1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

無料ツールだけでできる!C#でゲーム開発を始めてみよう

Pocket

はじめに

ゲーム開発に興味がありますか?
ほとんどの方は、なんらかのゲームで遊んだことがあるでしょう。
プログラマーには、ゲーム好きの方も多いのではないでしょうか?
今やゲーム開発は簡単に始めることができます。
しかも無料です。

この記事では、プログラマーの方のためにC#によるゲーム開発について説明していきます。
ゲーム開発はまた別の面白さがあるので、興味のある方はやってみましょう。

ゲーム開発って難しくないの?

確かに、一昔前までは本格的なゲーム開発は敷居の高いものでした。
特に、C++によるDirectXプログラミングは初心者には簡単なものではありません。
しかし、現在ではさまざまな開発ツールが登場し、簡単にゲーム開発ができるようになっています。
その代表格が、C#(およびJavaScript)でプログラミングできる「Unity」です。

Unityはどんな開発ツールなのか?

Unityは単なるゲームライブラリではなく、開発環境も含む本格的なツールです。
ゲーム業界でも幅広く使われており、多くの商用ゲームアプリがUnityによって開発されています。
開発の流れを簡単に説明すると、エディター上の3D(または2D)空間にモデルやライト、カメラなどを配置し、プログラミングによって動きをつけてシーンを構成するといった具合です。
GUIで直感的に操作できるため、初心者の方でも取っ付きやすいでしょう。

Unityの最大の特徴は、膨大なアセットが登録されている「アセットストア」です。
アセットとは、コンポーネントのようなもので、モデルや背景、BGM・SE、アニメーションなど、ゲーム開発にそのまま使用できる素材のことです。
このため、自分で素材を作らなくてもプログラミングだけでゲーム制作ができます。

Unityではどんなゲームが作れるの?

Unityはゲームの骨格を提供するだけなので、アクションでも、ノベルでも、ロールプレイングでもなんでも作れます。
もちろん、2Dでも、3DでもOKです。また、今流行のOculus RiftをはじめとするVR機器にも対応していますので、VR(バーチャルリアリティ)ゲームも作成できます。
VR機器はやや高価ですが、最先端のゲーム開発を楽しめるでしょう。

Unityが対応しているプラットフォーム

パソコン

Windowsだけでなく、MacやLinuxにも対応しています。
基本的にUnityはひとつのソースコードで複数のプラットフォーム向けにゲームを出力できるため、プラットフォームの違いを気にしなくても良くなっています。
これはUnityを使う大きな利点ですね。

モバイル

Unityで最も多く開発されているのは、モバイル向けのゲームアプリでしょう。
近年ではスマホゲーム開発が盛んです。
AndroidやiOS、Windows Phoneと主要なOSに対応しているため、ほとんどのユーザーをターゲットにできます。

ウェブ

以前はブラウザプラグインがサポートされていましたが、現在では廃止されWebGLのみがサポートされています。
最新ブラウザはすでにWebGLをサポートしているため、多くのブラウザで実行可能です。
インストールが不要なこともメリットですね。

スマートテレビ

最近ではAndroid TVやApple TV(tvOS)などのスマートテレビも増えてきました。
他のデバイスと比べて大画面でプレイできるため、また違ったゲーム体験を提供できるでしょう。

据え置きゲーム機

Unityでは、有名なPS4やPS Vita、Wii U、N3DS、XBOX ONEなどのゲーム開発も可能となっています。
実機での動作にはプラットフォームごとに対応が必要なものの、商用機で動作するゲームを開発できるのはうれしいですね。

コーディングはVisual Studioで!

Unity単体でも開発できますが、コードエディターとして「Visual Studio」を使うことをオススメします。
Visual Studioは、C#をはじめとする.NET言語の統合開発環境で、非常に強力なインテリセンス(補完機能)を備えています。
コードハイライトも見やすく、拡張機能による機能追加もできるため、さらに利便性が高まります。

現在の最新版は「Visual Studio 2017」で、インストール時にUnityに最適化されたインストールオプションが選べるようになっていますので、なにも迷うことはないでしょう。
一部条件があるものの、こちらも無料で使えますので、ぜひUnityと一緒に使ってみてください。

まとめ

いかがですか?
UnityもVisual Studioも無料で使えるので、今すぐゲーム開発の世界に飛び込んでみましょう。
取っ掛かりはUnityの公式チュートリアルから始めるとよいでしょう。
日本語に翻訳されているので、英語が苦手な方でも安心です。
チュートリアルが一通り終わったら、入門書籍を読んでみましょう。

Unityは書籍が豊富なこともメリットのひとつです。
あなたのアイディアで面白いゲームを作ってみてください。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る