレームワークとは、一般的に使用される機能を提供するアプリケーションの枠組みです。

ライブラリの集合体のようなもので、規約にしたがってプログラミングを進めます。
汎用的な処理はフレームワークに任せて、アプリケーション独自の処理に注力できるため、生産性が大きく向上します。
そのため、多くのプロジェクトでなんらかのフレームワークが使われています。
RubyではRuby on Railsが真っ先に検討されることになるでしょう。

Ruby on Railsはどんなフレームワーク?

Ruby on Railsは、MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャを採用したウェブアプリケーションフレームワークです。

MVCアーキテクチャは、Controllerがユーザー(ブラウザ)からのリクエストを受け取り、Model(データ)をView(ページ)にセットアップしてユーザーに返します。
Model・View・Controllerの役割が分担されているため、テストしやすく、見通しのよいコードになります。

基本的にRuby on Railsでは、規約に従ってModel・View・Controllerを実装していくことになります。
コマンドによるテンプレート自動生成機能もあるため、手作業で規定のコードを作成する必要がなく、生産性も良好です。

また、Modelクラスからのデータベース(およびクエリ)の自動生成機能もあるため、手作業でテーブルを作成したり、SQLを書いたりしなくてもいいようになっています。
データベースが苦手な方はうれしい機能ですね。

なぜRuby on Railsは人気があるのか?

Ruby on Railsに人気があるのはRubyフレームワークの先駆けになったということもあるのですが、やはりMVCアーキテクチャによる見通しのよいコードにあります。
Rubyの簡潔な構文とメタプログラミング(動的コード生成など)により、少ないコード量で実装でき、テストも容易にできます。

また、RubyGemsというRuby用のパッケージ管理ツールもあり、Ruby on Rails本体やプラグインなどの拡張機能を簡単にインストールできます。
これはプロジェクト単位で管理できるため、プロジェクトごとに別々バージョンにしたりすることも可能です。
パッケージ間の依存関係も自動的に解決してくれるため、依存関係に起因する問題も起きにくくなっています。

Ruby on Railsをどうやって学習するべきか?

Ruby on Railsの学習を始める前に、Rubyをある程度使いこなせるようになっておきましょう。
言語の勉強と並行してフレームワークの学習をするのは大変です。まずはRubyの基本を学習しておくべきでしょう。

フレームワークのドキュメントは英語であることも少なくありませんが、幸いRuby on Railsのチュートリアルは日本語化されています。
下記のチュートリアルを一通りこなせば、Ruby on Railsの全容を把握できるでしょう。

Ruby on Railsチュートリアル:https://railstutorial.jp/

また、書籍で勉強したいという方には、

最新のRuby on Rails 5に対応した「Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング/山田 祥寛 (著)/技術評論社」や「Ruby on Rails 5 超入門/掌田津耶乃 (著)/秀和システム」がオススメです。

Ruby on Railsには簡易ウェブサーバーが含まれているため、自分でウェブサーバーを導入しなくても動作を確認できますので、初心者の方でも心配いりません。
ぜひ自分でウェブアプリケーションを作ってみましょう。

まとめ

Ruby on Railsの他にもRubyのフレームワークはありますが、やはり定番フレームワークは情報源が多く、初心者にも使いやすいです。
採用実績も多いため、プロジェクトで使われる可能性も高いでしょう。
まずはRuby on Railsを足がかかりに、他のフレームワークを学ぶとよいです。
フレームワークの構造はある程度共通しているので、違うフレームワークでも知識を再利用できますよ。

あなたはRubyでどのフレームワークを使いますか?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る