1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【初心者必見】エンジニアの仕事内容を教えます!

Pocket

「エンジニアってどんな仕事内容なの?」「プログラマーとは違うの?」
初心者の方にとって、漠然とエンジニアの仕事内容は想像できても、詳しいことまでは理解できていない方も多いと思います。
実際にエンジニアとして働いてみると、その仕事内容は実に広範囲に及びます。
本記事では初心者の方に向けて、エンジニアとして働くということは、どういうことか?その仕事内容をご紹介します。

エンジニアとして働くということ


エンジニアとして働くということに、どのようなイメージを持っていますでしょうか?
毎日オフィスに出勤して、パソコンの前で黙々とプログラミングをしているようなイメージを、抱いている方も多いと思います。

しかし、エンジニアとして働くということは、思っている以上にその仕事内容は多岐に渡ります。
また、システムを完成させるためには、プログラミングの知識だけではなく、さまざまなスキルを求められることがあります。

円滑に仕事を進めるための「コミュニケーション能力」「管理能力」や、納期までに仕事を完成させるための「集中力」「忍耐力」なども必要になります。

エンジニアの仕事内容

エンジニアの仕事内容は、業種によって異なります。一言でエンジニアと言っても、さまざまな職種が存在し、主に「システムエンジニア」「プログラマー」「Webエンジニア」「データベースエンジニア」「ネットワークエンジニア」などの業種があります。

求められるシステムによって、必要なエンジニアの業種や役割は異なりますが、プロジェクトの流れは、ほぼ共通しています。

プロジェクトは、ウォーターフォールモデルと呼ばれている「要件定義」「設計」「コーディング」「試験」「運用」を各フェーズごとに分けて、水が流れ落ちるように各フェーズごとに工程を進めていく方式が一般的です。

具体的なプロジェクトの流れとしては、クライアントからヒアリングして、システムの要件を固める「要件定義」や、要件定義を元に設計を行う「基本設計」までが、プロジェクト初期段階の上流工程と言われています。

設計書を元にシステムの実装を行うコーディングや、システムの構築・試験を行うことを下流工程と言います。
上流・下流工程とそれぞれ役割があり、求められるスキルも異なります。

要件定義

要件定義とは、システムの設計や実装の前段階に行われます。クライアントからシステムの目的や役割をヒアリングして、どのように実現するのか?何度も突き合わせを行います。
システムを実際に稼働するために、実装しなければいけない機能や、必要な性能を明確にして、要件を固めます。

要件定義は、システムの稼働を実現させるために、もっとも重要なフェーズです。プロジェクトを成功させるためには、要件定義をしっかりと行うことが大切です。そのため、クライアントが求める要求を正しく理解し、技術的な要件を纏めていく必要があります。

基本設計

基本設計は、要件定義をもとにシステムを実現するために、システムを動かすための設計図を作成したり、インターフェイス設計・画面設計・帳票設計など、ドキュメントを作成して仕様を固めていく作業です。

要件定義同様に重要なフェーズで、基本設計をしっかりと作らないと、後々の工程で問題が発覚し、大きな手戻りが発生する可能性もあります。

詳細設計

詳細設計は、基本設計の内容を元に、プロセスやモジュール間の結合・連携の方法などを、どのように実現するか、詳細を決めていく作業です。

プログラマーが、コーディング可能なレベルまで設計を落とし込む必要があるため、手戻りを防ぐためにも、全てを明確にして設計する必要があります。

コーディング・単体試験

詳細設計をもとにプログラミング言語を使って、システムを開発する作業がコーディングです。
会社やシステムの規模によっては、プログラマーが詳細設計とコーディングをセットで行う場合もあります。

コーディングが完了したら、クラス間・単体モジュールでの動作確認を行う単体試験を実施します。
単体試験は、プログラムを実装した担当者が、そのまま単体試験の要領書作成・単体テストを行うケースが多いです。

試験(ソフトウェア試験・システム試験・運用試験)

単体試験まで完了したら、モジュール間・ソフトウェア間の結合試験であるソフトウェア試験を実施します。
ソフトウェア試験では、さまざまなケースで試験を行い、不具合をあらかた検出させておく必要があります。

ソフトウェア試験が完了したら、システム間を結合・連携して試験を行うシステム試験を行い、最後に運用先でシステムを構築して、運用試験を行います。

運用

運用試験まで完了したら、いよいよクライアント先でシステムが稼働します。システムが稼働後もクライアントの要望で追加の開発を行ったり、現地で保守作業を行うこともあります。
まとめ:エンジニアの仕事は誰にでも可能です


\
エンジニアとして働く上で、基本的な作業を一通りご説明いたしました。エンジニアの実際の仕事内容は多岐に渡り、システムの規模や業種によっては、更に細かいフェーズに分かれて作業をすることもあります。
また、職種によっては、かなり高度で専門的な知識を要する場合もあります。

ここまで読んで、エンジニアとして働くことに、不安を覚えた方もいるのではないでしょうか?
ご安心ください。誰だって最初からいきなり全部の作業を、完璧にこなせるわけではありません。

システム開発の業務に携わっているうちに、自然と必要なスキルが身についていることも多く、実際にやってみれば楽しく感じることもあるでしょう。
まずはエンジニアとして働くために、はじめの一歩を踏み出してみましょう。

【おすすめ記事】
エンジニアになるための勉強方法まとめ
【初心者必見】文系だけどエンジニアに向いている人の特徴
エンジニアにおすすめのキーボードまとめ
エンジニアにおすすめ!とにかく捗るChrome拡張機能11選

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る