1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【保存版】未経験者がエンジニア求人を見つけ、転職成功するためにやるべきこととは

営業だった私が2ヶ月でSEになるまでの話
Pocket

未経験でもエンジニアとして活躍できる!IT系求人は過去最高基準に

ここ最近、未経験でもエンジニアになることができるルートが急激に拡大していることを知っていますか?近年は転職倍率の低下や企業のIT投資が進んでいる影響からエンジニアの需要は高く、IT業界の求人倍率(転職者一人あたりの求人数)は他業界と比較しても圧倒的に多い数字となっています。
転職求人倍率 (図①2016年1月発表の転職求人倍率。IT業界は緑の線)
実際、業界全体で慢性的な人手不足の状況から未経験でも採用後に育成にあたる企業も多く、それゆえエンジニア未経験の求職者でもエンジニアの職を手に入れることができるケースが増えてきています。また、それをサポートする転職サイトやプログラミングスクールもここ最近で急増しており、エンジニアや企業のIT担当としての仕事を手に入れたいなら今がチャンス!という格好の状況になっているのです。

とはいえ、エンジニアの転職においてはまだまだ同職種間の転職が一般的ですので、未経験者の方はプログラミングの学習や企業研究などしっかりと対策をして転職活動に臨む必要があります。そこで初心者向け情報サイト「プロスタ」では、未経験の方がエンジニアになるにあたって知っておきたいことを2つの観点から紹介します。

未経験者がエンジニアに転職するために知っておきたいこと

  1. エンジニアのやりがい
  2. エンジニアの心構え

未経験者がエンジニアに転職するために①「学ぶ」

  1. <スクール①>マンツーマンオンラインレッスンの新定番!Codecamp
  2. <スクール②>28年の実績に裏打ちされた育成ノウハウ!KENスクール
  3. <スクール③>無料でプログラミングできるスクールが実在していた!0円スクール
  4. <スクール④>就職率は驚異の97%!3か月におよぶ熱血指導がウリのAxiz沖縄
  5. <学習サイト①>Webサービスを作りながらプログラミングを学ぶ!Progate
  6. <学習サイト②>自分が打ったコードが転職活動で評価される!Paiza

未経験者がエンジニアに転職するために②「求人を探す」

  1. <転職エージェント①>転職サイトの超定番!リクナビNEXT
  2. <転職エージェント②>エンジニアに特化した求人サイト!レバテックキャリア
  3. <転職エージェント③>エージェントのカウンセリング能力に定評あり!マイナビエージェントIT
  4. <転職エージェント④>コンシェルジュからの専門的な知見と丁寧なサポートがウリ!ワークポート
  5. <求人サイト①>Facebookで転職活動する新スタイル!Switch
  6. <求人サイト②>Web業界の情報を深く知りたい方へ!Find Job!

エンジニアのやりがい

エンジニアという言葉は幅広い技術を指す用語ですが、大きくネットワークなどインフラ系エンジニア、SEなどの業務システム系エンジニア、データベース系エンジニア、Webサイト制作に関わるフロントエンジニアなどに分けることができます。

今後世界のIT化はとどまることなく進むことが予想されており、エンジニアとしての高いプログラミング能力とその経験があると、高い給料や最先端の実務に取り組めるやりがいを得ることができるでしょう。また、手に職をつける技術を持つことにより、もし働いている会社が倒産してもフリーランスや個人での受託など、生計を立てる選択肢が広がるのは間違いありません。

また、エンジニアとして働く中で「自分の手で製品を作り上げることができる」「自分の力で大きなシステムを支えている」という実感を味わうことができるのはエンジニアならではの魅力でしょう。

