1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

プログラミングが必修化される目的とは?小学生から学ぶ意義

Pocket

2020年から小学校で必修化される「プログラミング」についてみなさんはご存知でしょうか。
どうして小学生からプログラミングという科目が必修になるのか疑問に感じているかたも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小学生に「プログラミング」を学ばせる意義とその目的に注目して、プログラミングを小学生から必修化して学ぶことについて詳しく解説していこうと思います!

プログラミングが必修化された理由とは?

そもそも「プログラミング」とは、電子機器やインターネット上で利用されている「プログラム」を生み出す技術のことで、現在、わたしたちが利用するほとんどの製品に盛り込まれています。

そのため、IT企業などではプログラミングができる人材「プログラマー」の需要が急激に上がってきているのです。
しかし、専門職であるプログラマーの人数はあまり多くないことが現状です。

そこで文部科学省では、近年有望視されている「プログラマー」を増やしてすために想像力が豊かで頭がやわらかい小学生から「プログラミング教育」を必修化することで、プログラム技術を養おうという決断にいたりました。

プログラミングの課題

文部科学省が「プログラミング教育必修化」を決定するにあたって、授業を行う上で必要な条件や課題は

・ICT(情報コミュニケーション技術)環境の整備
・教材の開発
・教員の養成と研修
・指導体制の充実
・社会との連携と協動
という5つの点です。これらの徹底化を進めることを提示しています。

今や身の回りにある電子機器はそのほとんどがプログラムで動いています。

小学生からプログラミングの原理や思考方法、プログラムを学ばせることで、これらを自由に操れるスキルが身につきます。
そして、プログラマーも育成できます。

幅広い意味での人材育成の1つとして、プログラミングの必修化が挙げられているのです。

プログラマーが活躍できる社会

最初の方に、ほとんどの製品にプログラムが利用されているという説明がありましたが、現代社会ではネット環境が大きく関わっています。
例えば、今わたしたちの利用しているコンピュータやスマートフォンのような電子機器だけでなく、ゲーム機や家電製品などは事前に組み込まれているプログラムによって動いています。

また、日本の文化で海外にも注目されている「アニメーション」もプログラムを活用することで様々な動きを人間らしく表現することができるようです。
つまり、現代社会ではプログラミングができるということによって、活躍の場がとても大きく広がると言えるのです。

だからこそ、プログラミングを必修化することは将来的にとても役に立つと考えられています。

実際にどんな教育をするのか

プログラミングと聞くと、専門的な言語に対する知識が必要な難しそうというイメージを持つ方が多いと思います。
「そんなこと小学生からできるの?」「うちの子供にはついていけるのか不安」という保護者の声もよく聞きます。

今回の小学生へのプログラミング教育では、そこまで難しく学ばせるわけではありません。
また、必修化が決まったからといって新しく授業枠を開拓する予定はまだないため、総合的な学習、算数、図工、理科、などの授業の一環として、新しくプログラミングを活用した学習内容が追加されるようなイメージを持っていただいた方がいいと思います。

実践例)
・理科:電気を利用した道具の学習でプログラミングを体験し、電気製品にはエネルギーを効果的に利用するためにプログラムが活用されていることや、条件に応じて動作していることに気付かせる。

実際に自分でプログラミングをすることで、より身近なものに感じられますね。

論理的思考を身に付ける

プログラミングを理解することで、論理的思考を身に付けることができます。

論理的思考というのは物事を順序立てて考えたり、「どうして思い通りに動かないのか」「どこに問題があるのか」のように、事象に対する原因を追究する能力を養うことができます。

この論理的思考を身に付けることは、将来社会へ出たときにもとても必要な力です。
そこで、小学生のうちから自分で考え整理し実行を繰り返すことで、物事を論理的に読み取る力が身に付くようになるのです。

創造性を養って自分のアイディアをかたちにしよう

小学生からプログラミングを学ぶことで、豊かな想像力を活かして自分のやりたいことなどのアイディアを思い通りに実現する力、創造する力を養うことができます。

この力は、将来的に自分からいろんなことに挑戦したり新しいものを生み出す力にもなるので、子供たちの自信や達成感につながるといえます。

小学生だからこそ学ぶ

プログラミングで学べることについて、少しでも理解していただくことはできたでしょうか。

「小学生からプログラミングを学ぶ意義」ということは、小学生だからこその頭の柔軟性をプログラミング技術に活かすことができるという一面もあります。

2020年に小学校で必修化されるプログラミングですが、今の子供たちがネット社会で活躍することでプログラミング必修化が少しでも有意義なものになるといいですね。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る