1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

プログラミング学習のモチベーションはどう保つ?

パソコンの前で落ち込む女子高生
Pocket

プログラミングを勉強している初心者の方の中の悩みとして上位にくるものの一つに「モチベーションの維持の仕方がわからない」というものがあります。これまでプログラミングを習得するためにはどのようにモチベーションをコントロールして行けば良いのでしょうか。これからやる気を維持するためのポイントを7つに分けて解説していきますが、1〜4は現状の勉強法自体は変えないままできる内容で、5〜7は勉強法自体を変える方法です。それでは、説明していきます。

プログラミング学習のモチベーション維持法7つ

  1. 目標を設定して細分化する
  2. 学んだことをアウトプットする
  3. 学ぶ環境を変える
  4. プログラミング系イベントに参加する
  5. 動画の学習サイトを使ってみる
  6. ゲーム性のある学習サイトを使う
  7. スクールに通ってみる

1.目標を設定して細分化する

1つ目はまず目標を設定して、その目標を細分化して日々の学習に落とし込みことです。ありきたりですが、これは非常に重要なことです。現在エンジニアやプログラマーをされてる方に「なぜプログラミングを勉強し始めたのですか?」と聞くと、「作りたいサイトがあったから」「自分でサービスを作ってみたかった」などと返ってきます。このように明確な目標を設定し、その目標を達成するために必要な技術を列挙し、日々勉強する事柄に落とし込んでいきます。また、目標には期限を設けることがポイントです。期限をつけず、「いつかできるようになりたい」という程度に思っていても、ずっと目標を達成することができません。

【オススメ記事】
➡︎ 【決定版】初心者がwebサービス・アプリを作ってみた!厳選50選

2.学んだことをアウトプットする

これは書籍やWebサイトで学んでいる方は特に意識すべき事柄です。プログラミングスクールで学んでいると、定期的に課題が出てそれまでの学んだことの理解度を測るように工夫されますが、書籍などは基本的にそのまま読み進めるだけでも学習は進めることができます。しかし、文字をみて理解して進んでいるだけでは、結局その勉強によって何ができるようになったのかという実感が湧きません。実際にエディタにコーディングして、簡単な物でもプログラムを作ってみましょう。例えば、paiza.ioなどの無料オンラインエディタを使えば、環境構築せずに様々な言語のエディタとして使うことができます。

3.学ぶ環境を変える

些細なことではありますが、普段学んでいる環境を変えてみるのも一つの手です。いつも家で勉強している方はカフェに行くなど場所を変えることも効果的ですし、普段と少し違う音楽を聴きながら作業するのも良いでしょう。あるいは、すでにエンジニアとして活躍している人と一緒に学習してみましょう。

4.プログラミング系のイベントに参加する

勉強と気分転換兼ねて、1日〜2日程度で終わる短期間で完結するプログラミングのイベントに行ってみるのも良いでしょう。例えば、TechAcademyでは頻繁に短期間のプログラミングイベントがありますし、ストリートアカデミーなどを使ってみても良いでしょう。学んでいる言語に関連するイベントに参加することで、数日といえどプロから確かな知識を学ぶことができ、より高い視点でプログラミング学習に励むことができます。また、イベントには自分と同程度のレベル感の参加者がいるので、話をする中で悩みや楽しみを共有して気分転換することができるでしょう。

5.動画の学習サイトを使ってみる

schoopaizaドットインストールなど動画がメインのプログラミング学習サイトを使うのも一つの手です。schooでは単にコードの書き方を学ぶだけでなく、その言語の周辺知識を学べる楽しい動画コンテンツも沢山上がっているので、楽しみながら知識をつけることができます。paizaでは、動画を見た後にその動画を観て学んだことを問う課題が出てきて、それを解きながら学習を進めるので楽しみながら勉強できます。また、自分の書いたコードを企業が観て良さそうであれば、エンジニアとしての転職のチャンスも十分にあります。

6.ゲーム性のある学習サイトを使う

Progateでは学習したことをベースに課題を解いて勉強を進めていくタイプのサイトで、進んでいくと自分に経験値が溜まっていき、自分がこれまでどれくらい学んできたかをグラフで一目で確認することができます。また、コーディング道場は、ユーザー同士でプログラミングに関する問題を出したり解いたりしてコミュニケーションをとりながら勉強することができるので、普通の勉強とは一味違います。

7.スクールに通ってみる

上記の方法を試してもモチベーションが保ることができなそうであれば、プログラミングスクールに通うのを検討してみましょう。スクールでは、目標設定や日頃の勉強までプロのインストラクターと一緒に進めることができるので、一般的に独学で学ぶよりはモチベーションが保ちやすいです。特にCodeCampはオンラインなので好きな時にどこからでも受講可能な上に、毎回課題まで出てその時やるべきことが明確化されるので、当サイトではおすすめしています。

【オススメ記事】
➡︎ プログラミングスクール35社まとめました。

自分にあったモチベーション維持の方法を見つける

ここまでプログラミング学習をする上でのモチベーションを保つ方法を7つご紹介してきました。まとめると、大きな目標を立ててそれを細かくして毎日やることを明確化させる、そしてたまにはイベントに行ったり、学習環境を変えてみましょう。それでもダメなら、他の学習サイトを使ったり、場合によってはプログラミングスクールなども検討してみると良いでしょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る