エンジニアの心構え

ですがその一方で、エンジニアは仕事のやりがいが大きい分個人への負荷が大きい職業だと言えます。特に未経験からエンジニアに採用される場合、その人の学ぶ意欲やポテンシャルを評価されており、社内では人一倍努力してプログラミング能力やコミュニケーションスキルを身に付ける必要があります。また、打ち合わせやコーディングなどの作業も多く、もし深夜にシステムが止まったら即対応する必要がある…なんてこともあり、必ずしもメリットばかりではないことを知っておく必要があります。プログラマーになるという自分の理想を実現するためには尋常ではない量の勉強が必要だということを忘れてはならないでしょう。

未経験者がエンジニアに転職するために①「学ぶ」

では、未経験者がエンジニアになるためには何をすべきなのでしょうか。未経験でエンジニアになるためにまず大切なことは、プログラミング言語の学習です。近年は採用後にプログラミングの研修を実施する企業が多いものの、プログラミングへの基本的な理解やコーディングに慣れておくことは非常に重要です。

プログラミング言語の学習方法としておすすめなのがプログラミングスクールでの学習です。プロスタでは「エンジニアになる前にプログラミングの技術をつけておきたい」と考える方には、一度プログラミングスクールへ進学してじっくりとエンジニアの素養を磨くことを推奨しています。スクールでは業界最先端のプログラミング技術を学ぶことができ、さらにはプログラミング経験ゼロの初心者でも理解できるまでじっくりと講師からの指導を受けることができる点が特徴です。さらには、生徒に対してプログラミング能力の育成からエンジニア業務の体験、就職のあっせんまで行っているスクールも多く、学んだことをすぐ現場で発揮することも可能でしょう。

ここではプロスタで紹介している数多くのスクールの中から、特に人気が高い4校を紹介します。また、忙しくてスクールに通えない、という方はプロスタでおすすめしている書籍や学習サイトを活用するのも良いでしょう。

<スクール①>マンツーマンオンラインレッスンの新定番!Codecamp

CodeCamp

Codecampはオンライン上で現役エンジニアから完全マンツーマン指導でプログラミングの指導を受けることができるプログラミングスクールです。1回の授業は40分で受講時間は23:00までと、忙しい社会人でもスキマ時間を活用できる仕組みになっています。受講生の大半は非エンジニアであり、社内のエンジニアと円滑にコミュニケーションを取れるようになりたい、転職や起業の手段としてプログラミングを学びたい、という方が多く参加しています。無料体験も随時実施しているため、まずは一度実際に授業を受けてみることをオススメします。なお、2016年2月にはマンパワーグループの派遣登録者向けのスクールになり、マンパワーグループに登録すると受講料を割引することができます。
Codecampの詳細を見る

<スクール②>28年の実績に裏打ちされた育成ノウハウ!KENスクール

KENスクール

28年もの間で7000人以上の卒業生を輩出し、83%もの就職率を誇るプログラミングスクールです。入学当初からキャリアカウンセラーが担当としてキャリアカウンセリングや受講状況の管理を行っており、プログラミングを学ぶことに不安がありサポートを受けながら学びたい人にオススメのスクールです。780を超えるパートナー企業との提携していることから就職支援も手厚く、専任キャリアカウンセラーの個別カウンセリングとさまざまなセミナーを活用することで理想のエンジニアに近づくことができるでしょう。
KENスクールの詳細を見る

<スクール③>無料でプログラミングを学べるスクールが実在していた!0円スクール

0円スクール

 0円スクールは、入学金、受講料、教材費など一切かからずにプログラミングを学ぶことができる画期的なスクールです。主にJavaの指導を行っており、資格取得の支援も積極的に推進しています。卒業生は運営会社であるバンキングシステムズで正社員採用を行っており、卒業生の90%以上が正社員として活躍しています。プログラミングを使って社会で活躍したいけど予算はあまり出せない…とお悩みの方におススメのスクールです。
0円スクールの詳細を見る

