1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VR入門】徹底比較!おすすめVRゴーグル5選

Pocket

最近、ビッグカメラやヨドバシカメラなどの大手家電ショップで、VRを実際に体験できる「VR体験コーナー」を目にするようになりました。
VRとは、Virtual Realityの略で、日本語では、「仮想現実」と呼ばれるものです。

皆さんもよくご存じのように、、コンピュータ上に人口的な仮想環境を創り出し、あたかもその場所にいるかのような感覚を体験できる技術です。
VRを体験するためには、VR専用のゴーグルやヘッドマウントディスプレイが必要となります。これらのデバイスには、手軽に体験できるものから、高品質なVRが体験できるハイエンドなものまでさまざまです。

今回は、VR専用デバイスとして、とくにお勧めしたい5つの製品について、紹介したいと思います。

おすすめゴーグル5選

ハコスコ タタミ2眼

ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plus/7/7Plusサイズ対応)

価格
¥1,296から

スマホを使用してとても手軽にVRの体験や3D映像まで楽しめる製品です。なんといっても、段ボール製の折り畳み式なので、持ち運びも便利ですし、価格も1200円程度と低価格です。とにかく、VRを手軽に体験してみたいというかたにはお奨めの製品です。

本体サイズ 16.2 x 13.0 x 8.5mm
対応デバイス Android/iphon

VR BOX 3Dメガネ

VR BOX 3Dメガネ ゲーム 映画 ビデオ スマートフォン向け ヘッドバンド付き 頭部装着

価格
¥889から

VRアプリをインストールしたスマホを装着して、VRの世界を楽しむことができるデバイスです。
頭の動きと連動した360度の映像が見られるので、迫力のあるVR映像を楽しむことができます。
また、本製品の特徴として、メガネを付けたままゴーグルを装着できたり、イヤホンを接続して音声を聴くことができます。

本体サイズ:195×100×140mm
対応デバイス:Android/iphon
重量:390g

Galaxy Gear VR

Galaxy Gear VR Blue Black 【Galaxy純正 国内正規品】 SM-R323NBKAXJP_A

価格
¥11,369から

対応するスマホデバイスがGalaxy専用となります。
実際にデモ用のゴーグルをのぞいてみると、すこし暗い感じはありますが、映像への投入感が強化されているように思います。装着感も自然で、あまり違和感は感じませんでした。値段はすこし高いですが、映像コンテンツも豊富にそろっていますし、Galaxyのスマホを持っている方には一押しです。

本体サイズ:207.8×98.6×122.5 mm
対応デバイス:Galaxy S7 edge, Galaxy S6, S6 edge
重量:345g

A4T VRヘッドマウントディスプレイ「STEALTH VR」VR100

A4T VRヘッドマウントディスプレイ「STEALTH VR」VR100

中古価格
¥3,858から

他のゴーグルと同様に、使い方は簡単です。
スマホのアプリやムービーを選択・開始してから、全面カバーに取付ます。
カバーを閉じてヘッドセットを装着すれば、頭の動きに連動した360度映像や立体感のある3D映像など、バーチャル体験を楽しめます。
本製品の特徴として、スマホのカメラを使用して、周囲の環境にバーチャルコンテンツを重ねるAR(拡張現実)も楽しむことが可能です。

本体サイズ:200 x 105 x 140 mm
対応デバイス:Android/iphon
重量: 390g

MR用ホロレンズ(マイクロソフト社)

マイクロソフト ホロレンズ Microsoft HoloLens メガネ Glass ホログラム コンピュータ 3D映像 Holographic Windows 10【開発者向け 】 [並行輸入品]

価格
¥439,999から

HoloLensは、昨年12月2日から日本での予約受付が開始され、価格は439,999円と、非常に高額です。

この製品は、HMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)や、VRゴーグルとは異なり、マイクロソフト社が進めている頭部装着型のPCで、Windows 10が搭載されており、それ自体が単体で動作するものです。
まだ価格が高いので個人で購入するには抵抗がありますが、企業各社では、このデバイスの存在をいち早くキャッチし、導入の可能性について動きがあるようです。

MR(複合現実)という現実世界と仮想世界を融合した技術を用いており、いわゆるVR(仮想現実)技術とは区別されています。
活用の範囲は幅ひろく、私たちの日常生活にもまもなく普及してくることでしょう。

まとめ

VR関係のゴーグルやヘッドセットは、紹介したもの以外にもたくさん販売されています。
ようやく、店頭に並ぶようになってきたかなという感じがしますが、まだまだ店頭では数が少ないので、amazonやYahooショップなど、ネットショップで購入した方が早いと思います。

VR関連ゴーグルは、低価格のものから高額なものまで、幅広く販売されていますが、まずは、最初に紹介したハコスコのように、低価格な商品を使って、実際に体験してみることをお奨めします。

頭部の動きに連動した360度の映像や、仮想空間のなかに身を投じみると、仮想空間とは思えない投入感とともに、大きな驚きを感じられると思います。
大手家電ショップには、たいてい体験コーナーがありますので、ぜひ一度、足を運んでみて、VRの世界をあじわってみてはいかがでしょうか。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ
ページ上部へ戻る