1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

PHPプログラマーなら身につけておきたい技術5選!

Pocket

はじめに

PHPにも他の言語と同じく、さまざまな技術が存在しています。
PHP言語そのものだけでは実践的なプログラミングは難しいので、
関連する技術も身につけておく必要があります。
それでは、PHPプログラマーにはどんな技術が必要とされるのでしょうか?

この記事では、PHPプログラマーの方のために、PHP関連のオススメ技術を紹介していきます。
まだ身につけていない技術があったらぜひ習得しておきましょう。

Laravel(フレームワーク)

Laravelは、PHPフレームワークの中では比較的新しいですが、にわかに人気を集めています。
日本ではまだ広く普及してはいませんが、海外では最も注目されているフレームワークです。
MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャを採用しており、ビジネスロジックを分離した見通しのよいコードを記述できます。

公式サイトには見やすい日本語のドキュメントが整備されており、
英語が苦手な方でも使い方に困ることはないでしょう。
まずは、クイックスタートから始めてみることをオススメします。

「Laravel リファレンス/新原 雅司/インプレス」などの書籍で勉強するのもよいでしょう。

Laravel:http://laravel.jp/

CakePHP(フレームワーク)

CakePHPは、歴史が長い日本で最も人気のあるフレームワークです。
日本での採用数は最も多いのではないでしょうか。
Laravelと同じくMVCアーキテクチャを採用しており、
規約に従ってプログラミングしていくだけでキレイなコードが書けます。
最新のPHP 7.1にも対応しているので安心して使えます。

APIリファレンスは英語ですが、日本語のドキュメントも用意されているので入門には困りません。
書籍としては「PHPフレームワーク CakePHP 3入門/掌田 津耶乃/秀和システム」が3.x系に対応しているのでオススメです。
また、長らく人気を集めているフレームワークなのでウェブ上の情報も豊富です。
学習に行き詰まったら、ネット上で情報を集めてみましょう。

CakePHP:https://cakephp.org/jp

 Composer(パッケージ管理)

Composerは、PHP用のパッケージ管理システムです。
プロジェクトではさまざまなライブラリやフレームワークを使用するため、
毎回それらを手作業でインストールするのは面倒です。また、ライブラリ間の依存性の管理やバージョンアップなど煩雑な作業ではミスが発生しやすくなります。
Composerを使えば、コマンドひとつで自動的に作業をこなしてくれるため、手間もミスもありません。

前述のLaravelやCakePHPも公式のインストール方法としてComposerを使っています。
他にも便利なパッケージが多数公開されていますので、
どんなパッケージがあるか探してみるとよいでしょう。
その際には、公式サイトのパッケージ検索「Packagist」が便利です。

Composer:https://getcomposer.org/

 LAMP(開発環境)

LAMPは、Linux・Apache(HTTP Server)・MySQL・PHPの頭文字を表しています。
つまるところ、PHPの代表的な実行環境ということです。
PHPを動作させるには実行環境が必要なので、開発を始める前に用意しておく必要があります。
一つずつインストールしてもいいのですが、まとめて導入したほうが楽でしょう。

幸い「XAMPP」というPHP環境を一括でインストールできるソフトウェアが無償で公開されています。
XAMPPではデータベースとしてMariaDBというMySQLから派生したデータベースが使われていますが、MySQLと互換性があるので心配いりません。

また、Windows・Mac・Linuxに対応しており、環境を選びません。
ローカルマシンを汚したくないという方は、VirtualBoxなどの仮想化ソフトを使って仮想環境を構築しましょう。

XAMPP:https://www.apachefriends.org/jp/index.html

 PSR(コーディング規約)

きれいなコードを書きたいなら、コーディング規約に従うことをオススメします。
コーディング規約は、保守しやすい見通しのよいコードになるように考えられています。
PHPの代表的なコーディング規約としてはPHP-FIGが公開している「PSR」が挙げられます。

PSRはいくつかの分類に分かれており、部分的に導入することが可能です。
原文は英語ですが、よく使われるものは日本語訳がネット上に公開されていますので参考にしましょう。
英語でもサンプルコードを見ればある程度理解できるでしょう。

PSR:http://www.php-fig.org/psr/

まとめ

PHPは歴史が長く、比較的安定した言語ですが、現在でも定期的なアップデートが行われています。
最新のメジャーバージョンである7.x系では高速化が図られ、言語仕様も拡張されています。
今後もバージョンアップは続きますので、最新情報に目を光らせておきましょう。
また、脆弱性にも注意が必要です。
セキュリティについての知識も得ておくとよいでしょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る