1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】シートを選択する方法

【VBA入門】
Pocket

今回は、シートの選択方法についてご説明します。複数のシートを扱う際にはシートを選択して作業対象を明確にしておくことがとても重要です。それでは基本的なコードの書き方について確認していきましょう。

シートの選択

まずSheet()で対象となるシートを選択し、Selectメソッドで選択を行います。

<コード>

<実行例>

【VBA入門】シートを選択する方法

インデックス番号で選択

ブック内のシートに左から順に1・2・3・・・という風に振られているインデックス番号を使って、シートを選択することもできます。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】シートを選択する方法

複数のシートを選択

Selectにより複数のシートを選択することができます。今回の例で使用するArrayは配列という意味で、複数のオブジェクトを扱うことができます。Array()のカッコ内に選択したいシート名を””で囲み、カンマ区切りで入力してシートを指定します。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】シートを選択する方法

Activateとの違いについて

シートを選択することにより作業対象を指定することができるのでActivateメソッドと非常に似ていますが、Activateはシートを複数扱うことはできません。またSelectでは非表示のシートが選択できないという違いもあります。

<コード(Sheet2を非表示に設定)>

<実行例>
【VBA入門】シートを選択する方法

まとめ

シートの選択はSelectで行います。Activateと非常によく似ており、どちらも作業対象を指定したいときに使用できます。しかし、それぞれの特徴を理解していないとエラーの原因となるため注意しましょう。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾

メールマガジン

ページ上部へ戻る