1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

プログラムはクラウド上で実行!一番人気のAmazon Web Servicesを知る

Pocket

はじめに

クラウドコンピューティングサービスを知っていますか?

最近では独自にオンプレミスサーバーを運用せずに、クラウドサービス上でサーバーを運用する現場も増えてきています。
クラウドであれば、ハードウェアの保守作業から開放され、高額な初期コストもかからないため、運用コストを削減できます。

この記事では、最も人気のあるクラウドコンピューティングサービスである
Amazon Web Services(以下AWS)について説明していきます。

AWSはどんなサービスなのか?

AWSは、米アマゾンが運営するクラウドコンピューティングサービスの総称です。
70を超えるサービスで構成されており、各サービスがクラウド上で連携できるように設計されています。
各サービスはシンプルなので、複数のサービスを組み合わせて使うことが一般的です。

クラウドサービスであるAWSは、世界中に設置されているデータセンター内で運用されています。
ユーザーはハードウェアの故障などに対応する必要がないため、
サービスを提供することに集中できます。

とはいえ、実際には物理サーバー上で動作しているため、障害が起きることもあります。
そのため、障害耐性を高めるために複数のデータセンターにサービスを配置することが一般的です。
クラウドなら初期コストがかからないため、分散配置も簡単です。

Amazon Web Services:https://aws.amazon.com/jp/

よく使われるAWSの人気サービス

Amazon EC2

EC2は、クラウド上で仮想サーバーを実行できるサービスです。
おそらくAWSで最も使われているサービスでしょう。
OSは、LinuxとWindowsどちらにも対応しています。
インスタンスタイプ(スペック)によって、時間単位で課金されるシステムのため、用途に合わせて最適なサーバーを構築できます。

イメージ的には、VPSサーバーに近いでしょう。
ハードウェアの保守は不要ですが、OS以上のレイヤー(ミドルウェア、アプリケーションなど)の運用・保守は自分で行う必要がありますので、まったくの手放しというわけにはいきません。
その分自由度は高いといえます。

Amazon Simple Storage Service (S3)

S3は、KVS(キーバリューストア)タイプのストレージサービスです。
連想配列のように、キーとバリュー(値)を紐付けて保存しておけます。
データベースを使う必要がないシンプルなデータを保存しておくのに最適です。

データ量や読み書きリクエスト数などによって課金されるため、
非常に安価にデータを保存しておけます。
テキストだけでなく、画像や動画、音声ファイルなどなんでも保存できます。
また、簡易的にウェブ上にファイルを公開できるため、静的サイトであればS3だけでも運用できます。

AWS Lambda

Lambdaは、クラウド上でコードを実行するサービスです。
コードを直接実行するため、自らサーバーを運用する必要がなく、サーバー管理が不要になります。
最近では、Lambdaを利用して「サーバーレス」にサービスを運用する形態も増えてきています。

課金は、メモリ量やコード実行時間、リクエスト数などによって行われます。
EC2だとユーザーに利用されていないムダな時間でも課金されてしまいますが、Lambdaであれば実際に利用された分だけ課金されるため、コストに無駄がありません。

Amazon RDS

RDSは、クラウド上でRDBMSを利用できるデータベースサービスです。
システムのボトルネックになりがちなデータベースを簡単にスケールでき、レプリケーションによる可用性向上にも対応しています。
これにより、堅牢なデータベースを運用できます。

主要なデータベース製品にすべて対応しており、Oracle・SQL Server・MySQL・PostgreSQL・MariaDBなどをプロジェクトに合わせて自由に選択できます。
また、AWS専用に最適化されたAmazon AuroraというMySQL互換データベースも使えます。

Amazon CloudFront

CloudFrontは、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスです。
CDNとは、画像や動画などの静的ファイルを、ユーザーに近いエッジロケーション(サーバー)から配信することで高速化や負荷分散を図るサービスのことです。

EC2やS3と連携して使用できる他、オンプレミスサーバーのCDNとしても利用できます。
ウェブサイトの高速化に一役買ってくれるでしょう。

まとめ

AWSは多数のサービスで構成されており、今後も新しいサービスが登場してくるでしょう。
クラウドコンピューティングサービスは初期コストがかかりませんし、AWSは無料利用枠も設定されているので、さっそく試してみましょう。
いつでも欲しい分だけリソースを得られるクラウドのメリットを最大限に活用してください。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る