1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

脱エクセル!BTSを使ってチケット駆動開発を実践しよう

Pocket

はじめに

開発作業のタスクをどうやって管理していますか?

まだエクセルで管理している場合も多いのではないでしょうか。ごく小規模な開発ならメモ帳でもいいかもしれません。しかし、複数人での開発ではそうはいきません。タスクを全員で共有するべきでしょう。タスクを共有する方法のひとつに「チケット駆動開発」があります。

この記事では、開発手法を学びたいエンジニアの方のために、チケット駆動開発についてお伝えしていきます。ぜひご一読して、タスクの管理方法を見直してみましょう。

チケット駆動開発の基礎知識

チケット駆動開発は、2007年にまちゅ氏がライトニングトークで発表した日本生まれの開発手法です。国産の開発手法のためか、国内で広まりを見せています。

チケット駆動開発では、「BTS(バグトラッキングシステム)」が中心となります。BTSは、バグを管理するために開発されたソフトウェアの総称です。代表的なBTSには、BugzillaやRedmine、JIRAなどがあります。

BTSでは、発見したバグを「チケット」として登録して管理します。作成されたチケットは修正担当者に割り当てられ、修正してテストを通ったらチケットをクローズ(完了)します。このようにすることで既知のバグを管理して再発を防ぎます。

チケット駆動開発では、BTSの使用用途をバグだけでなく通常の機能開発まで拡張します。つまり、機能を開発する前にチケットを発行し、機能を開発してテストを通った後にチケットをクローズするのです。

また、BTSと同時にGitやSubversion、Mercurialなどのバージョン管理システムも併用します。チケット駆動開発では、「チケットなしのコミットは禁止」と定められているので、コミットをする前に必ずチケットを作成しなければいけません。コミットメッセージによる、チケットとコミットの紐付けも必要です。

ちょっと回りくどいと思われるかもしれませんが、情報共有や情報の蓄積のために必要なことなのです。BTSとバージョン管理システムを連動させると、チケットを操作する手間が省けますので、事前に設定しておくとよいでしょう。

チケット駆動開発の流れ

1:開発する機能をリストアップする

まずは、開発する機能をリストアップして、適度なサイズに分割しておきましょう。これは、ひとつの機能を複数のタスクに分割して、複数の担当者に割り振るためです。機能のサイズか小さければ分割する必要はありません。

2:チケットを作成する

1でリストアップしたタスクを、ひとつずつチケットに割り当てていきましょう。このとき、優先度もいっしょに決めておくとよいです。必要であれば、開発期限なども設定しておきます。

3:チケットを割り当てる

作成したチケットを、優先度順に開発担当者に割り当てていきましょう。BTSではユーザーごとのタスクが一望できるため、自分が担当しているタスクも一目瞭然です。

4:タスクを実行する

担当者は割り当てられたチケットを元に、開発を進めていきます。わかりやすいように、チケットに詳細や開発資料を含めておくとよいでしょう。作業が完了したらリポジトリにコミットして、チケットのステータスを解決としてレビューを待ちます。コミットメッセージで、コミットとチケットの紐付けを忘れないようにしましょう。

5:レビューする

開発した機能は、担当者とは別の人にレビューしてもらいましょう。つまり、テストですね。テストして問題なければチケットを完了にしますが、不具合が見つかったらフィードバックとして担当者に差し戻します。このような流れで順番にチケットを処理していきます。

まとめ

チケット駆動開発のルールはとてもシンプルで、タスクのチケットを発行してから作業を行い、コミット・レビューを経てステータスを完了まで導きます。リポジトリと連携するとより便利に使えるでしょう。無料のBTSはRedmineがオススメです。シンプルなインターフェースなので、初めての方でもすぐ使いこなせるでしょう。まずは一度試してみて下さい。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る