1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【徹底解説!】プログラミングの学習で写経は必要か?

Pocket

<アイキャッチ画像 [eyechatch.jpg]>
出典:写真AC https://www.photo-ac.com/

導入文
プログラミングを学習する上で、写経をすることは有効な手段なのか?疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?本記事では写経によるプログラミングの学習について、メリットや正しい学習法などをご説明します。

見出し1:写経とは
<画像 [pic1.jpg]>
写経(しゃきょう)とは、仏教において、経文(きょうもん)を書き写すことを意味します。経文を書き写すことによって、「心の清浄」「集中力がつく」などのメリットがあると言われています。

プログラミングでいう写経とは、プログラミングの学習をする上で、参考書などのサンプルコードやチュートリアルを、実際に書き写す行為のことを指します。
プログラミングの学習において、写経は効果的と言われていますが、果たして効果はあるのでしょうか?

プログラミングにおける写経の効果について、次項より詳しく解説していきます。

見出し2:写経学習の効果とは?
<画像 [pic2.jpg]>
写経での学習法は、実際にプログラミングを覚えるのに役に立つのか?疑問に思っている方も多いと思います。
結論から言えばプログラミングを勉強する上で、写経はとても効果的で、初心者にとって最適な学習法でもあります。

方法は簡単で、自分が学びたいソースコードをそのまま書き写して、動作を確認するだけとなります。シンプルな学習方法ですが、初心者が実際にソースコードを書いて、実行結果を確認することができますので、プログラミングに慣れるためにも、最適な方法と言えるでしょう。

「習うより慣れろ」ということわざがあるとおり、上達するためには、サンプルコードをひたすら写経すという行為が大切になるのです。

筆者もプログラミングを独学で学習していた頃は、独習シリーズの参考書のサンプルコードを、写経して学習していました。10年以上経った今でも十分効果的な学習法であると感じています。

見出し3:写経のメリット
<画像 [pic3.jpg]>
プログラミング学習における写経で得られるメリットは、経典を書き移すことによって得られるメリット同様にたくさんあります。ここでは実際に写経で得られるメリットを紹介します。

小見出し1:基本文法を覚えられる
写経の具体的なメリットは、書き写すという行為によって、プログラミングの基本文法を覚えられることです。
特にプログラミングの学習を始めたてのころは、右も左も分からない状態ですから、参考書などの正しいコードに触れることによって、基本を覚えることができます。

小見出し2:学習効率が上がる
書き写すという行為は、読む行為よりも確実に身につきます。学習のために、コードを読むことも大切ですが、読むだけではプログラミングを身につけることはできません。そのため「読んで理解する」ことと「書いて覚える」ことが同時にできる写経は、それだけ学習効率が上がる勉強法と言えるでしょう。

小見出し3:コンパイルエラーにも対応できるようになる
筆者が実際に写経で学習していたときに感じたのですが、写経をするとたびたびタイプミスをしてしまいます。それが原因でコンパイルエラーが発生することがよくありました。

そこで、どこに誤りがあるか?サンプルコードと写経したコードを見比べるわけですが、その過程でここでミスをすると、このようなコンパイルエラーが発生するということを理解することができます。

そのため、慣れてしまうとこのコンパイルエラーの内容は、ここが怪しいというふうに、ある程度わかるようになります。

小見出し4:自信につながる
実際に書き写したソースコードをコンパイルして実行すると、意図したとおりにプログラムは動きます。
「自分で書いたソースコードが正しく動いた」ということは、初心者にとって少なからず自信につながり、モチベーションを維持しながら学習を進めていくことが可能です。

見出し4:正しい写経の学習法
<画像 [pic4.jpg]>
写経は効果のある学習法ですが、正しい方法で学習しない効果は半減してしまいます。
ここでは、正しい写経での学習法を説明します。

小見出し1:コピペと写経の違い
メリットでも述べましたが、写経によるプログラミング学習は、実際に1文字ずつ書き写すことが大切です。これを面倒に感じたり、時間がもったいないと感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

ネット上の学習サイトなどのサンプルコードを、そのままコピペしてコンパイル実行することで、動作を確認することも可能です。しかし、学習という観点で考えると、コピペでは得られるものは少なく、プログラミングを上達することは難しいでしょう。

上達するためには、自分の手で書き写すという行為が大切なのです。

小見出し2:書き写すだけではだめ
写経で学習すると言っても、ただ無意識に書き写すだけではいけません。「この処理はどんな役割を持っているか?」「この処理を実行する意味は?」など、しっかりと考えながら書き写すことで、プログラミングの上達が早くなるでしょう。

また、いきなり難しい処理のサンプルコードから写経を初めてしまっては、処理を理解するのも困難となります。そのため、必ず自分が理解できそうな範囲から、写経を始めることも大切です。

小見出し3:ひたすら数をこなすこと
上述したように、写経で上達するためにはひたすら書き写して、数をこなすことも重要です。実際に手を動かして書いた処理は、読むだけよりも理解の度合いが違います。また、同じソースコードを何度も書き写すことでも、理解を深めることも可能です。

まとめ:まずは写経から初めてみよう
<画像 [pic5.jpg]>
プログラミングを学習する上で、写経が有効な手段であることがわかりました。ご説明したように、写経でプログラミングを上達するためには、それなりのコツが入ります。

「プログラミングってなんだか難しそう」と感じている方や興味がある方は、ますは写経から初めてみてはいかがでしょうか?

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る