1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

子供の想像力を伸ばしアイデアを形にする小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」

ゲームプログラマーになりたいならとにかく作品を作るべき理由

Pocket

自分の作品は名刺代わりになる

最大の理由は名刺代わりになることです。

特に新卒でゲーム会社に応募する際に非常に有効です。

会社の中には作品提出を求める所も多く、仮に提出を求められなかったとしても提出をすると良いでしょう。

提出をする際はEXEやリソースだけでなく、プログラムコードなども入れてください。

ゲームとしての面白さの表現と実際のコーディング力の両方が見られるので、人事側としても実力を想像しやすいです。

ゲーム業界だけでなく、クリエイティブな業界では自分の作品が名刺になります。その重要性を理解したうえでゲームプログラマーになるので、可能な限りゲームを作るようにしましょう。

ゲーム作りの難しさは作ってみないことにはわからない

プログラミングはある程度できるけど、実際に作品を作ったことがない、でもゲームプログラマーになりたいのであれば早急に作ってください。

絵が描けないとか、プログラム以外のリソース作りで難色を示したい気持ちもあるかもしれませんが、そんなことは関係ありません。

作品に対する評価の仕方は会社ごとに違ってきます。例えばプログラムの技術部分をメインに見る会社もあれば、ゲームを面白くするギミックなどを考えられるかをチェックする会社もあります。

これは各ゲーム会社のゲームプログラマーに求めていることに繋がるので、お目当ての会社がどのような人材を求めているかで作る内容も変わってくるでしょう。

ただ、どんな作品であっても「こだわり」は持ってもらいたいです。

ここだけは「こだわり」を持って作ったと見たり、プレイするだけで分かるような作品を作ることで高評価をもらえます。

こだわりはグラフィックス、サウンド、プログラム技術、それ以外の何でも構いません。

現場では新卒であっても、経験者が欲しい

ゲーム業界の現場では新卒であっても、経験者が欲しいのが実情です。

もちろん、大学でプログラム専攻してゲーム作りをしなかった人間が新卒として入ってくることもありますが、基本は個人レベルであっても経験者が欲しいです。

特にプログラマーは全体の工程において、ほぼ全てのセクションに関わることが多いため開発経験があるだけでも、現場の人間からすると教育を行わない分、助かります。

もちろん、個人レベルとゲーム会社で求められる技術やクオリティは違ってきます。

しかし、工程だけでも理解していると話が早いので、コストとスケジュールにおいてタイトに制作している現場では嬉しいのは間違いありません。

絵やサウンドなど作れないのであれば逆にチャンス!

ゲームを作る上で、絵は最低限必要です。

出来ればサウンドも入れたいところです。

これを自分で作れないのは逆にチャンスで、人に頼んだりすることを経験できます。

最近ではフリーの絵やサウンドがあるので簡単に手に入れることができますが、ゲームプログラマーの現場では意外なほど、色んなセクションに対して頼みごとをする場面が多いです。

「このデータだと処理が重くなるからこういう風にして」

「サウンドデータの形式はこれでお願いします」

「このようなルールでデータを作成してください」

上記会話以外にも色々なことを綿密に話し合う必要があります。

この際に必要なのはコミュニケーションです。

相手に対してお願いが出来るスキルは必要になってくるので今のうちに習得出来ておくと良いです。

ゲーム作りは想像以上に大変だけどやりがいもあります

まだ作品を作ったことがないのであれば、すぐに実行に移しましょう。

やらなければならないことが盛り沢山であることに気が付きます。

だからこそ良い経験になります。大変ですが、やりがいは強いですし、ネット時代の昨今では評価をしてくれる人が多数いるのでスキルアップにはもってこいです。

チャレンジをドンドンして夢を掴んでみてください!

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プログラミングで挫折しそうなら、現役エンジニアにマンツーマンで相談してみませんか?オンラインのプログラミングスクール「TechAcademy」のメンターが対応。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

ページ上部へ戻る