1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

「数億規模スタートアップのCTO講師」と「エンジニアキャリア専門のポテパン」が贈る、実践型Rubyスクール。

【VBA入門】シートを削除する方法(Deleteメソッド)

【VBA入門】
Pocket

VBAで資料などを作成する際に不要なシートを削除しておけばブックの容量を大幅に削減することができますね。以下、シートの削除方法について詳しくご説明します。

シートの削除方法

まずは削除対象となるシートを指定し、続けてDeleteメソッドで削除を行います。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】シートを削除する方法

【VBA入門】シートを削除する方法

ところで、ブック内のシートを全て削除しようとしたらどうなるのでしょうか。実はブック内のシートが全て消えてしまうようにコードを書くとエラーになります。意図的にブック内のデータを空にしたい場合もシートが最低限1つは残るように注意しましょう。

<ブック内のシートを全て消そうとしたときのエラー例>
【VBA入門】シートを削除する方法

確認メッセージを非表示に

前述のコードでシートを削除しようとすると下記の様な確認メッセージが表示されます。VBAでデータを削除してしまうと元に戻せないので重要なポップアップなのですが、よりスピーディに作業を行いたい場合この確認メッセージを非表示にする方法があります。

【VBA入門】シートを削除する方法
<コード>

1行目でDisplayAlertsのステータスをFalseにしてExcelのメッセージを非表示にしています。しかし、このままではVBAのプログラム終了後も確認メッセージが表示されない設定が継続しており、他の重要なメッセージが表示されなくなるおそれがあります。というわけでコードの最後には必ずDisplayAlertsをTrueに戻しておきましょう。

まとめ

VBAでシートの削除を行う際にはDeleteメソッドを使用します。そして間違って必要なデータを消してしまわないようここでしっかりと理解を深めておきましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初心者がプログラミングで挫折しない学習方法を無料動画で公開中。オンラインに特化したプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」が解説。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

おすすめスクール

システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ システムアーキテクチュアナレッジでは、ITスクールとしては珍しく正規雇用かつ現役のエンジニアが講師を務めています。「責任を持ったIT教育」をテーマに、未経験者をプロフェッショナルに育てます。
ページ上部へ戻る