1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

数学が苦手でもプログラマーになれる?どんな分野で必要になるのか?

Pocket

はじめに

やっぱりプログラマーになるには数学が必要だと思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、プログラマーは理数系出身の方が多いといわれていますが、文系出身のプログラマーの方も少なくありません。数学はプログラマーにとって必ずしも必要なものではないのです。
プログラマーと一口にいってもさまざまな仕事があるため、仕事の分野によって数学が必要になるかどうかは変わってきます。

この記事では、数学が必要になるのか判断したいプログラマーの方のために、数学が必要になるプログラミングの分野についてお伝えしていきます。
ぜひご一読して、数学を深く学ぶべきなのか判断して下さい。

プログラミングには数学は必要ない?

プログラミングには高度な数学知識が必要だと思っている方もいるかもしれませんが、実際のところ中学・高校レベルの数学知識があれば十分なのです。
ほとんど算数のレベルだといってもいいかもしれません。

高度な数学知識が求められるのは専門的な分野に従事したときのみであり、一般的にはそれほど数学知識は必要とされません。
たいていは四則演算レベルの処理を書く程度でしょう。

それでは、どのような分野のプログラミングに数学知識が必要とされるのでしょうか。次項から説明していきます。

分野1:ゲーム開発

ゲームを作りたくて、プログラマーになる方も多いのではないでしょうか?
現在はスマートフォンゲーム開発が盛んで、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンの普及により個人でもゲーム開発に参入できるようになっています。

ゲーム開発では、座標計算や移動速度の計算など、数学知識を必要とする場面が数多くあります。
ある程度はゲームエンジン側が処理してくれるものの、まったく数学知識が不要なわけではありません。
三角法やベクトル、行列、物理計算など、高校・大学レベルの数学知識が必要とされます。

最近では2Dのゲームであっても3D空間に作られていることも少なくないため、前述のような知識を必要とします。

分野2:統計処理

近年、データサイエンティストが注目を集めており、大量のデータを分析して、企業に必要な情報を提供しています。分析した結果は、マーケティングや製品の改善方法などの判断材料になります。
いわゆる「統計学」といわれる分野です。

統計学を理解するには、二次関数や微分、積分などの高等数学を深く理解している必要があります。
また、統計処理で導き出す答えには明確な正解はありませんので、ひらめきや直感も必要になってくるでしょう。

RやPythonなど、統計処理によく使われるプログラミング言語は決まっているため、適切な言語を選ぶことも大切です。

分野3:機械学習

機械学習は人工知能(AI)の一分野で、大量のデータをAIに学習させて、未知のデータを分類したり、未来の予測を行ったりします。
たとえば、写真の分類や販売予測などです。
最近ではAI分野にグーグルやアマゾン、トヨタなどの大手企業が次々参入し競争が激化しています。

機械学習では、大学・大学院レベルの高度な数学知識を使い、人工知能を構築していきます。
TensorFlowなどのフレームワークに数値計算を任せることはできますが、それでも元になっている数学理論を理解していなければ使いこなせないでしょう。

2045年にはシンギュラリティー(技術的特異点)が訪れ、人工知能が人間を超えるとまでいわれていますので、これからの発展に期待が持てる分野です。

まとめ

一般的なプログラミングにおいて、それほど数学知識は必要とされません。
中学・高校レベルの数学知識で十分通用します。

一方で、専門的な分野のプログラミングに従事する場合には高度な数学知識が求められます。
大学・大学院レベルの数学知識が必要になるでしょう。

自分の目指すプログラマー像をイメージして、どの程度の数学知識を持つべきか考えてみましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る