”本気で”エンジニアを目指すなら『TECH BOOST』キャリアから逆算された講座内容で、あなたの未来をサポートします!

プログラミングを学ぶメリットって?基礎から学ぶ重要性を解説!

Pocket

プログラミングを学ぶメリットはどんなことがあるのでしょうか。

プログラミングとは、電化製品からスマートフォンに至るまで、身近にある製品のほとんどに利用されている「初期設定」のようなものです。

そんなプログラミングをできるようになると、どんなメリットがあるのかをご紹介させていただきます。
今回は特に、プログラミングの「基礎から学ぶ」ことのメリットを解説していこうと思います!

基礎からつかもう!プログラミング

皆さんは「プログラミング」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

わたしは、プログラミングと言われても、これと言って表現できないくらいぼやっとしかわかりませんでした。
しかし実際は、わたしたちの生活にとってなくてはならない存在なんです。

プログラミングの基礎

プログラミングの基礎を簡単に説明すると、「スイッチを押したら電源が付く」という初歩的な動きなどが、
「プログラミング言語」と呼ばれる関数などの書式を組み合わせたコードのようなもので構成されています。

そのような指示が表されたプログラミングがいくつも重なることで、電化製品などが正しく動くようになっています。

このように、わたしたちの生活はプログラミングと共に便利になってきました。

ということで、プログラミングは現代社会に必要不可欠な技術なのです!

プログラマーが不足している現状

ここで問題に上がってくるのが、プログラミングを作れる人材「プログラマー」が決して多くはないこと。
むしろプログラマーが不足しているという現状があることです。

これからのIT社会では、このような技術者の需要が高まると言われています。

そこで、プログラミングを学ぶことによって大きく社会に貢献できる人材を増やそう!ということから、
プログラミングが小学校で必修科目になるということにもつながります。

プログラミングを学んでみよう

では実際、プログラミングを学ぶにあたって必要なことを解説していきましょう。

プログラミングの基礎は、「プログラミング言語」を学ぶことから始まります。
プログラミング言語とはコンピューターへの指示がコードのようなもので構成されています。

プログラミング言語を学ぶということは、簡単に言ってしまえば、英語(外国語)を学習するようなものなのです。

皆さんは、外国語を見たときに「何が書いてあるんだろう」とか「呪文みたい」のように見慣れない文字に戸惑いますよね?
でも、よく使う単語や文の形式を学ぶだけで、少しの雰囲気でも読み解くことができるようになります。

プログラミング言語も同じ「言葉」(言語)ですから、よく使う関数や形式を一つずつマスターしていくことから始めましょう。

プログラミング言語が生み出す“命令”を理解しよう

ここまで出来たら、今度はプログラミング言語が生み出すひとつの命令について理解することです。
外国語に例えると、文法とその用途を理解するというステップ。

プログラミング言語は、「こうしたい」や「こうなってほしい」というプログラマーの思いが詰まった文になります。

言葉で伝えるときにも、話す順番や接続語を組み合わせて話していますよね。

それと同じで、言葉の組み方によって意図する動きが変わってくる、
また動きによって命令の組み方が決まっているので注意して学んでいきましょう。

プログラミング言語を読み解く

次のステップは、プログラミング言語を読み解いて整理することです。

外国語だと、本文の日本語訳のようなもの。
単語の意味も文法も理解したら、自分の普段利用する言葉でいつ見返しても理解できるようにすることができます。

プログラマーの「ここではこういった命令を出していて、次にこの命令が出ているからこうやって動くようになる」というのが理解できるようになることで、
グッとプログラムが身近なものに感じるようになるはずです。

自分でプログラミング言語を書いてみる

ついにここまできました!

プログラミング言語を利用して、コンピューターへの命令を書いていきましょう。(コードを書くこと)

プログラミング言語によって自分の考えたことを命令にして、思い通りの動きをさせることができます。

やりたいと思う命令を書き出していき、その単語をプログラミング言語で訳していけば、
命令を書き出すことができます。

最初は、難しくない一般的な命令から組み立てていきましょう。
そうすれば、もっとプログラミングが親しみやすく感じられるようになりますよ。

プログラミングを紹介し合おう

最後のステップは、自身の生み出したプログラミングを紹介し合うこと。

これは、言葉に出して相手に伝えようとすることで、自分のやりたかったプログラミングをどのように組んだのかを再確認することができます。

頭の中での想像を形にできるという自信がもて、加えて客観的に見直すことにもつながります。

また他人のプログラミングについて聞くことで、自身の想像力を掻き立てられ、
新しい発見ができるなど、プログラミングを学ぶ意欲の向上にもなります。

プログラミングで世界が広がる

プログラミングの基礎についての解説ばかりになってしまったと思いますが、
プログラミングの基礎を学ぶことこそがプログラミングを学ぶメリットだと思います。

今回は外国語に例えて説明してみましたが、
プログラミング言語はたくさんの種類がありますが、どれも世界共通で利用されている言語です。

つまり、基礎から学ぶことは世界に通用する技術を手にできるということになるのではないでしょうか。

投稿者:プロナビ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロナビの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る