1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

プログラムを作ろう!…で、何から始めればいいの?(IDE準備編)

Pocket

プログラミングを始めたい! という人にとって、その目的や最終到達地点は様々あると思います。それは、単に頭の体操として、適しているからという、ご年配の方かもしれません。実際、プログラミングは、ある種、パズルを解く(というよりは組み立てる)作業ですので、最適かもしれません。あるいは、「頭を鍛えたい!」という理由はいっしょでも、パズル好きな人にはお勧めです。「何でも自分の思い通りに動く」ものは、この「プログラミング」以外では世の中にそう多くは存在しないと思います。

1.まずは、ブレずに、ターゲットを絞ろう!

プログラミングの世界は、実はとてつもなく幅広く、しかも奥が深いのです。

ざっとご紹介すると、ツイッターやフェースブックの簡易カスタマイズも、プログラミングの入門的要素もありますし、インスタグラムやプリンタレストなどの投稿が自在にできるだけでも、ある意味、プログラミング的要素があります。

ちょっと話を進めると、ブログをやっている人は、そのデザイン、もっと進んでレンタルサーバを借りて、ワードプレスなど、独自Webサイトを立ち上げているなど人は、そのスキルはもう十分、「プログラムを作っている」に相当するかもしれません。

そして、それをさらにもう一歩、進めると、本格的な「プログラミング」の世界へ入ってゆくことになります。
HTMLを理解して、自由に自分のWebサイトのデザインをする。それを応用する形で、アンドロイドアプリ、そして、iPhoneアプリの開発。それをさらに応用するとデータベースシステムの構築や音声認識システム・・・。

入り口が多いからこそ、何から始めればいいのか? まず、最初の悩みどころであります。

2.到達目標から、スタート地点を考察してみよう!

プログラミングの楽しさを満喫したい…。そういう目的であれば、こういうストーリーはどうでしょう?

到達目標

スマホのアプリ開発(たとえば、画面に出てきた仮想キーボードを押すと、
音が出るシンセサイザーみたいなものを作る!)ターゲット:Android端末

必要なスキル

言語習得(Java)、「統合開発環境IDE (Integrated Development Environment) 」
の設定、使い方の習得、Androidアプリの特性

上記案をざっくり説明します。

まず、Android端末用アプリがプログラミングの入門者のターゲットとして、ちょうどいいと判断しました。その理由がいくつかあります。Android端末は、皆さんご存知かと思いますが、Google社が開発したシステムです。Google社は、このシステムをオープンにし、ソフトハウスなどのプロだけでなく、一般のアマチュアでもアプリ開発ができるよう考慮しています。

たとえば、Androidアプリ開発専用のIDE「Android Studio」を開発し、Googleのサイトから無料でダウンロード、インストールして使用することができます。この「Android Studio」は、非常に強力で、デバッガだけでなく、Android端末のエミュレータ(PC上でプログラムの動作確認ができる仮想端末)なども同梱されているスグレものです。

Android Studioは下記からインストールできます。
公式ページ

プロスタではAndroid Studioのインストール方法と使い方をまとめてありますのでそちらもご覧ください。
【Android入門】アプリ開発環境「Android Studio」のインストール方法
【Android入門】開発ツール「Android Studio」の使い方

3.AndroidアプリとJava言語

実際にAndroidアプリを作ろうとした場合、Android Studioが出現する前、統合開発環境(IDE)には、Eipseというツールが当てがわれていました。それは、Andridアプリの中核となる言語にJavaが使われていることに起因します。

EclipseはAndroidの出現以前からあり、特にJava言語でプログラミングをする場合に一番威力を発揮すると言われていました。プログラミング言語Javaは「オブジェクト指向」と呼ばれるスタイルの言語です。この「オブジェクト指向」とは複雑な処理をいかに簡単に正確に記述できるかということに注目して開発された、最新のプログラミングスタイルの言語です。

AndroidシステムがこのJavaを導入しているのは、時代の要請ともいえるでしょう。これから新たにプログラミングを学びたいという人に、C言語(あるいはそこから派生したC++)から始めるべしという意見が多いようですが、私は初めから完全な「オブジェクト指向」として開発された言語であるJavaを、お勧めします。それは、これから、自力で「プログラミング」ができるかどうかが、「オブジェクト指向」が理解できるかどうかにかかっている、それほどこれが重要なキーワードであるからです。これも、Androidアプリ開発がプログラミングの入門者には適しているのでは、と思える理由のひとつです。

おすすめ記事
Android(アンドロイド)アプリ開発を学べるスクール15選
人気No.1言語!Javaを学べるプログラミングスクール

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る