1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

ローカル開発環境にはVirtualBoxが便利!仮想環境でプログラミングしよう

Pocket

はじめに

どうやってプログラムをデバッグしていますか?

プログラムの動作確認にはローカル開発環境が欠かせません。

しかし、直接ローカルマシン上に環境を構築すると、管理が煩雑になりがちで、不具合も起きやすくなってしまいます。

また、複数バージョンを共存させるのも大変です。

この記事では、ローカル開発環境の構築に役立つ「VirtualBox」を紹介します。

最初にローカル開発環境を用意しよう

スタンドアロンのソフトであれば別ですが、多くのプログラムは単体では動作できません。

ウェブサーバーやデータベース、実行エンジンなどの助けが必要です。

開発中に本番環境を使うわけにもいかないので、通常は「ローカル開発環境」を用意します。

ローカル開発環境はローカルマシン上に直接構築することもできますが、管理上の問題からローカルマシンとは切り離しておきたいところです。

そこで役に立つのが「仮想環境」です。

仮想環境ってなに?

仮想環境は、物理マシン(ローカルマシン)上で動作する仮想マシンです。

イメージ的には、OSの上で別のOSが動作していると考えるとよいでしょう。

簡単に言えば、OSをあたかも一つのアプリケーションのように扱えるということです。

このため、メモリが許す限り複数の仮想マシン(OS)を起動することができます。

しかも仮想環境は動作元のOSと違うOSでも問題ありません。

つまり、Windows上でLinuxを動かしたり、Mac上でWindowsを動かしたりすることもできるわけです。

別の環境で検証したい場合に便利ですね。

仮想環境構築はVirtualBoxがオススメ

仮想環境を構築するためのソフトはいくつかありますが、その中でも「VirtualBox」をオススメします。

設定も簡単で使いやすく、Windows・Mac・Linuxに対応しているため、OSを選びません。

Javaやデータベースで有名なOracleが開発しており、セキュリティフィックスも定期的に公開されるため安全性も高いといえます。

無償提供されていますので、下記のURLからダウンロードすれば誰でも利用できます。

VirtualBox本体と同時にExtension Packもインストールしておくとよいでしょう。

なお、Hyper-Vなどの他の仮想環境との共存はできませんので注意してください。

VirtualBoxのダウンロード:https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

OSは自分で用意する必要がある

仮想マシンにインストールするOSは自分で用意する必要があります。

Windowsの場合、新しいライセンスが必要になるので注意しましょう。

OSは一般的にDSPとして提供されているものでよく、自作パソコンと同様に任意のOSをインストールできます。

LinuxディストリビューションにはUbuntuなど無償で利用できるものが多いため、ライセンス費をかけたくない方は検討してみましょう。

なお、64ビット環境でも32ビットOSをインストールできます。

逆も可能ですが、あまり意味はないでしょう。

無償提供されている開発用環境も活用しよう

マイクロソフトは、開発用に仮想マシン用のOSパッケージを提供しています。

Windows上にあらかじめ開発ツールがインストールされているため、仮想マシンにディスクとしてアタッチするだけですぐに使えます。

ただし、ライセンス自体は提供されませんので、有効期限が切れるとライセンスキーが必要になります。

その場合、新しく仮想マシンを作り直すか、ライセンスキーを購入します。

仮想マシンイメージのダウンロードは下記のURLから行えます。

開発用仮想マシンイメージのダウンロード:

https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/virtual-machines

また、別途クロスブラウザ検証用の仮想マシンイメージも提供されています。

Windows 7や8.1、10上のIEとEdgeの各バージョンの組み合わせをテストでき、クロスブラウザ検証に役立ちます。

もちろん、それ以外のChromeやFirefoxなどのブラウザもインストールできるため、すべてのPCブラウザでの検証が行えます。

ただし、こちらも90日間の期限があることに注意しましょう。

仮想マシンイメージのダウンロードは下記のURLから行えます。

ブラウザ検証用の仮想マシンイメージのダウンロード:

https://developer.microsoft.com/en-us/microsoft-edge/tools/vms/

まとめ

仮想環境は、ローカルマシンに影響を及ぼさずにソフトのインストールが行えるため非常に便利です。

また、VirtualBoxの「スナップショット機能」を使えば、仮想マシンをスナップショット時点の状態まで瞬時に戻すことが可能です。

あなたもVirtualBoxを活用して、開発をより便利にしてみませんか?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る