未来のキャリアを変えるプログラミングスクール『TECH BOOST』AI、IoT、ブロックチェーンなど最新技術も学べる!

子供の将来に差がつく!2020年プログラミング必修化の背景とは?

Pocket

2020年にプログラミング教育が小学校で必修化されることをご存知でしたか?

なぜ国がプログラミング教育を必修化したのか‥その背景を考えながら、今回は「なぜ小学校でプログラミングが必修化されるの?」という疑問や、「どのように学校教育が変わるか」など、様々な意見をお伝えしていきます。

プログラミング必修化の目的は?

文部科学省によるとプログラミングを必修化する目的としては、「子供たちにコンピュータに自分が考えた動きをさせるように指示することが出来るということを体験させながら、将来的にどんな仕事をするにしても、将来求められる力としての『プログラミング的思考』などを育成するもの」とされています。
要するに、パソコンで行うプログラミングだけではなく、他の職業や生きていく上でも必要とされる思考的な面も考慮して、子どもたちに早い段階でそのような思考に触れされたいということですね。

プログラミング教育の必修化の背景って?

現代において日本は少子化や人口減少が問題となっています。しかし、個々のスキルが高ければ経済的な利益を少数で産むことは可能ですよね。

これからますますIT社会になることを踏まえ、日本人がIT技術を活用出来れば新しいビジネスチャンスが生まれるだろうと考えられています。

しかし、IT市場はどんどん広がっていくのに肝心なプログラマーなどの技術者は不足しています。2030年には79万人の人手不足に陥ると見込まれていると言います。

そこで、小学校からプログラミングを学び、子どもたちにプログラミングをすることを身近なものに感じてもらうというのが狙いのようです。

小学校ではそのような授業が行われるの?

プログラミングが必修化と言われておりますが、実際は「プログラミング言語を使ってプログラミングを学ぶ」ということではありません。
小学校低学年ではiPadを使って、学習アプリの計算などをやったり、Viscuit(ビスケット)というツールを使って、通常難しいプログラミング言語を使わず、絵でプログラムをつくり実行させて絵を動かすなどの授業が行われるようです。
まずは、パソコンやタッチペン、iPadなどの機器に触れる事に慣れるというところから始まるようですね。
高学年になると言語や操作方法がより具体的になって、「論理的に」「新しい発想」で、ものづくりを行うためのグループ作業を学んでくような授業になるようです。

そしてインターネットを使う際の情報モラルについても授業をして、インターネットを適切に使えるように学習をするというカリキュラムになるとみられています。

中学校、高校でも必修科目になる

中学校でも2021年に必修科目になるとされています。

中学校では技術や家庭科の授業でインターネットを使う基礎・モラルについて学習します。
高校では情報の授業で、情報とは何か、IT会社のコミュニケーション・IT技術が進歩すると社会にはどのような影響があるかを習います。

実技的な面ではプログラミング・データーベースといった内容を勉強します。

プログラミング必修の目的

実際は難しいプログラミング言語を使って、複雑なプログラミングについてのスキルをつけることが目的の授業というわけではなく、身近に使っているものはプログラㇺによって動いており、便利に使っているのはプログラミングされている為であると理解していくことが目的のようです。
まずは触れる、体験するという機会をしっかり教育の場で与えることが目的でもあります。

指導する先生方は?

現在疑問に思われていることは、学習の時間やレベルが各学校によって差が出てしまうのではないかという点です。詳細についてはこれから決まっていくので、詳しく指導要領が発表されないと…という状況です。

このほかにも「授業の確保」「研修制度・研修時間」・「指導人材の確保」があげられます。
今ある授業・今までと同じ時間に入れ込むので、先生たちは試行錯誤しなくてはならないのです。

先生方の長時間労働が深刻化し問題視されています。

そこで研修や授業研究の時間がつくれるかが課題になっています。

保護者の考え

賛成・どちらかと言えば賛成という方が46.5%を占めています。

将来の職業選択肢が広がる・IT社会の基礎が身につくなどのが賛成の理由のようです。

そして今では10人に1人がプログラミング教室に通っていると言われるくらい、一般的にも注目されています。

保護者の方々もプログラミングに関心がある方が増えていることがわかりますね。

未来のIT社会へ向けて

プログラミング教育の必修化は、プログラミングを出来るようになるということよりも、【将来のIT社会で活躍する為のプログラミング思考を身につけること】が大きな目的の一つと言えます。
海外でプログラミング教育の必修化がすすんでいますので、日本でもこれからますます重要視されていくかと思います。

必須科目になる前に、個人でも少し触れてみてはいかがでしょうか?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る