1ヶ月でWebデザイン・プログラミングスキルをオーダーメイドのカリキュラムで学べるスクール、それがWebCamp。

【VBA入門】シートをアクティブにする方法(Activateメソッド)

【VBA入門】
Pocket

今回はExcel VBAのシートをアクティブにする方法についてご説明します。アクティブになったシートとは作業対象になっているシートのことで、1つしか設定することはできません。それでは具体的なコードの書き方について確認していきましょう。

シート名を指定してアクティブにする

始めにSheets()でシート名を指定して、Activateでアクティブにすることができます。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】シートをアクティブにする方法

インデックス番号を指定してシートをアクティブにする

シートにはそれぞれインデックス番号が振られています。通常左から1・2・3・・・というふうに振られているこの番号を使ってシートをアクティブにすることもできます。
<コード>

<実行例>
【VBA入門】シートをアクティブにする方法

Worksheetオブジェクトを作成してシートをアクティブにする

作業対象となるシートが何枚もある場合やシート名が長くて一々指定するのが煩わしいと感じるような場合、Worksheetオブジェクトを作成してVBAによる作業がしやすい名前をつけておくと便利ですね。

<コード>

<実行例>
【VBA入門】シートをアクティブにする方法

非表示のシートについて

通常は操作できないよう非表示に設定しているシートもVBAでアクティブにすると簡単に操作対象にすることができます。
<コード>

非表示にしたシートは現在表示されているシート名の部分を右クリック>再表示にて確認することができます。

【VBA入門】シートをアクティブにする方法
<実行例>
【VBA入門】シートをアクティブにする方法

まとめ

シートをアクティブにすることにより作業対象を明確に指定することができます。Excelファイルには通常何枚もシートが存在するので、誤って別のシートを操作してしまったというような作業ミスを防止することもできますね。

投稿者:プロスタ編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おすすめスクール

全国30校舎で展開されるヒューマンアカデミーのWeb講座は修了者数4万人超、講師とカリキュラムの満足度がどちらも9割を超えています。就職や転職に必要なレベルの実務スキルを身に付けられます。

WebCampは、一ヶ月の短期集中でWebデザイン、プログラミングスキルを習得するスクールです。学習効果の高い反転授業(自主学習でインプット、講義でアウトプット)を採用し、年間1000名を輩出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロスタの最新情報をお届けします

あわせて読みたい

関連記事

イチ押しランキング

1リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

2システムアーキテクチュアナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

3WEB塾

WEB塾
ページ上部へ戻る