1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

データベースにはどんなものがある?データベースの種類を知ろう!

Pocket

「データベース」という言葉を聞くと、皆さんはどの様なことを思い浮かべますか?「大量のデータを集めたもの」「データを集めた表のようなもの」といったイメージから、「Access」「MySQL」「Oracle」のような製品名まで、様々あるでしょう。それでは、「データベースの種類にはどのようなものがある?」と聞かれたらどうでしょう?意外と出てこないのではないでしょうか。今回はそのデータベースの種類について説明していきましょう。データベースの種類を見ていくことによって、現在よく利用されているデータベース製品の特徴について理解を深めることができます。

データベースの種類

 データベースの種類には、大きく分けて「階層型」「ネットワーク型」「関係型」「NoSQL」の4種類があります。これらのうち、「階層型」「ネットワーク型」は現在ではほとんど使用されていません。現在主流となっているのは「関係型」と呼ばれるデータベースで、「リレーショナル・データベース」とも呼ばれます。「Access」や「Oracle」「MySQL」といった製品はこの「リレーショナル・データベース」を取り扱うための製品です。「NoSQL」はシステムで取り扱うデータ量の増加に伴って出てきた製品で、比較的新しい存在です。それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

階層型

 階層型のデータベースは、その名の通り階層型にデータが整理され、格納されたデータベースです。会社の組織図をイメージするとよいでしょう。各データは親子関係を持ち、親と子は1対多の関係となります。そのため、あるデータにアクセスするためのルートは必ずただ1つとなります。
 しかし現実には、必ずしも親子間のデータが1対多となるとは限らず、多対多となるケースもあり得ます。会社の組織図でいえば、複数の部署の仕事を兼務しているようなケースです。このようなデータを保持するためにはデータが冗長になってしまいます。また、このデータベースのデータを利用するシステムを構築するためには、そのデータベースの階層構造を開発担当者が完全に理解していなければならないという問題もありました。

ネットワーク型

 ネットワーク型のデータベースは、多対多の関係性が表せるように関係性のあるデータをノードで結んだものです。階層型データベースは組織図のようなツリー構造ですが、ネットワーク型データベースは網の目状になります。
 ネットワーク型の登場によって、階層型データベースの冗長性の問題は排除されましたが、プログラムがデータ構造に依存してしまう問題は依然残ったままでした。

関係型

 関係型データベースは、行と列を持った表形式でデータを整理・格納します。データ間の関係性は表同士の関係性によって表されます。データにアクセスする際には「SQL」という言語を使用して、ユーザが自由にアクセスするできるようになっています。階層型データベースやネットワーク型データベースの持つ「データの冗長性」や「プログラムのデータ構造への依存」といった問題点が解消されており、一般に広く普及しています。
 しかし、複雑なデータへのアクセス方法も可能となったため、プログラムも複雑になって分かりにくくなったり、プログラムの処理速度が遅くなってしまったりする等の問題もあります。

NoSQL

 NoSQLは、システムで取り扱えるデータ量の増加に伴って生じる処理パフォーマンス面での問題に対処するために開発されてきたものです。「NoSQL」の「No」は否定の意味での「No」ではなく「Not only」の略とされています。データベース全体でのデータの整合性には目をつぶって、キーとなる値とキーに紐づくデータを格納する「キーバリュー型」等があります。データの整合性よりも処理パフォーマンスが重視されるようなシステムで活用されています。

おわりに

 今回は、様々なデータベースの種類についてみてきました。現在主流となっている関係型データベースの特徴も、他の種類と比べることによってより理解しやすくなることでしょう。データベースを設計する際もこれらの知識がきっと役に立ちますよ。

おすすめ記事
MySQLの本・参考書の評判
短期間で身に付く!人気のMySQL学習サイトまとめ

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る