<スクール④>就職率は驚異の97%!3か月におよぶ熱血指導がウリのAxiz沖縄

Axiz沖縄

Axiz沖縄では、約3ヶ月で未経験者を現場で活躍できるシステムエンジニアに育成するプログラミングスクールです。過去の卒業生は400名以上おり、卒業生の就職成功率はなんと99%に上ります。また、「未経験の職歴ナシは26歳がラストチャンス」という考えがあり入校年齢を26歳までに限定している点が特徴です。環境を変えて勉強することはストレスに感じることもあるかもしれませんが、時間を取って集中的にシステムエンジニアになるための素養を積みたいと考えている方にオススメです。
Axiz沖縄の詳細を見る

<学習サイト①>Webサービスを作りながらプログラミングを学ぶ!Progate

Progate

 プログラミングスクールに通うことが現時点で難しい方は、まずプログラミング学習サイトから取り組んでみると良いでしょう。Progateはオンライン上でHTML、CSS、jQuery、PHP、Rubyを無料で学習できるWebサービスです。スライドで基礎知識を学習し、スモールステップでWebサービスを作り上げる体験ができます。Progateの学習を一通り終えれば、自分の力でWebサービスを作成する基礎力が身につくでしょう。ゼロからプログラミング言語を学びたいと考えている方にオススメです。
記事はこちらから

<学習サイト②>自分のコードが転職活動に役立つ!Paiza

paiza

 Paizaは独自の測定メソッドにより自分のプログラミングスキルを客観的に測定し、そのコードをもとに転職活動を行うことができる学習サイトです。求人ページでは、募集しているポジションや職務内容などの求人情報が記載されており、中にはスキルチェックで一定のランクを超えると閲覧可能な項目もあります。また、サイト内には無料のPHP講座もあるため、日常のプログラミング学習にも役立てることも可能です。自分のスキルが他のエンジニアと比べてどれほどの位置にあるのかを調べたい方や、自分のプログラミングスキルの腕試しをしたい方にオススメです。
記事はこちらから

未経験者がエンジニアに転職するために②「求人を探す」

未経験の方がエンジニアになるための2つ目の方法は、転職サイトの活用して自分に合った求人を見つけることです。求人を探す方法として、大まかに転職エージェントまたは求人サイトに大分することができます。

転職エージェントとは、転職を知り尽くしたエージェント(人材会社の社員)が転職希望者と志望企業の選定から面接の調整まで二人三脚で転職者を支える人です。転職エージェントは担当企業のエンジニア採用事情を知り尽くしているため、入社後のミスマッチを最小限にできる点も大きなメリットですが、時間がかかってしまう難点もあります。

求人サイトとはサイト上で企業求人と求職者がマッチングを行うもので、企業選定から応募~面接までのフローを1人で進めます。転職サイト上では未経験でもエンジニア採用をしている求人をすぐに調査、比較ができるのが便利ですが、情報量に限りがあるためにミスマッチが起こりやすいことが特徴です。入社後のイメージと現実に齟齬があると、「未経験がウリの企業に入ったら、業務や社内の雰囲気が想像以上にきつく耐えられなくなって退社してしまった…」というような悪い転職になってしまう例も多く見られます。

また、転職サイトごとに特徴や強みが異なっているため、多くの転職希望者は1つの媒体だけでなく、複数の転職エージェントや求人サイトに登録して自分に合った求人を探しています。自身の理想と転職先のギャップを最初限にするためにもこれから紹介する転職サイトを使いこなして自分の条件に合ったエンジニア案件を探しましょう。

<転職エージェント①>転職サイトの超定番!リクナビNEXT

リクナビNext

リクナビNEXTは利用者数日本No.1のサイトで、転職者のほとんどが見ていると言っても過言ではない転職サイトです。日本最大級の求人の数と質があり、サイトとエージェントを活用することでスピード感を持って転職先を決めることができるでしょう。未経験エンジニアの求人は2016年2月現在で626件です。
リクナビNEXTの詳細を見る

