1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

簡単なことから始めよう!JavaScript初心者のための学習方法

Pocket

はじめに

JavaScriptを身につけたいですか?
JavaScriptはトイ言語(おもちゃ)と揶揄された時代もありましたが、今ではウェブサイトになくてはならないものになりました。
歴史的な経緯もあり、問題点もある言語ですが、規格のアップデートにより改善されてきています。

この記事ではJavaScript初心者の方のためにJavaScriptの学習方法についてお伝えしていきます。
活用範囲も広い言語なので、ぜひ習得しておきましょう。

JavaScriptってどんな言語?

JavaScriptは、オブジェクト指向をメインパラダイム(考え方)とするスクリプト言語です。
コンパイルの必要がないため、コードをそのまま実行でき、初心者の方にも使いやすい言語といえます。
オブジェクト指向といっても、一般的なクラスベースではなく「プロトタイプベース」なので、他の言語でオブジェクト指向を学んだ方は違いに注意しましょう。

JavaScriptは現在のところ、ブラウザが直接実行できる唯一の言語で、ほとんどのウェブサイトで活用されています。
最近では、TypeScriptをはじめとするAltJS言語が人気ですが、最終的にはJavaScriptとして実行するため、どちらの知識も必要とされます。
AltJS言語を学ぶ前にJavaScriptを知っておくべきでしょう。

ちなみに、JavaとJavaScriptは名前こそ似ていますが、言語としてはまったく無関係です。
単に当時人気だったJavaを冠した名前がつけられただけです。

JavaScriptでどんなことができる?

JavaScriptが最も活躍する場所といえば、やはりブラウザです。
HTMLとCSSだけでは、高度な機能を実装することはできません。
HTMLとCSSでデザインを構成し、そこにJavaScriptで動きをつけたり、機能を付加したりします。

代表的なものはAjax(非同期通信)を利用したページ更新でしょう。
ページの背後でデータを取得し、それをページに反映させます。
ページ全体を更新することなく、新しい情報を表示できるため、ユーザーの利便性が向上するわけです。
ブラウザのAPIを使うことで、実にさまざまな機能をJavaScriptで実行できます。

現在ではJavaScriptの活躍の場はブラウザだけではありません。

Node.jsによるサーバーサイドプログラミングやElectronによるデスクトップアプリ開発、
Cordovaによるスマホアプリ開発まで幅広く活用できます。

とても活用範囲の広い言語といえるでしょう。

JavaScriptを学ぶためのステップ

ステップ1:言語仕様を学ぶ

まずは、JavaScriptの言語仕様を学びましょう。
「改訂新版JavaScript本格入門/山田 祥寛/技術評論社」などの入門書や下記のMDNのJavaScriptガイドが日本語の情報源としてわかりやすくてオススメです。
一つずつ確実に理解しながら進めていきましょう。
自分でコードを入力して実行してみることが大切です。
読むだけで終わらせないようにしましょう。

JavaScriptガイド:https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Guide

ステップ2:ライブラリを使ってみる

他の言語と同じく、JavaScriptにもたくさんのライブラリが存在しています。
ライブラリを使わずにプログラミングすることはほとんどないため、主要なライブラリの使い方を学んでおくとよいでしょう。

初心者の方は、まず「jQuery」を使ってみましょう。
下記の公式ページからjQueryをダウンロードして、あなたのファイルよりも先に読み込ませれば使えます。CDNを参照するのもよいでしょう。
APIは公式ドキュメントまたは非公式日本語ドキュメントを見てください。

jQuery:https://jquery.com/

ステップ3:フレームワークを学習する

フレームワークはライブラリの集合体のようなもので、フレームワークに従ってプログラミングすることで、高度なプログラムを少ない手間で構築できます。
代表的なフレームワークは「Angular.js」や「React.js」、「Backbone.js」でしょう。

それぞれ用途や特色が異なりますので、いろいろなフレームワークを試してみて、感触をつかんでおきましょう。

ステップ4:サイトを構築してみる

最後に、好きなライブラリやフレームワークを使ってサンプルサイトを構築してみましょう。
一般的なサイトでも良いですし、実用的なウェブサービスでもOKです。
面白いサイトが作れたら、ウェブサーバーで公開してみるのもアリでしょう。
現在では月数百円のレンタルーサーバーがありますので、気軽にウェブサーバーを構築できます。
学習の最終段階として試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

JavaScriptはブラウザが直接実行できる唯一の言語で、とても身近な言語だといえるでしょう。
大掛かりな開発環境を用意しなくても、ブラウザさえあれば今すぐにでも勉強を始められます。
なかでもFirefoxに標準搭載されている「スクラッチパッド」は学習に最適です。
F12開発メニューから呼び出せますので、一度試してみてください。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る