1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

サーバーが不要?今話題のサーバーレスアーキテクチャについて知る

Pocket

はじめに

自分でサーバーを管理したことがありますか?

サーバー管理は結構大変なもので、普通のパソコンと同じように壊れたらパーツ交換などをして修理しなければいけません。

他にも、死活監視やリソース監視、パッチの適用など、サーバーを正常に動作させ続けるためにさまざまな作業が必要です。
最近、このようなサーバー管理から開放されるために新しい設計手法が考案されました。

この記事では、最新のアーキテクチャを知りたいエンジニアの方のために、サーバーレスアーキテクチャについてお伝えしていきます。

サーバーレスアーキテクチャとはなにか?

サーバーレスアーキテクチャは、”サーバーレス”とありますが、現実的にはどこかにサーバーは必要です。サーバー管理をなくすためには自前でサーバーを持たなければいいので、ここはAWS(Amazon Web Services)などのクラウドコンピューティングサービスに任せます。

以前からAmazon EC2をはじめとするクラウドサーバーが活用されてきましたが、インフラは管理不要でもOSやミドルウェアなどは自分で管理する必要がありました。
サーバーレスアーキテクチャではそれもなくし、完全にサーバー管理から脱却します。

どうするかというと、AWS Lambdaなどのコード実行サービスでプログラムを実行するのです。
クラウド上で直接コードを実行できるため、自らサーバーを管理する必要は一切ありません。
これがサーバーレスアーキテクチャの根幹となります。

なぜサーバーレスアーキテクチャを採用するのか?

サーバーの管理が不要になる

サーバーレスアーキテクチャでは、管理するサーバーがないため、サーバー管理から開放され、その分管理コストがかからなくなります。物理的なサーバーの管理はクラウド事業者に一任できるので、故障やパッチ適用の心配をする必要はありません。

また、一般にコード実行サービスは高い可用性を持っているため、オンプレミスサーバーよりも障害耐性が高くなるでしょう。

運用コストを削減できる

サーバーは初期導入コストが高く、必要になるサーバースペックも事前に見積もっておかなければいけません。物理障害時のパーツ交換費用なども必要です。
クラウドサーバーにしても、起動している時間は料金がかかるため、閑散時などは100%コストを活用できているとはいえません。

一方、コード実行サービスであれば、実際にコードを実行した時間に応じて課金されるため、ムダなコストが発生しません。
初期導入コストもかからないため、システムの規模に合わせて柔軟にスケールできます。

サーバーレスアーキテクチャの難しいところ

サーバーレスアーキテクチャのシステム設計は、従来のモノリシック(一枚岩)な設計とは異なり、サービスを機能ごとにAPIに分割する必要があります。
コード実行サービスでは基本的に状態を持つことができないため、ステートレスなAPIが求められます。

具体的な設計方法としては、コンテンツファイル(ウェブページなど)をクラウドストレージからユーザーに配信し、HTTP(S)でコード実行サービスのAPIにアクセスするような形になります。
もちろん、データベースもクラウド上に用意します。
他にも、BaaS(Backend as a Service)などを組み合わせて使う場合もあります。

すでにサーバーレスアーキテクチャ用のフレームワークがいくつか登場しているので、自前ですべてを実装するよりもフレームワークを活用するべきでしょう。
代表的なものを下記に紹介しておきます。

Serverless Framework:https://serverless.com/

まとめ

サーバーレスアーキテクチャを導入すれば、煩わしいサーバー管理から開放されます。
クラウドコンピューティングを前提としたアーキテクチャなので、現在の流行にマッチしたアーキテクチャといえるでしょう。クラウドコンピューティングサービスのシェアはAWSが圧倒的に多いため、まずはAWSから検討するとよいでしょう。
無料利用枠もありますので、学習にも最適です。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る