<転職エージェント②>エンジニアに特化した求人サイト!レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、独自の高給与求人を多く保持するWeb業界・エンジニアに特化した転職エージェントです。大手人材会社とは異なりすべてのエージェントがエンジニア職の転職に特化しており、求職者一人ひとりに丁寧なキャリアカウンセリングを行うことでも有名です。まったくのエンジニア未経験者を募集する求人は少なく、独学でのアプリ開発などの経験が必要となる案件が多くなっていますが、エンジニアとしてのキャリアを目指す方は登録しておいて損はないサイトでしょう。
レバテックキャリアの詳細を見る

<転職エージェント②>エージェントのカウンセリング能力に定評あり!マイナビエージェントIT

マイナビITエージェント

マイナビエージェントITは、40年以上の歴史を持ち転職サイト満足率No.1のマイナビ社が運営しているエージェントサイトです。マイナビエージェントITの80%が非公開求人で、求職者と一人ひとりキャリアカウンセリングをする中で、自分の理想に合った求人を紹介してくれます。エージェントはIT業界を専門としており、業界全体の採用傾向や転職事例について多くの知見を持っています。未経験からエンジニア職への転向をお考えの方は一度エージェントに会ってキャリアプランについてじっくり考えてみることも良いでしょう。
マイナビエージェント×ITの詳細を見る

<転職エージェント③>コンシェルジュからの専門的な知見と丁寧なサポートがウリ!ワークポート

ワークポート

ワークポートでは、エンジニアの仕事について専門的な知見を持ったコンシェルジュがカウンセリングから企業との面談予約まで徹底したサポートを受けることができる転職サイトです。エンジニアの採用を知り尽くした専門家にサポートを受けながら転職活動を進めたい方にオススメです。未経験エンジニアの求人は2016年2月現在で367件です。
ワークポートの詳細を見る

<求人サイト①>Facebookで就活する新スタイル!Switch

Switch

Web業界に特化した、Facebook上で企業からスカウト通知をもらえる求人サイトです。入会や退会の余計な手間なく情報をキャッチできるので、忙しいビジネスマンでも賢く活用できます。Web業界全般に特化しており、エンジニア以外の職(管理部門、営業部門など)も充実している点が特徴です。ログインの手間などがなく手軽に活用できるので、まずは自分に合った求人を手軽に探したい…と考える方におススメの求人サイトです。求人数は2016年2月時点で1138社掲載されています。
Switchの詳細を見る

<求人サイト②>Web業界の情報を深く知りたい方へ!Find Job!

find job!

Find Job!はWeb業界の優良企業の求人を多数取りそろえている求人サイトです。企業から直接スカウトをもらえるスカウト機能があり、自分に合った企業をピンポイントで見つけ、すぐ応募することができます。また、特集記事では企業の文化、戦略について詳しく取材がされており求職者と企業の距離を近づけるコンテンツが豊富であることも特徴です。アルバイトやインターン業務の募集もあり、未経験求人は2016年2月現在で140件掲載されています。
Find Job!の詳細を見る

おわりに

いかがだったでしょうか。エンジニアとしてのキャリアを歩むためには、転職活動を進めるだけでなく計画的にプログラミングの学習に取り組むことをおススメします。エンジニアは言語やフレームワークなどの潮流が早く、何歳になっても学び続ける姿勢が求められるため今のうちからプログラミング学習に取り組む習慣をつけることは非常に重要です。学習の際には一つのサービスや選択肢に縛られるのではなく複数のサービスを使い、様々な視点を取り入れながら学習に励むと少しずつプログラミング技術が身につくでしょう。

プロスタでは、プログラミングスクールや言語ごとの書籍、プログラミング学習サイトの紹介など、プログラミング学習者に役立つコンテンツを提供しています。エンジニアになった後も常日頃から勉強する姿勢が求められるので、ぜひプロスタを活用してプログラミングの学習に励んでみてください。一人でも多くの方が将来エンジニアとして活躍する未来を願っています。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る