1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

小学生のプログラミング教育…授業では具体的に何が学べるの?

Pocket

現在、何かと話題になっているプログラミングですが、2020年からは小学校の授業で必修化されるみたいです!

でも、プログラミングなんてすごく難しいイメージがあるけど、小学生から学べるものなの?と疑問に思う方も多いと思います。

そこで、授業内容にスポットライトを当ててもっと具体的に見ていきましょう!

プログラミング教育って?

そもそも、プログラミング教育とは何なのでしょうか?

今日、デジタル化社会の進行により、プログラミングは物を生み出す上で必要不可欠となってきています。

そのため、プログラミングのできる人材にはとても需要が高まっているのですが、実際はその技術者はまだまだ足りません。

そこで小学生からプログラミングに関わることで、その技術者のたまごを早いうちから育成しようという取り組みです。

もう一つの理由として、物事のとらえ方や考え方の教育に最も効果的だからという理由があげられます。

プログラミングは簡単に言えば、「こうしたい!こうなりたい!」という理想を自分の手で実現させるというもの。

実際に手を加えながら、どうしたら理想に近づけるかを考えて、見直す力が身につけられるということですね。

簡単に…とは言ったものの、何だか難しそうだしどんな授業になるのか気になりますね!プログラミング教育についてまとめてみました。

新しい科目が増えるの?

小学校では、5年ほど前から「英会話」の授業を取り入れている学校が多くあります。

そのため、また教科が増えたら時間割はもっと厳しくなるのではないかと思っているかたも多いのではないでしょうか。

実際に「ゆとり教育」が終わってからはどんどん授業内容が難しいものに変わってきています。

今の高学年に話を聞くと、「え?もうそんなこと習ってるの?」と驚くほどですよね。

これ以上増えたら、ちょっとかわいそうじゃない?と思う方も少なくないでしょう。

これ以上は…なんて思っている方、そんなことはありませんよ。

プログラミングが必修化されても、「プログラミング」という科目が追加されるわけではありません!

プログラミングはもともとある授業内容にそれぞれ割り当てて、その考え方を学ばせるというものになっています。

それぞれの授業とプログラミング

プログラミング教育は学校によって、独自で決めて良いとされていますが、実践にあたって教科ごとに文部科学省が授業例をあげているので、その内容を参考に科目とプログラミングの関係をまとめてみました。

<算数で学ぶ>

プログラミングはやはり、理数系に近い内容なので「算数」でも大活躍しそうですね!

例えば、図形の作図です。

展開したり、動かしてみたりすることでプログラミング的思考と数学力を鍛えることとともに発見と楽しさに気づいてもらおうという感じです。

<理科で学ぶ>

実際にプログラミングされているのはどんなものがあるのか、またそれはどういった原理で動いているのか考えながら、効果的な電気エネルギーの利用法などを学習していきます。

学習キットなどの道具を用いて、自分たちでどのような仕組みで成り立っているのかを目で見て、確かめながら学ぶことでより理解することができると考えられているようです。

<図工や音楽のような実技で学ぶ>

図画工作ではプログラミングを取り入れることによって、より実用的で複雑な構造も可能になります。

子どもたちの豊かな発想力を活かして、どうしたら実現に近づけるのかを考えたり、実際に形にできる喜びを学んでいこうということもできます。
音楽でも、ツールを利用して子どもたちの力で創作させることができます。

想像力を大いに働かせて思うような音にはどうやれば近づくのか、いろんな音を聞いて、自由に組み合わせることで音が音楽に変わる楽しさを学ぶこともできます。

プログラミングをもっと身近に

このような授業にプログラミングを応用するだけではなく、「総合的な学習」の時間を利用して、自分の周りにはどんなものにプログラミングがされているのか探してみたり、どんなプログラミングがされているのか考えることでプログラミングをより身近に感じさせ、その良さに気づいてもらうこと。

またプログラミングを体験することで、今までよりも深く考え、イメージを膨らませることもできます。

プログラミングの存在が身近になることで、近い未来をどう変えていきたいか具体的な夢を持つこともできるのです!

子どもらしさが活きる

プログラミング教育によって、プログラミングが自分たちの生活に深く関っていることを知ることで、もっと暮らしに役立つ理想やイメージがより具体的に見えてくるようになります。

子どもらしい想像力と好奇心を活かして、新しいことを創造する楽しさをもっと身近に感じてほしいという願いがあるんですね。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る