1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

PHP初心者必見!PHPで開発するための開発環境の導入方法

Pocket

はじめに

PHPを始めてみたいけど、まずなにからやっていいかわからない。
そんなことありませんか?

PHPを始めようと思っているなら、まずは開発環境の構築から始めましょう。
プログラムは書きながら覚えるのが最も効率的です。
ですので、開発環境を先に構築しておかないと、学習も進めにくくなってしまいます。

この記事では、PHP初心者の方のために、PHPの開発環境の導入方法についてお伝えしていきます。
ぜひあなたも自分で環境を構築して、PHPの世界に踏み出しましょう。

PHPのバージョンについて

現在のところ、PHPのバージョンは7.x系と5.x系の2つが使われています。
5.x系は長く使われてきたため、互換性が高く、古いPHPプログラムでも動作します。

一方、7.x系は比較的新しいバージョンのため、古いPHPプログラムはそのままでは動作しない可能性があります。

とはいっても、7.x系にはさまざまな改良が加えられており、実行速度も高速化されています。
一部互換性が損なわれますが、7.x系でもたいていのPHPプログラムが動作します。
このため、これから始める方は7.x系を使って学習を進めるとよいでしょう。
なお、バージョン番号が飛ばされたため6.x系は存在しません。

PHP実行環境の導入方法

1:PHP本体のインストール

まずは、PHP本体のインストールから始めましょう。

ここでは、最新のPHP 7.1を使います。
下記のダウンロードページからPHP本体ファイル一式をダウンロードして下さい。
32ビット版と64ビット版がありますので、お使いのOSのビット数に合わせて選択しましょう。

ダウンロードするのは、Thread Safe版のZIPファイルでOKです。

PHPのダウンロード:http://windows.php.net/download#php-7.1

ダウンロードできたら、ZIPファイルを解凍して下さい。
すると、フォルダがひとつ出てきますので、ルートディレクトリ(例:C:\php)に移動しておきましょう。

Visual C++ランタイムのインストール

PHPを動作させるためには、Visual C++ランタイムが必要です。
すでにインストール済みの方はOKですが、まだインストールされていない方は下記のページからダウンロードしてインストールしておきましょう。
こちらも、32ビット版と64ビット版があるので注意して下さい。

Visual C++ランタイム:https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=48145

統合開発環境とウェブサーバーのインストール

最後に、統合開発環境(IDE)とウェブサーバーをインストールします。
IDEはテキストエディターなどを含む統合的なソフトで、プログラミング作業を楽にしてくれます。
また、PHPではウェブ開発が一般的なので、ウェブページとして実行するためにウェブサーバーを用意します。

ここでは、IDEにEclipse、ウェブサーバーにApacheを使います。
どちらも非常にメジャーなソフトなので情報も豊富です。
下記のページから、インストールファイル一式をダウンロードして下さい。

複数のバージョンがありますが、今回使うのは「PHP Full Edition(32bitもしくは64bit)」です。

間違えないように注意して下さい。

Pleiades All In One:http://mergedoc.osdn.jp/index.html#/pleiades_distros4.7.html

ダウンロードできたら、PHPと同様に解凍してルートディレクトリ(例:C:\eclipse)に移動しましょう。それから、フォルダ内の「xampp/setup_xampp.bat」を実行してインストール処理を行います。
終わったら「xampp/xampp-control.exe」を実行してApacheウェブサーバーを起動すれば、PHPの開発環境の構築は完了です。
お疲れ様でした。

同フォルダ内の「eclipse/eclipse.exe」を実行してPHPプログラミングを始めてみましょう。

手早く試したいならオンライン実行環境もオススメ

開発環境の構築は最初の一度だけですが、慣れていない方にはけっこう大変かと思います。
中には面倒なことはせずにちょっと試してみたい、という方もいるでしょう。

そんな方は「オンライン実行環境」を試してみましょう。

オンライン実行環境は、ブラウザでプログラムを入力して実行できるウェブサービスです。
ほとんどの言語にオンライン実行環境があり、もちろんPHPにも対応しています。
一例として、下記のサービスを紹介しますので、試しに使ってみましょう。

paiza.IO:https://paiza.io/?locale=ja-jp

まとめ

いかがでしたか?
PHPの開発環境はうまく導入できましたか?

プログラミングが初めての方にはちょっと大変かもしれませんが、最初の一度だけですのでがんばって導入しましょう。
そこまでしなくても少し体験してみたいだけ、という方はオンライン実行環境を試してみてください。
本格的にやりたくなったら開発環境を導入すればOKです。
すべて無料ですから気軽に実行できますよ。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る