はじめに

ゲームアプリで遊んだことがありますか?
スマートフォンを持っている方なら一度はゲームアプリで遊んだことがあるでしょう。
アプリの中でもゲームカテゴリは一番人気があります。どうせ作るなら、人気の出そうなジャンルで作りたいですよね。
この記事では、スマートフォンゲームアプリ開発に使える開発ツールを紹介します。
いずれも無償で使用できますので、気になるツールがあったら試してみましょう。

Unity

公式ページ:https://unity3d.com/jp/
Unityは、Android・iOS・Windows Phone・Windows・ウェブブラウザなど多数のプラットフォームに対応したゲーム開発ツールです。
単なるライブラリではなく、GUIエディターで2Dおよび3Dフィールドを構築できます。
使用できる言語は、C#およびJavaScript(UnityScript)となっており、コードエディターとして「Visual Studio」が利用できます。
他のエディターでも開発できますが、コード生成機能やデバッグ機能が優れているVisual Studioを使うべきでしょう。
Unityの最大の特徴は、すぐに使える「アセットストア」です。3Dモデルや背景、エフェクト、BGM・SEなどゲーム開発に使える素材が多数登録されており、自分で素材を制作しなくてもゲームアプリを開発できます。
無料のアセットもありますので、ぜひ活用してみましょう。中でも公式マスコットキャラのユニティちゃんは必見です。
公式ドキュメントや書籍など、日本語の情報が豊富なので、これからゲームアプリ開発を始める方に一番オススメするツールです。
ツール構成もシンプルで、学習も容易です。アプリに対応したゲームエンジンとしては、最も人気があるでしょう。

Unreal Engine

公式ページ:https://www.unrealengine.com/ja
Unreal Engineは、Unityと同様にAndroid・iOS・Windows Phoneなどに対応したマルチプラットフォームゲーム開発ツールです。
Unrealといってもリアルではないという意味ではなく、現実にはない世界を創造できるというような意味合いです。
どちらかというとハイエンド向けであり、PS4やXboxのような写実的なグラフィックを描写できます。
リアルなグラフィックを求める場合に適しているでしょう。
Unreal Engineの最大の目玉は、なんといっても「ブループリント」です。
ビジュアルスクリプティングと呼ばれるこの機能を使うと、プログラミングなしでアプリを制作できます。
複数のノードを接続することでスクリプトが自動生成される仕組みで、文字ではなく視覚的にプログラミングするような形になっています。
ブループリントだけでは物足りない場合には、「C++」を使ったプログラミングも可能であり、エディターとして「Visual Studio(Windows)」や「Xcode(Mac)」を使うこともできます。
C++でのプログラミングは上級者向けですが、興味がある方はチャレンジしてみましょう。
Unityと同じくアセットストアがあり、有料または無料のアセットをアプリで利用できます。
また、自分で作成したアセットを販売することもでき、購入してもらえれば収益が得られます。

CryENGINE

公式ページ:https://www.cryengine.com/
CryENGINEは、リアルなグラフィックを得意とするゲーム開発ツールで、Windows・Linux・PS4・Xboxなどのゲーム開発が可能です。
現在のところスマートフォンには対応していませんが、対応に向けて取り組みが行われているのでこれからが期待できます。
現在の最新版は第四世代で、初代から多数の海外のゲームタイトルに採用されており、確かな実績があります。
定期的に新バージョンが公開されるので、公式サイトのニュースをチェックしておくとよいでしょう。

千鳥

公式ページ:http://chidori.premiumartsinc.com/
千鳥は国産のゲーム開発ツールで、Android・iOS・Windows Phoneなどに対応しています。
国産のツールなので、国内のゲームタイトルでの採用例があります。やや閉鎖的でコミュニティも少ないですが、国産のゲームエンジンに興味がある方は一度チェックしてみましょう。
なお、無償版にはウォーターマークが表示されます。

まとめ

この中でも一番オススメなのはUnityです。
ユーザー数も多く、ドキュメントの日本語化などもしっかりしていて、初心者でもとっつきやすいといえます。
書籍も多数出版されているので、情報源も豊富です。Unityひとつでもほぼすべてのデバイスに対応できるため、活用の幅も広いでしょう。
あなたはどのツールを使ってみたいですか?